こんにちは。

カウンセラーの中越です。


「毎日何もせずに、寝て過ごしたい…」、

って思うことってありますよね。



毎日忙しく働いていると、

「何もしたくない!」、

なんて思ってしまいますよね。


僕も営業マンをしてたとき、

毎日そう思っていました(^_^;



では、実際に、

何もせずに寝てばっかりだとどうなるのか?

そんな心理学の実験を紹介します。



今回は、「退屈」の天職心理学です。




 

□もっと働きたいんです!


ちょっと面白い、

心理学の実験を紹介します。

「感覚遮断実験」というものです。


これは小さな防音室で、

何もしないで寝て過ごす実験です。


食事は3食きちんと与えられますし、

水も飲めるしトイレも行ける。


しかも実験協力者には、

一日10万円近い報酬がもらえます。


さらに本人がリタイアしない限り、

何日でも参加できるのです。


何もせずに、

寝ているだけで、

1日10万円…。


うむ~、うらやましい。



それだけ聞くと、

何日でも参加したいですよね。

僕なら1ヶ月ほどお世話になりたいです。




でも、何もしないといっても、

ほんと~~に何もしないのです。


一日中ベッドの上に横たわったまま、

目隠し、耳栓、手の感覚を奪うための、

カバー付き手袋をしなければなりません。



・・・これはキツイ。



旅行の資金をためようと、

張り切っていた参加者もいたそうですが、

実際には、3日以上持ちこたえた人は、

一人もいなかったそうです。


この実験を長く続けると、

精神が不安定になり、

幻覚すらみるそうです。



人間はたとえ食欲や排泄などの、

生理的欲求が満たされていても、

「何もしないことには耐えられない」、

ということがこの実験でわかりました。


この実験に参加している間の人は、

チラシ広告のようなつまらない情報でさえ、

むさぼるように何度も何度も読むそうです。


人間はさまざまな刺激を求め、ある程度、

常に脳を活性化させていたいのです。




先日、小学校のときの友人と、

久しぶりに飲みにいった時のこと。


そのうちの一人が、

最近、民営化された大企業で、

働いていいます。


彼は2年ほど前、

とても努力をして、

その会社に転職しました。



その彼がこう言うのです。


「今の仕事は、

 言われたことだけやってたらいい、

 それ以上のことはやるなって感じやねん…。


 この会社では悪い所があっても、
 
 何かを変えることはご法度やねん。


 楽な仕事に見えるかもわからんけど、

 これはキツイで…。

 毎日、仕事がむなしいもん…。


 せやから、上司も先輩も、

 誰もやる気がないねんよな~。」




仕事においても、

感覚遮断実験と同じように、

「何もしないことには耐えられない」

のだと思います。



安定した大企業に勤めていても、

やりがいのない仕事は辛いのだなと、

彼の話を聞いて思いました。


その彼はとても頑張り屋で、

どんな仕事でも一生懸命やるタイプでした。


彼が以前の仕事で、

とても優秀な成績を上げたとき、

誇らしげに語っていたことを覚えています。


そんな彼だけに、

手に枷をつけられたような、

今の状況は辛いのかもしれません。



成功者の心理を研究したマズローは、

「(心理的に)健康な人は、

 怠惰より働くことを好む。」

といいました。



きっと僕の友人の彼は、

もっと働きたいのです。


それも単なる労働ではなく、

自分の能力をもっと活かして、

有意義だと思える仕事をしたいのです。



僕たち人間は、

「何もしないことには耐えられない」

のです。


そして活発に活動したいという欲求が、

十分に満たされたとき初めて、

イキイキと働くことが出来るのです。




彼は帰りの駅のホームで、

「俺かってもっと頑張りたいんやで…。」

といいました。


彼の心は、まだ、

完全に折れたわけではないと、

僕は思うのです。


「俺かってもっと頑張りたいんやで…。」、

そう思っている限り、

そのエネルギーは貯えられ続けます。



彼が今の会社に居続けるのか、

それともまた別の会社に転職するのか、

それは僕にはわかりません。


また、どちらが正しいなどと、

簡単に言えることでもないと思います。




でも、彼の貯えられたエネルギーは、

いつかきっと火山のように爆発して、

猛烈に働くようになる日が来ると思います。


感覚遮断実験に参加した人が、

無心にチラシ広告を読み続けたように、

無心になって働く日が来ると思います。




そして、

人が何かを成し遂げる時というのは、

そういう時なのではないかと思います。



僕はその日が来るのを、期待しているのです。





さて、

あなたの心も、

まだ折れてないですよね?






今回のポイント

★人間は何もしないことには耐えられない。

★あなたの心、まだ折れていませんよね?

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらをクリック