□カウンセリング事例1

今週から、カウンセリングの事例を、

連載にて紹介しようと思います。


カウンセリング過程を見てもらうことは、

みなさんにも、きっと役に立つと思います。


今回は、Sさんという男性の事例です。

※掲載については、ご本人の了解をいただいております。
個人情報保護のため、ご本人が特定できないよう、修正をさせていただいております。




□カウンセリング事例1「毎週、競馬場に行く男」

堅い会社に勤務する、Sさんは最初にいいました。


「就職するとき、特にやりたかった仕事ではありませんでした。

 でも、働きながらやりがいが見つかるかもしれないし、

 自分に合わかったら転職すればいい、と思ってました。

 いま思えば、安易に就職を決めてしまったと思います…。」


会社を辞めたい理由としては、

「この会社にいても、将来が明るいとは思えない。」

ということでした。


Sさんの話を聞いていると、

「お金を数えたり計算したりするのを、

 自分は好きとは思えません。

 今の会社はキッチリと規則どおりというか、

 堅すぎて仕事が面白くありません。

 先輩にも、こんな会社にずっといたらダメになる。

 何かやりたいことや、他の仕事を見つけたほうがいい、

 と言われました。」



カウンセリングでは、

本当にやりたいことを見つけたいのか、

それとも、今の会社が嫌なだけなのか、

それを最初にしっかりと見きわめます。


これについては、ほとんどの相談者の方が、

自分でもよくわかっていません。


相談者自身が話しながら、

それをしっかりと見きわめていきます。



Sさんの場合は、

今の仕事が面白くないということや、

先輩にいわれた言葉が気になって、

会社を辞めたくなった様子もありました。



ただ、最初から一貫して、

「この会社にいても、将来が明るいとは思えない。」

ともおっしゃっています。


何度かこの言葉をいわれたので、

ここをもう少し詳しく話してもらいました。



Sさんは、

「今の会社にずっといても、

 無駄に人生を過ごしている気がするんです。

 正直、土日の休みのために働いているだけ…。


 もっと充実した時間をすごしたいんです。
 
 そのためにやりたいことを見つけたいと思うんです。


 でも、やりたいことや、興味のあることがわからなくて…。

 どうやったらやりたいことって見つかるんですか?」


会社が嫌なだけであれば、

大抵の場合、ここでも会社への不満を言います。

Sさんのこの返答は、やりたいことを見つけたいという、

自己実現の欲求だと、僕は思いました。


そこで実際に、

やりたいこと探しに入ります。


「では、興味のあることや好きなこと。

 どんなことでもいいので、

 一緒に書き出してみましょうか?」



人と接すること、企画をすること、人事に関すること…。

※実際の内容とは少し変えてあります。


なるべくたくさんのことを思い出して、

一緒にたくさんのことを書き出しました。

でも、どうしても興味のあることが見つかりません。


どれも好きなことには違いないけども、

どうしても核心に迫っていない感じがするのです。

なんとなく好きという気持ちが伝わってきません。



さらにSさんは言います。

「どうしても何をやりたいのか、

 自分でも何に興味があるのかわからないんですよ…。」


この時点で、開始から35分経過…。

カウンセリング残り時間は、あと15分しかありません…。


このままでは、特に何もわからず、

カウンセリングが終了してしまいます。


もちろん、一回目のカウンセリングなので、

単に会社が嫌なのではなく、

やりたいことを見つけたいとわかっただけでも、

十分ともいえます。


ペースが速すぎるカウンセリングは、

ときに、逆効果のこともあるからです。


でも僕は、出来れば一回目で、

ある程度の方向性を見つけるようにしています。


そのほうが相談者が、

継続してカウンセリングをう受けてくれるからです。

継続しなければ、カウンセリングは効果がでません。



そこで、思い切って正直に話しました。

「ここまで35分ほどお話をうかがったのですが、

 正直、どうカウンセリングを進めるか、迷ってます。


 好きなこと、興味のあることがないのはわかりました。

 ただ、なんとなく心の深いところで、

 お話をしていただいている感じがしないんです。


 もしSさんの中で、

 まだお話していないことがあれば、

 僕は絶対にどんなことを話していただいても、

 批判したりバカにしたりすることはありません。


 どんなことでもかまわないので、

 まだ何か心の中に思うことがあれば、

 お話していただけますでしょうか?」



これはその時の僕の、本当に正直な気持ちです。

なんとなく、心の深いところで話していただいていない、

