こんにちは。

カウンセラーの中越です。



今回僕がお伝えする説は、


「情熱大陸を見ると、

 やりたいこと見つからない説」


です。



「やりたいことを見つけるには、

 情熱大陸を目指すのではなく、

 魚籐さんを目指すべき」



自分で書いていても、

これでは何のことだか、

ちっともわかりません。



ところがこれを、

ちゃんと心理学的に、

説明できるのです。



なぜ情熱大陸を目指すと、

やりたいことが見つからないのか?

あと魚籐さんって誰なのか?



全部ちゃんとわかります。



というわけで今回は、

やりたいことを見つけるには

情熱大陸ではなく魚藤さんを目指すこと


スタートします!!





情熱大陸を見るとやりたいこと見つからない説





今回僕がお伝えする説は、


「情熱大陸を見ると、

 やりたいこと見つからない説」


です。




やりたいことを見つけるとき、

多くの人が失敗すること。



それは、


「本当にやりたいことを、

 仕事にするような人間は、

 超一流の人物のはず。


 世界の第一線で活躍する、

 情熱大陸に出てくるような、

 すごい人にならなければ…!」



と思ってしまうこと。



実際、僕自身も若い頃、

やりたいことがわからない時は、

ずっとそう思ってました。



でも、

こんな考え方をすると、


「そんなすごいこと、

 とても自分なんかには、

 できそうにない…」


と足がすくんでしまい、

なにも動けなくなります。



情熱大陸は僕にとって、

あまりに高嶺の花なのです。





期待価値理論で考えてみよう




「情熱大陸を見ると、

 やりたいこと見つからない説」



これを説明するための、

心理学の理論があります。



それは、

期待価値理論という、

やる気についての理論。



「価値」というのは、

手に入れたいものの魅力。



手に入れたいと思うものが、

魅力的である方がやる気が出る。



これは当たり前で、

特に説明も必要ないです。



やりたいことを仕事にする。

それは十分に魅力的なこと。

価値があって当たり前です。




では、「期待」とは?



ここでいう「期待」とは、


「それがどれくらい、

 手に入れられそうか?」


という期待値のこと。



いくら魅力的なことでも、

とても手に入りそうにないなら、

まったくやる気になれません。



情熱大陸みたいな人になる。



それはすごいことだけど、

僕たち凡人にとっては、

あまりに期待値が低いです。



だから、現実味がなく、

やる気になれないのです。



やりたいことを仕事にする。



それを考えたときに、

情熱大陸をイメージすると、

上手くいかない理由はこれ。



期待価値理論で考えて、

これはダメなパターンです。



だから、まずは、

無理な期待値を下げて、

心のハードルを下げること。



もっと等身大の、

普通の凡人だけれども、

やりたいことを仕事にしてる。



そういう人を目指さないと、

あまりに目標が大きすぎて、

永遠に一歩踏み出せません。



だから、やっぱり、


「情熱大陸を見ると、

 やりたいこと見つからない説」


は説立証だと思います。



(もうおわかりでしょうが、
 水曜日のダウンタウンに、
 影響されてしまいました)




僕の数少ない成功は魚籐さんを目指したこと





では、

情熱大陸を目指すのがダメなら、

なにを目指したらいいのか?



これが大切なところ。



僕の人生は失敗ばかりで、

そのせいでこのコラムでも、

失敗談を書くことがほとんど。



でも、そんな僕が、


「これは数少ない、

 僕の選択したことが、

 大正解な例だったな」


と思えることがあります。




それは僕が20代半ば、

カウンセラーになりたいと、

思い始めた頃。



「僕は、

 情熱大陸みたいな人でなく、

 魚籐さんみたいになりたい」


と思ったことです。



ちなみに、

魚籐(うおとう)さん、

と読みます。


魚籐(うおふじ)さん、

ではありません。



魚籐さんは、

僕が子供の頃住んでた町の、

小さな小さな魚屋さん。



(僕が住んでいた町は、
 京阪電車の各駅停車で、
 森小路という所です)



おじさんとおばさんが、

夫婦で切り盛りしていた、

小さな小さな魚屋さん。



僕が小学生くらいまで、

サザエさんに出てくるような、

個人商店がたくさんありました。



魚屋さんにお肉屋さん、

八百屋さんにお豆腐屋さん。



大型スーパーではなく、

個人商店があったのです。



味にうるさい僕の母は、

いつも魚籐さんで、

お刺身を買っていました。



スーパーでも魚は買うけど、

本気のお刺身を買うときは、

いつも魚籐さんでした。



「このヒラメの縁側、

 おいしいやろ?


