こんにちは。

カウンセラーの中越です(^_^)



学生時代、テストが近づいて、

勉強をしないといけないときほど、

急に部屋の掃除をしたくなりました…。


それって勉強からの逃避と思いきや、

実は案外そうではないみたいです。



机の周りを掃除することと、

人間のやる気を出すことには、

すごく大きな関係があるんです。


この秘密の関係を知ることは、

きっとあなたの仕事へのやる気を、

高めるきっかけになるはずです!



巷にあふれている、

「掃除は幸せを引き寄せる」、

というのとはちょっと違いますよ(^_^)

純粋に、掃除を心理学しました!



というわけで今回は、

「掃除」の天職心理学です。



□脳にも準備が必要なんです!



学生のとき、テスト前になると、

急に部屋の掃除をしたくなりました。


結局、掃除だけをして疲れてしまい、

何にも勉強しないでテストを向かえる。


そんな愚かな学生でした(^_^;



でもそれは僕だけでなく、

テスト前になると掃除をしたくなるのは、

周りの友達にもたくさんいました。


「これって完全に、

 勉強からの逃避やな~(笑)」

と学生のときは笑い話になってました。



でも、ところが、

体を動かして掃除をするのは、

脳の準備体操に最適な行動なんです。


脳の中には側座核という、

やる気をつかさどる器官があります。


ここが活発に働いていると、

やる気が出ているわけです。


実際に体を動かし、

短時間で集中できる作業は、

側座核を刺激しやる気を起こします。


簡単で単純な作業を、

実際に体を動かしてやることは、

人のやる気を引き起こすのです。


心理学者のクレペリンは、

こういう現象を「作業興奮」と、

名づけました。



ここで掃除に話を戻すと、

机の周りを簡単に掃除することは、

この「作業興奮」にとてもぴったりなんです。


机の周りを掃除するのは、

実際に軽く体を動かす単純な作業。


でもそれはしっかりと側座核を刺激し、

僕たちのやる気を引き起こしているのです。



簡単に机の周りを掃除して、

すっきりときれいになるとやる気が出るのは、

心理学的にも脳科学的にも納得です。


テスト前に掃除をしたくなるのも、

案外、無意識的にそのことをわかっていて、

やる気を引き起こすためかもしれません。



もっとも、

掃除をすればやる気が出るとはいえ、

学生時代の僕のように、

掃除でエネルギーを使い果たしていては、

結局、何の意味もありません…(^_^;


そこでお勧めしたいのは、

簡単かつ短時間で程よく集中できる、

机の周りだけの掃除です。



これなら疲れすぎることもなく、

適度に「作業興奮」引き起こします。


そうやって軽く脳の準備運動をして、

やる気が高まったところで仕事を始める!


それが一番、効率のいい、

仕事の始め方かもしれません。



「出世する人は、

 いつも机の周りがきれいに、

 掃除できている。」


なんてことをよく言いますが、

出世する人は掃除でやる気を、

高めているのかもしれませんね。



もしあなたが今日、

やる気が出てこないのであれば、

まずは机の周りの掃除をしてみては、

いかがでしょうか?



さて、そろそろ僕も、

さんざんに散らかった自分の机を、

掃除してみようかと思います(笑)




やる気も何も、

やりたいことがわからない?

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html





今回のポイント

★単純作業はやる気を引き出す!

★掃除は脳のモチベーションアップにぴったり!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!

http://happy-career.com/stepup.html



===========================
■ 編集後記

先週、借りた『続・3丁目の夕日』をみました。

ひさしぶりの号泣でした・・・(T_T)

===========================