こんにちは。

カウンセラーの中越です(^_^)


今回は前回の記事の続きです。


好きという気持ちがわからないKさん。


考えすぎる癖があって、

考えれば考えるほど堂々巡りになって、

好きという気持ちがわからない…。


そこで、少しやり方を変えることに。


『うまくいっていないのであれば、

 何でもいいから違うことをせよ。』


どんな思いつきでもいいから、

何か違うことをやってもらうことに。


それがきっかけで、

大きな取っ掛かりをつかまえます。


さて、Kさんがやってくれたこととは?





 


□憧れてるっていっちゃいましたからね~。


「ええ、本当に何でもいいんです。

 どんな小さなことだってかまいません。

 いつもと違うことをやってみませんか?」



解決思考ブリーフセラピーに、

『うまくいっていないのであれば、

 何でもいいから違うことをせよ。』

という考え方があります。


とはいえいま思うと、

ちょっと強引な進め方だなと思います。


ところがこれがきっかけで、

やりたいことへの取っ掛かりを、

見つけることになりました。


またしばらく沈黙があったあと、

Kさんは話し始めます。


「…実は役所で募集のあった、

 『ショクジュ』のボランティアに、

 今週の土曜に行こうかと思うんです…。」


「『ショクジュ』?

 え~と、『ショクジュ』って何でしょうか?」


「お城の公園に、

 木を植えるボランティアなんですよ。」


「ああ、なるほど、植樹ですか。

 へ~、そんなボランティアがあるんですね。


 でもなんかいい感じがしますね!

 今までとちょっと違う、

 なんとなく深い感じがありますよね。」


「そうでしょうか。

 深い感じがするでしょうか?

 僕は植樹のボランティアに、

 行ったほうがいいでしょうか?」


「どうでしょうね?

 それを決めるのは僕ではなくKさんです。

 でも、植樹のボランティアに興味があったから、

 いまお話いただいたのではないですか?」


「…はい、そうですね。はい!

 いつもは役所の案内なんて気にしないんです。

 でもこの植樹のボランティアだけは、

 なんか気になったんですよね。」


「Kさん自身が、

 行ってみたほうがいいと思うのなら、

 行ったほうがいいでしょうね。」


「そうですね…。はい!

 とりあえず行ってみます!」



自分が何に興味を感じているのか?

自分が何をやりたいと感じているのか?


その答えを自分で出さず、

誰かに答えを出してほしくなる。


人生で行き詰ってしまったとき、

誰でもそんな風になると思います。


自分で選んだ選択が間違ってると、

言い訳することすらできませんから。



でも、自分で選んだ選択でなければ、

結局、何の意味もありません。


失敗してもいいし間違えてもいいから、

自分の人生を自分で考えて自分で決める。

まずはそれを覚えることが大切です。


不安であっても、

自分で選んで決めたという事実が、

やりがいや生きがいになるのです。



数週間がたち、

Kさんから予約が入りました。


植樹について訊くと、

Kさんはいいました。


「すごく楽しかったです!

 いや、なんというか・・・、

 人生で初めて充実してるってことを、

 実感した体験でしたね。」


「人生で始めて充実を感じた…!

 それはすごいことですね。」


「自分が植えた木が育っていくのを考えると、

 なんていえばいいんでしょうね…、

 なんかこうすごくいい感じがするんですよ…。」



植樹の体験について話すときは、

前回とはうって変わって、

とても心の深いところで話しているのが、

こちらまで良く伝わってきました。


Kさんの場合、

自然についてはもともと、

興味があったのかもしれません。


『うまくいっていないのであれば、

 何でもいいから違うことをせよ。』

これがとてもうまくいったケースです。


考えてばかりで堂々巡りだったのが、

ちょっとした行動を起こすことで、

堂々巡りを断ち切ることができた。


結局のところ、

「好き」という感情を知るには、

実際に体験してみるしかないのです。



Kさんはこの後もしばらく、

植樹がいかに充実していたのかを、

たくさん語ってくれました。


ここまで来た時点で、

自然に関する仕事に就きたいのかなと、

僕はすっかり思い込んでいました。


そこで僕は訊いてみました。

「自然に関することが好きなんですかね?」


すると意外にも違うようです。


「う~ん、なんというか…。

 自然は確かに好きだと思うんですよ。

 でも、どんな仕事があるんですかね?


 それに自分にとって大切なのは、

 『場所』なんですよ。


 何をしているかと同じくらい、

 どんな場所にいるかっていうことが、

 自分にとってすごく大切なことなんです。」


「う~ん、『場所』、ですか。

 どんな場所にいるかが大切なんですね。」


植樹がすごく充実した体験だったのに、

植樹に関する仕事はしっくりこなさそうです。

代わりに「場所」というキーワードが出てきました。


さて、いったいここから、

どうカウンセリングを進めるべきか?


そんなことを考えていると、

Kさんが話し始めました。



「ちょっと話は変わるんですが、

 今の仕事をいつか辞めたいと思ってまして、

 知り合いが働いているゴルフ場で、

 土日だけバイトしようかと思うんです。


 でも本当にそれでいいのかどうか、

 自分でも自信がなくって…。

 僕はバイトしたほうがいいですかね?」


本当に急に話が変わりました。


こんなときカウンセラーは、

あわてずにその話についていきます。


急に話が変わったとしても、

その話に何か意味が、

あるのかもしれないからです。


急に話は変わったものの、

問題になってるのは前回と一緒です。


考えすぎてしまうことと、

自分で答えを出さないこと。


『自分はバイトをするべきかどうか?』


考え込んでも答えが出るものではなく、

とりあえずやってみないとわかりません。


一番問題なのは、

「部屋の中で一人、じっと考え込むこと」です。


まずはそこから、

行動を変えていくことにします。



「知り合いが働いているのであれば、

 まずはどんな仕事なのか、

 次、僕のところににこられるまでに、

 一度、見に行ってみてはいかがでしょうか?」


ここでも考えるのではなく、

行動に移す課題を出しました。


この回のカウンセリングは、

ここで終わりです。



さて、カウンセリングが終わった後、

僕は気になっていたことがありました。


植樹や自然に関する仕事に、

どんなものがあるのか?


Kさんも僕も、

いまいち情報が足りてません。


もう少し知識があるなら、

何かしっくり来るものが、

思い浮かぶかもしれません。


そこでちょっと、

植樹や自然に関する仕事を、

簡単に調べてみました。



「グリーンコーディネーター」

「植木職人」

「庭園設計士」」

「盆栽職人」

「フラワーアレンジメント」などなど…


思っているより、

たくさんの職業があります。


こんなにたくさんあるのなら、

Kさんにも何かしっくりくる職業が、

あるかもしれないなと思いました。


するとある職業に、

目がとまりました。


その職業の名前は、

「グリーンキーパー」。


別名、「芝生のスペシャリスト」、

といわれているそうです。


ゴルフ場やサッカー場などの、

天然芝のメンテナンスを、

手がけている仕事だそうです。



この職業を見つけたとき、

「ああ~、なるほどな~。」、

と思いました。


Kさんがゴルフ場でバイトしたい理由が、

とてもよくわかったからです。


ゴルフ場で仕事がしたかったのは、

グリーンキーパーの仕事ができるからだと、

すぐにわかりました。


次のカウンセリングで、

僕はKさんにいいました。


「Kさん、

 あれから僕もちょっと調べたのですが、

 『グリーンキーパー』って仕事が、

 あるそうですね。」


「ああ、グリーンキーパーには、

 すごく憧れますね!」


「おお、憧れてるんですね。」


「先生、

 私は好きがわからないんじゃ、

 ないんですね。」


「憧れてるって、

 いっちゃいましたからね。」


「ははははっ、そうですね~。」



ここまでの時点で、

きっちりとやりたいことは、

見つけることができました。


後は一歩踏み出せるかどうか。

たいていの相談者の場合、

こっちのほうが難しいです。




「先生、

 僕は本当にゴルフ場の仕事に、

 就けばいいんでしょうか?」


「Kさん自身はどう思いますか?」


「それがわからないから教えてほしいんです。」


「Kさん、もし僕がそれに答えたら、

 Kさんはこれからも何かあるたびにずっと、

 僕のところにこないといけなくなる。

 それでいいんですかね?」


「…確かに、それはそうですね。

 それでは困ると思います。

 自分で決めなきゃいけないということも、

 ここ数年、ずっと考えていたことなんです…。」


Kさんは初回からこんなふうに、

自分の問題点もよくわかっているタイプです。

だからこそ僕はいいます。



「どんな小さなことからでもいいんです。

 失敗してもいいから、

 Kさん自身がやりたいと思っているように、

 思い切ってやってみてはどうでしょう。」


「そうですよね…。

 思い切ってやるしかないですよね。」




それから数ヶ月後、一度だけ、

メールでのやりとりはあったものの、

しばらく連絡のなかったKさんから、

メールをいただきました。




「なかなか前に進まず、

 一度先生にメールしましたが、

 とにかく行動だという事で、

 ゴルフ場の土日のバイトから直接電話して探していたところ、

 募集しようとしていたところと偶然出会い、

 面接をしてもらい昨日正式に決まりました。

(経緯を書くともっと長いのですが)


 自分の場合特にこの一年半、

 いろんな先生にお世話になり、

 中越先生のプログラムとカウンセリングも

 非常にお世話になりました。


 ありがとうございました。」




=======カウンセラー中越のコメント=======


この事例紹介では、

3、4回のカウンセリングに見えますが、

実際にはもっと回数を重ねています。



3年近く、

好きという気持ちがわからなくて、

悩んでおられたKさん。


最初に僕のところにこられてから、

たった4ヶ月でやりたいことへの一歩を、

踏み出すことができました。


もちろん、僕のところへ来る前に、

3年ほど通われていたカウンセラーの方々の力も、

とても大きかったのだと思います。


僕のところにきて急に話が展開したのは、

僕の能力が特別高いというよりも、

タイミングが良かったのだと思います。



ですが、どちらにせよこれは、

僕たちカウンセラーの能力というより、

Kさんに問題解決能力が十分に眠っていた、

そう考えたほうが自然だと思います。


今改めてこのカウンセリングを振り返ると、

自分で決めて行動するということを、

僕は促していたに過ぎません。


何らかの事情でいままでの人生で、

その問題解決能力が眠っていた。


カウンセリングによって、

眠っていた解決能力が目覚めた。

そう考えるのが一番自然です。


なんせそれらを実際に行動したのは、

すべてKさん本人なのですから。



それにこれはただの僕の推測ですが、

Kさんは僕のところへくる前から、

グリーンキーパには憧れていたと思います。


やりたいことに挑戦する不安から、

その憧れを封印していたのかもしれません。



人生の中で何か行き詰まってしまう。

そんなことは誰にでも必ずあることです。


そんなときほんの少し促すことで、

本来の力を取り戻してもらうことが、

僕たちの仕事だと思います。



Kさん、ご協力ありがとうございました。

これからも芝生を守り続けてくださいね。


応援しています。




自力でやりたいことを見つけたい?

そんな方はこちらをへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html




今回のポイント

★憧れてるっていっちゃいましたから。

★問題解決能力は眠っている!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらをクリック

http://happy-career.com/stepup.html


===========================
■7 編集後記

布団を干していたら大雨が降ってきました。

でも、危機一髪で取り込みました(^_^)

===========================