 お刺身買うんやったら、

 やっぱり魚籐さんやわ」



母はよく晩ご飯の時、

そういってました。



僕の同級生に遠藤君という、

医者の息子がいました。



遠藤君の家は、

お医者さんの家系で、

とてもお金持ち。



そんな遠藤君が、


「お刺身はやっぱり、

 魚籐さんが一番おいしい」


といっていて、


「お金持ちの遠藤君の家でも、

 やっぱり魚籐さんなのか」


と思ったことを、

なぜか今でも覚えています。



そのとき、

僕は子供ながらに、


「きっと魚籐さんは、

 ええ仕事してるんやな」


と思いました。



こういうことって、

大人になった今でも、

何で覚えてるんだろう。



正直、魚籐さんは、

情熱大陸に出るような、

すごい店ではありません。



オシャレでもなく、

世界の第一線でもない。



きっと魚籐さんでは、

お店のおじさんもおばさんも、

名言をいったりしない。



もうご主人が歳を取り、

引退してお店も閉めちゃった。



でも、僕も母も、

遠藤君も知っている。



「やっぱり、

 魚籐さんのお刺身が、

 一番、おいしい」




魚籐さんで僕はやりたいことに踏み出せた




僕が何度も転職を繰り返し、

20代半ばを過ぎてから、


「やっぱり、

 カウンセラーになってみたい」


と一度はあきらめた夢を、

引っ張り出したときのこと。



「今の僕の年齢からじゃ、

 とてもカウンセラーとして、

 エリートコースは望めない。



 今から大学院で研究とか、

 海外で心理学を勉強とかは、

 とてもじゃないけど無理だ。



 僕はそういう、

 熱いタイプじゃない。




 でも、

 魚籐さんみたいに、

 小さなお店でいい。



 いつか自分で、

 カウンセリングルームを、

 持つことができたら…。



 それはどんなに、

 幸せなことだろう。



 もし、僕や母や遠藤君が、

 魚籐さんに感じていたように、

 僕のカウンセリングルームが、

 気に入ってもらえたなら…。



 一体、僕はどれだけ、

 幸せなことだろう」



僕は情熱大陸には、

あまり興味を持てず、


「魚籐さんみたいになるには、

 どうしたらいいんだろう?」


そればっかり考えてました。



ビビりな僕は、

情熱大陸を目指したら、

足がすくんで動けない。



でも、魚籐さんになら、

ちゃんと努力をして、

いくつか運が重なれば、

僕もなれるかもしれない。



この気持ちは僕自身を、

大きく勇気づけました。



僕の目標はずっと、

情熱大陸みたいな人でなく、

魚籐さんでした。



僕にとって魚籐さんは、

等身大な目標だけど、

いい仕事の見本でした。



だから僕は、

一歩踏み出せたのです。




一流になる必要などどこにもない





情熱大陸に出るような、

世界の第一線で活躍する人は、

やっぱりすごいと思います。



素直にうらやましいし、

尊敬できることだと思う。




でも、

人間が生きていくのに、

有名になる必要なんて、

どこにもない。



大企業になる必要なんて、

どこにもない。



オシャレでなくていいし、

キラキラしてなくていい。



小さな小さなお店でいい。



ただ、

やりたいことを仕事にしたい。

いい仕事をして生きてみたい。



僕は魚籐さんという、

等身大な目標を目指したから、

一歩踏み出せたのだと思う。




いまでもやっぱり、

仕事で悩むことがあります。



そのたびに僕は思います。



「僕は、

 魚籐さんに、

 なれたかな?」




やりたい仕事の目標は小さく現実的に





「情熱大陸を見ると

 やりたいこと見つからない説」



この説の意味は、

わかってもらえたと思います。



「もっと等身大の、

 普通の凡人だけれども、

 やりたいことを仕事にしてる」



そういう人を目指さないと、

一歩踏み出せなくなる。



だって僕たち人間は、

期待価値理論で動いてる。



情熱大陸はやめて、

もっと凡人を目指そう。



「もっと等身大の、

 普通の凡人だけれども、

 やりたいことを仕事にしてる」



そういう人を、

目標にしてしまう。



たったそれだけでも、

やりたいことを仕事にする、

一歩を踏み出しやすくなる。



まずは等身大の目標から、

考えてみませんか?





□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!




今回のやりたいことを見つけるポイント

★情熱大陸はハードルが高すぎ!

★やっぱりお刺身は魚籐さん!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/



□このブログの姉妹サイト
□好きを仕事にするやる気管理術はこちら


やりたいことを見つけたら、
あとはどうやる気管理をするか?
それが人生の分かれ目です。

いまの3倍行動できるようになる!
それがモチベーションセラピー!

製本版は毎月10人限定!
知りたい方はこちらへどうぞ!









■カウンセラー中越の著書はamazonで!



『「うつ」な気分を手放す方法 微笑みの練習帳』

『好きなことが天職になる心理学』

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


とうとう本日発売の、

僕の新しい本。


『「うつ」な気分を手放す方法

 微笑みの練習帳』


順調に売れてくれてうれしい。



でも、

恥ずかしい話ですが、

売れることに慣れていない。



胸がバクバクしてしまって、

上手く寝られません。


もう8冊目の本なのに。


大手出版社で出した本より、

なぜかずっと緊張してます。


今回の本は何というか、

思い入れが強過ぎました。


お休みの日も、

ちっとも心安まらず。

緊張しっぱなしの毎日です。


まだ読んでいない人は、

紹介ページだけでも、

読んでみてくださいね~。


『「うつ」な気分を手放す方法 微笑みの練習帳』