腹の底、本音で話していただいていない感じがありました。



するとSさんは、話し始めました。

「………仕事と関係ないことでもいいんですか?」

「もちろん!どんなことでもいいですよ。」

「ぜんぜん仕事には関係ないと思うんですが…。」

「ええ、関係なくていいですよ!」

なんとなく、光が見えてきた感じがします。



「実は…、競馬が好きなんです。」

「競馬!?競馬ってあのギャンブルの?」

「ええ、その競馬です。

 昔から競馬はすごく好きで、

 学生のときは、毎週、競馬場までいってました。」



ここで、「競馬なんてしょせんは賭け事だろ?」と、

偏見を持って聴くと、失敗に終わります。


「実は僕、競馬に行ったことがないんですよ。

 教えて欲しいんだけど、競馬のどこが面白いの?

 やっぱり、儲かったときが楽しいの?」


Sさんは言います。

「そりゃまあ、儲かれば嬉しいですけど、

 馬を見ているだけで面白いんですよ。


 あの馬の血統とか、他の馬との因縁とか、

 そういうドラマがめっちゃ面白いんです!


 学生の頃は、競馬関係の仕事に就けたらなー、

 なんて思ったこともあるんですよ。

 土日の休みのために働いていると言ったのも、

 競馬のために働いているという意味なんですよ。」


そこから約10分ほど、競馬について熱く語ってくれました。


その様子はそれまでとはうって変わって、

まさに本音で、腹の底の感情で話してくれている。

それがこちらまでよく伝わってきました。



そこで何か行動を起こすため、宿題を出しました。


「Sさん、今日から1ヶ月間。

 毎週土日に競馬場へ行って欲しいんです。

 出来そうですか?」


Sさんは東京のはずれに住んでいて、

競馬場までは少し時間がかかります。

それでもSさんは、


「それなら大丈夫です。出来ると思います。

 いや~、むしろ嬉しいくらいです。」


「それでは、一ヶ月経ったら、

 宿題の報告をしてくださいね。」


学生のときは、競馬場までいってたけど、

社会人になってからは、多忙ということもあり、

競馬場までは行ってなかったとのこと。


この宿題をきっかけに、競馬への情熱を、

取り戻してくれるかな、と思っていました。



ところが、一ヶ月、二ヶ月たっても、

Sさんから連絡がありません…。


一回目で競馬まで持っていったのが早すぎたかな?

と思っていました。



ところが4ヶ月ほどして、Sさんから予約が入りました。


カウンセリングが始まっても、Sさんはなかなか話し始めません。

やっぱりうまくいかなかったのかな、

と思っているとSさんが話し始めました。


「実は……、競馬関係の新聞社に、

 ダメもとで履歴書を送ってみたら、

 書類選考に通ったんですよ!!

 面接は落ちたけど、書類選考に通るとは…!」


Sさんはとても嬉しそうに話しました。


「書類選考に通ったとわかったとき、

 どんな感じがしましたか?」

と、僕が訊くと、

「ウソみたいです!信じられなかったです!」

と何度もおっしゃいました。


これがきっかけで、競馬関係の仕事に就くことが、

Sさんの中で、現実味のあるものになりました。

「競馬関係の仕事に就くなんて、どうせ無理…。」

という固定観念が外れたのです。



2回目のカウンセリングが終わり、

一ヶ月ほどたって、Sさんからメールがありました。


Sさんは、以前受けた競馬関係の新聞社で、

アルバイトとして働くことになったそうです。


Sさんが、友人にそのことを話すと、

「学生の時に、将来スポーツ新聞社で働いて、

 好きな競馬の取材とかできたらいいなって言ってたもんな、

 良かったな」、と言われたそうです。


Sさんは言います。

「結局は、その時話した夢を忘れてたというか、

 いつからか自分には無理なんだという思いが生まれて、

 話した事実さえも考えないようにしてたんですかね。
 
 なんか不思議な感じがしましたし、

 我ながら遠回りしたなぁ‥と思いました(^^;)」


~~カウンセラーなかごしのコメント~~

このカウンセリングで僕がしたことは、

途中、かんたんな宿題は出したものの、

基本的にはSさんの話を聴いただけです。


実際に応募したことに関しても、

Sさんの中に眠っていた力を引き出しただけです。


力を引き出すきっかけになったのは、

Sさんが腹の底から、本音で、僕と話をしたからです。

Sさんを変えたのは、Sさん自身です。


僕は、ほぼすべての人が、自分の力を引き出すだけで、

やりたいことを見つけられると思います。


Sさん、ご協力、ありがとうございましたm(_ _)m




今回のポイント

★あなたの中にも眠っているものがあるのでは?

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらをクリック