こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「次の職場も、

 長く続かないのでは…。


 そう思うと怖くなって、

 就職できないんです…。」


こういう相談をよく受けます。


就職に失敗して、

短期間で会社を辞めた。



そういう人が、

就職の失敗の恐怖から、

働くことが怖くなる。


こういうケースは、

実はかなり多いです。


そうなってしまう理由を、

今回は説明します。



自分を責めるからつらくなる





すぐに会社を辞めてしまった、

A君とB君がいます。



A君は言いました。


「あの会社は、

 自分にあっていなかった。


 だからすぐに

 辞めることになった。


 次の就職は、

 自分にあった仕事、

 会社を見つけよう!」




そしてA君は、

同じ失敗をしないよう気をつけ、

新しい会社に就職しました。



B君は言いました。


「仕事が出来なくて、

 人間関係も上手くできない。


 そんな自分に問題がある…。


 会社を辞めた原因は、

 全て自分がダメだから…」



B君も何とか、

次の仕事に就きました。



でも、B君は、

自分を責める癖があります。



だから、


「職場での人間関係の問題」、

「仕事でのちょっとした失敗」、


全て自分に原因がある。

そう思い込んでしまいます。



その結果、

絶えず自分を責めてしまう。



別に誰かから、

何か言われたわけでもない。



でも、

ただ会社にいるだけで、

辛くなってしまいます。



だから、

またすぐに辞めたくなる。



そして何とかまた、

次の会社に就職するものの、

何度も同じことの繰り返し。




自罰傾向で萎縮する





B君のように、

自分を責めてしまうことを、

「自罰傾向」といいます。



「自罰傾向」があると、

自分はダメだという思いから、

いつも萎縮してしまいます。




そして、

萎縮しているから、

ミスも増えてしまう。



ミスをするから怒られて、

余計にまた萎縮しちゃう。



だからさらにミスをして、

また怒られる悪循環…。



自罰傾向による、

萎縮と失敗の悪循環。



これがB君にとって、

本当の問題なのです。



実は僕自身も、

20代前半のころは、

こういうタイプでした。




萎縮と失敗の悪循環で働くのが怖くなる





この悪循環を繰り返すと、

だんだん働くこと自体が、

怖くなってしまいます。



「働くことが怖い…」

「仕事が長く続かない…」



これには自罰傾向が、

大きく影響しているのです。



何かトラブルがあったとき、

「自分がダメだから…」と、

自分を責める必要はありません。



これは決して、

「人のせいにして、

 責任逃れをすればいい」

といってるのではありません。



自分の悪いところは認め、

ちゃんと反省すること。



それはやっぱり、

とても大事なことです。



反省が出来なければ、

人は成長できません。



でも、

必要以上に自分を責め、

萎縮して失敗の悪循環。



それは、

あまりにもったいない。



それでは、

本来の僕たちの能力の、

3分の1も発揮できない。




成功体験のよい循環を作る





そういう時に大切なのは、

「いま出来ていることに、

 ちゃんと目を向けること」。



自罰傾向のある時は、

どうしても失敗ばかりに、

目がいってしまいます。



失敗を反省するのは、

確かに大事なこと。



でも同時に、

出来ているところに目を向け、

自信を高めることも大事。



出来ていることに目を向け、

萎縮した自分を解放する。



萎縮がなくなれば、

成功体験が増えていく。



成功体験が増えれば、

自分に自信がついてくる。



自信がついてくれば、

行動的になってきて、

また成功体験が増える。



こうやって、

良い循環が生まれます。




今日できたことに目を向ける





そのためにもまずは、

今できているところに、

目を向けること。



そうやって、

自分の中の萎縮を、

小さくしていくこと。



それが最初の第一歩です。



今日、

あなたが出来たことに、

何があるでしょう?



「朝、起きることが出来た」

「会社に来ることが出来た」

「同僚に朝の挨拶が出来た」

「メールチェックを出来た」



きっとたくさん、

出来たことがあるはず。



数え上げてみれば、

もっとたくさんあるはずです。



いままでそこに、

目を向けていなかっただけ。




目標は普通に働くこと





こういうと


「そんなの出来て当たり前。

 それくらいのことでは、

 自信になりやしないよ…」


と言われるかもしれません。




でもね。



あなたの目的は、


「働くのが怖い気持ちを

 小さくしていくこと。


 そして、

 普通に長く働くこと」


たったそれだけのこと。



上司から絶賛されなくても、

周りから賞賛されなくても、

成功者になることでもない。



「働くことが怖い…」



そういう気持ちを、

少しずつ小さくして、

普通に働ければいい。



別に大きな成功など、

目指す必要はないのです。




であるならば、


「朝、起きることが出来た」

「会社に来ることが出来た」

「同僚に朝の挨拶が出来た」

「メールチェックを出来た」


簡単なことだけ出来れば、

最低限、目標は達成できる。



立派な評価でなくていい。

多少、失敗があってもいい。



簡単なことだけできれば、

最低限、働くことは可能です。




出来るところに目を向け萎縮をなくす





立派に出来なくていいのです。

失敗したっていいのです。



今のあなたが、

当たり前のように出来る、

とっても簡単なこと。



その簡単なことを、

しっかりとやり続けること。



そして、

それを出来ている自分に、

ちゃんと目を向けてあげること。



たったそれだけでも、

ほんの少し萎縮した心が、

ほんのり解放されるはず。




だから、

今日のあなたが出来たこと。



それを見つけて、

自分を褒めてあげて下さい。



自分を責めることをやめ、

自信を取り戻して、

自分を萎縮から開放する。



そうすれば、

あなたの本当の力を、

発揮できるはず。



だから、

もう一度、言います。



今日のあなたが出来たこと。

まずはそれを見つけて、

自分を褒めてあげて下さい。



働くことを、

怖がらなくていい。



失敗しても、

萎縮しなくていい。



出来たところに、

ちゃんと目を向ける。



それがうまく仕事をする、

一番、簡単なコツですよ。



自分を褒められるのは、

自分しかいませんからね。






□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!




今回のやりたいことを見つけるポイント

★自分にできたことを見つけよう!!

★自分を責めると悪循環になる!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/



□このブログの姉妹サイト
□好きを仕事にするやる気管理術はこちら


やりたいことを見つけたら、
あとはどうやる気管理をするか?
それが人生の分かれ目です。

いまの3倍行動できるようになる!
それがモチベーションセラピー!

製本版は毎月10人限定!
知りたい方はこちらへどうぞ!









■カウンセラー中越の著書はamazonで!


『好きなことが天職になる心理学』

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


プリンターが復活!

修理を終えて帰ってきました。

なんと快適なことでしょう。



今年はまた本を出す予定。



原稿を書く仕事が、

多くなりそうです。



昔はパソコンもなく、

全部、手書きだったなんて、

本当に大変ですよね。



たった20年ほど前は、

ほとんどの書類が手書き。

今では考えられません。



とにかく、

プリンターのありがたみが、

身にしみる10日間でした。