転職・第二新卒のための天職の見つけ方カウンセリングを受けたい方はこちらから


■転職・第二新卒のための「悩んでいてもいいのです!」の天職心理学

昔、ある会社で一緒に働いていたU先輩。

おいしいお店に連れて行ってくれるということでU先輩の運転で車に乗って目的地に向かっていたときのこと。

いつまでたっても、目的地に着かない…。どうやら道に迷った様子。

「あの…。もしかして道に迷ってません?」

そのときU先輩がいった一言。

その一言は、意外にも仕事選びで悩んでいる人にとっても、重要な言葉になると思います。

さて、その一言とは一体・・・?

今回は『「悩んでいてもいいのです!」の天職心理学』です。


■いつかつけばそれでいい。

U先輩が僕を連れて車を運転していて道に迷ってしまったときの一言。

それは

「中越君?。

道ってのはな、人生と一緒や。

ずっと走り続けていたら、いつか目的地につくもんや。

道がわからんときはな、まっすぐ走ったらええねん。」

U先輩は非常に負けず嫌いな人だったので、自分が道を間違えたということを素直に認められないのでこんなことを言ったのでしょう。

U先輩の運転しながらのあせった顔を見ると僕にはそうとしか思えませんでした。

「このおっちゃん、かっこつけてるけど道わからんだけやん」ってこころの中で思ってました(笑)

でも、なぜかなんとなくこの一言は僕のこころの中にずっと残っていました。

だってなんとなく説得力があるじゃないですか。

それから数年後、僕がカウンセラーの資格は取ったものの、お金になるかどうかわからないカウンセラーを職業とするかどうか悩んだとき、ふとこの言葉を思い出しました。

「中越君?。

道ってのはな、人生と一緒や。

ずっと走り続けていたら、いつか目的地につくもんや。

道がわからんときはな、まっすぐ走ったらええねん。」

自分が人生の道に迷ったとき、何でこの言葉が僕の心にずっと引っかかっていたのかよくわかりました。

「そうか…、

うまくいくかどうかなんて考えずにとりあえず、

まっすぐ走ればそれでいいのかな。」

そう思って、ホームページ製作ソフトを電気屋さんで買ってきて、
自分でカウンセリングの受付ページを作り始めました。

結局のところ、どんな仕事に就くのか、どういう人生を生きるのかっていうのは正解なんてなく、とりあえず自分が進んでみたいと思う道を走ってみるしかないのです。

自分が選んだ道が、

正しいのかどうかわからないけども、

なんとか勇気を出して一歩踏み出して、

自分の思うとおりに走り続けるしかないのです。

欲を出しすぎて失敗したり、

慎重になりすぎてやたら遠回りをしてみたり。

地図さえもない、

人生ってそういうものなのでしょうね。。

でもだからこそ、おもしろい!

失敗したり成功したりを繰り返しながら

何とか前に進んでいくからこそおもしろい!

そこにこそ人生のドラマがあるのではないでしょうか?

筋書きのない人生だからこそ、充実した日々があるのだと思います。

だから、安定することばっかり考えて、

みんなと同じような道ばかりを選んでいると、

なんとなく自分の人生がむなしくなってしまうのです。

もしなにか、

こころの中にやってみたい、

挑戦したいと思っていることがあるならば、

悩んでも迷ってもいいので、

とりあえず走ってみてはどうでしょうか?

たとえ道が間違えていたとしても、

走り続けていれば、いつがゴールに着くのです!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
今回のポイント

★とりあえず走りつづければいつかゴールにたどり着く!

★メルマガに登録していただくとこのブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

転職・第二新卒のための天職の見つけ方カウンセリングを受けたい方はこちらから


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●