こんにちは。

カウンセラーの中越です。


今回は久しぶりに、

カウンセリング事例を紹介します。


今回は好きという気持ちがわからない、

そんな悩みを持ってらっしゃるKさんの事例です。


Kさんの事例は長くなってしまうので、

読者の皆さんにわかりやすいよう、

多少省略しながら話させていただきます。


実際にカウンセリングを受けて、

やりたいことが見つかった人の事例を読むのは、

きっとやりたいこと探しの役に立ちますよ。


それでは今回はカウンセリング事例、

「木を植える男」です。


今回の事例は少し長くなるので、

連載にしたいと思います。



□好きなんて考えなくていい!


以前、引きこもりになった経験のある、

管理業務の仕事をしているKさん。


「好きという気持ちがわからない…」

Kさんはそのことで3年近く悩み、

ほかのカウンセラーのところに通われてました。



僕はやりたいこと探し専門のカウンセラー。

好きという気持ちがわからないというのも、

僕の専門領域のひとつです。


そこでKさんは僕のところで、

カウンセリングをうけることになりました。



カウンセリングが始まってすぐ、

Kさんは質問されました。


「好きって気持ちがわからないんです。

 好きっていうのはどういうことなんですか?」


何年もこの気持ちがわからず、

ずっと悩まれているそうです。


どうもお話を伺っていると、

自分が好きだと感じることに対して、

本当に好きかどうか考えれば考えるほど、

好きという気持ちがわからなくなるそうです。



僕は聞きました。

「Kさんは、

 好きな食べ物や好きな芸能人はいますか?」


「はあ、伊藤美咲とか好きですけど…」


「伊藤美咲を好きって感じるときに、

 本当に好きかどうかって考えないですよね。

 好きってのは頭で考えるのではなく、

 直感で感じるものではないでしょうか?」



本当に伊藤美咲を好きかどうか?

本人にあったこともないのに、

本当に好きといえるのだろうか?


伊藤美咲の顔が変わっても、

好きでいられるだろうか?


テレビの中と現実では、

伊藤美咲は別人かもしれない…?


そもそも自分は、

伊藤美咲の何を知っているのか?



そんなことを考え始めると、

好きかどうかわからなくなってしまう。


人間の脳の中で好きと感じる部分と、

いろんなことを考える部分は、

ぜんぜん違う場所にある。


だからこそ、考えれば考えるほど、

好きかどうかはわからなくなってしまう。

そんなことを説明させていただきました。



普段、カウンセリングの中で、

心の仕組みについて説明することは、

ほとんどといっていいくらいありません。


そういう説明をすることは、

せっかくの相談者自身が持つ解決力を、

封印してしまう可能性があるからです。


人間というのはたいていの場合、

人に決められた解決策よりも、

自分で決めた解決策のほうが、

実行に移してくれやすいのです。


だからカウンセラーというのは、

あまり心の仕組みについて説明しません。



でもこのときはなんとなく、

説明したほうが良い気がしました。


僕がKさんのことを、

知性が強いタイプと感じていた、

それが原因かもしれません。



「そうか~、なるほど~。

 僕は好きがわからないんじゃないんですね。」


Kさんは僕の説明を聞いて、

とても納得された様子でした。


「僕はいろいろと考えすぎてしまう、

 そんな癖があるんですよね~。」


考えすぎる癖がある。

Kさんは自分自身のことも、

よくわかってらっしゃるようです。


「う~ん、でも…。

 それでも自分が何を好きなのか、

 まだわからないんですよ…。」


「そうですよね。

 説明を聞いただけでは、

 なかなかわからないですよね。

 Kさんがどんなことが好きなのか、

 一緒に考えてみませんか?」


カウンセリングを進めます。


「頭では考えずに、

 直感的にこれが好きだと思い浮かぶもの、

 どんなことでもいいのでお話いただけますか?」



テレビ、ゲーム、マンガ、プロレス、歴史…。


Kさんは頭に思い浮かぶまま、

たくさん答えてくれました。


でも、何かしっくりきません。

なんとなくどれも深い感じがしないのです。


まるで昨日の晩ごはんを思い出してるような、

軽いトーンの口調で話されています。


心の深いところで感じながら話している、

そんな感じが伝わってこないのです。


Kさん自身も、

自分のあげた好きなものに対して、

まったくしっくりきている様子がありません。



これはどうしたものかと困ってしまい、

二人してしばらく沈黙していました。


でも、ずっと黙っていても仕方ありません。


僕自身がいま感じていることを、

素直に伝えてみようと思いました。


「好きなことを話していただいたんですけども、

 僕はどうもしっくりくる感じがしないんです…。

 なんというか、深い感じがないというか…。」




「ああ、そうですね。

 そんな感じは僕もしています。

 先生のおっしゃる『深い』というのは、

 とても大切なポイントだと僕も思います。


 ああ、そうか~。

 『深い』感じがしないですよね~。

 でも、『深い』って何なんでしょうか…?」


自分自身が深いところで話していない。

それは自分でも良くわかるそうです。


でも、『深い』とは何かを考え込んでしまう。

それでは『好き』がわからないのと同じです。

考えたってわかるはずがありません。


ご自身でおっしゃっておられたように、

「考えすぎてしまう癖」があるようです。


このままはなしを続けていても、

きっと「考えすぎてしまう癖」で、

堂々めぐりになってしまう。


そんな感じがすごくしたので、

やり方を変えることにしました。



「Kさんはいままで、

 3年以上好きって何か考えたけれど、

 うまくいかなかったんですよね。


 3年やってうまくいかなかった方法を、

 これからも続けてうまくいくでしょうか?」


「ああ!そうですね!

 うまくいくとは思えないです!」


これにはすごく納得された様子です。


「では、考えることをやめてみませんか?」


「はい!考えるのをやめて見ます!

 では、考えるのをやめて、

 どうしたらいいでしょうか?」


Kさんはとても素直なタイプで、

言われたとおりやってみよう、

そういう気持ちがとても強いです。


「何か思いつきでも何でもいいので、

 ほんの少しでも興味があることを、

 何か実際にやってみて欲しいんです。」


「なんでもいいから興味があることを、

 実際にやってみるですか…。」


「ええ、本当に何でもいいんです。

 どんな小さなことだってかまいません。

 いつもと違うことをやってみませんか?」



解決思考ブリーフセラピーに、

「うまくいっていないのであれば、

 何でもいいから違うことをせよ。」

という考え方があります。


とはいえいま思うと、

ちょっと強引な進め方かなとも思います。


ところがこれがきっかけで、

やりたいことへの取っ掛かりを、

見つけることになりました。



そのとっかかりとは・・・?

長くなってしまいましたので、


来週に続きます(^_^;





今回のポイント

★好きは考えるほどわからなくなる!

★うまくいっていないなら何か違うことをしろ!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらをクリック

http://happy-career.com/stepup.html


===========================
■7 編集後記

友達とバーベキューをしました(^_^)

日焼けの跡が痛いです(T_T)

===========================