こんにちは。

カウンセラーの中越です。

やりたいことを見つけるために、

僕のカウンセリングを受けた方で、

多くの方がおっしゃる言葉があります。

その言葉には僕自身、

とても共感できる思いがあります。

その言葉を知ることは、

やりたいことを見つけるために、

大きなヒントになると思います。

さて、その言葉とはいったい??

今回は、「背中」の天職心理学です。

 


■どんな背中を見せたいですか?

やりたいことを見つけるために、

僕のカウンセリングを受けた人の、

多くの方がおっしゃる言葉。

「…イヤイヤ働いている姿を、

 家族や子供に見せたくないんですよ。

 働いて家に帰って、

 仕事のグチばかり言ってしまうのは、

 自分だけじゃなく、

 家族や子供にとっても、

 幸せじゃないんじゃないかって…。

 今みたいにイヤな仕事を、

 無理やりガマンしてやっていると、

 『俺はお前達のために、

  ガマンして働いてるんだぞっ!!』

 ってつい思ってしまいますし…。

 いや、もちろん、

 口には出しませんけどね。

 でも、やっぱり自分自身が、

 好きなことを仕事にしている、

 やりたいことを仕事にしているほうが、

 家族にとっても幸せだと思うんです。

 それに自分の子供にはやっぱり、

 好きなことを仕事にして欲しいですし…。

 だからこそ自分自身が、

 やりたいことを仕事にしたいというか…。

 そんな背中を見せることが、

 子供にとっても一番いい教育かなって、

 今はそう思うんですよね。」

カウンセリングをしていると、

こんな言葉を非常に良く聴きます。

この言葉には僕自身、

すごく共感するものがあります。

僕の父親は僕が子供のころ、

不動産関係の会社を経営していました。

でも、バブルがはじけて、

父の仕事がうまくいかなくなったとき、

父は会社に行かずに昼から家で、

お酒を飲むようになりました。

それから父はいわゆる、

アルコールにおぼれた人生を、

歩んでいくことになりました。

バブルの問題だけではなく、

元々、父の会社に、

経営の問題があったのかもしれない。

それにお酒におぼれる父は、

元々、弱い人だったのかもしれない。

それは父だけが悪いのではなく、

高度経済成長やバブルという、

時代にも翻弄されたのかも知れません。

どんな事情があってそうなったのか、

当時10歳前後の僕には、

知るよしもありませんでした。

また、今となっては、

それを知りたいとも思いません。

でも、子供のころの僕は、

自分の父が仕事のことを、

楽しそうに話している姿や、

誇りを持って語っている姿。

そんな姿を一度も、

みたことがありませんでした。

僕の記憶にある父は、

「仕事が嫌でお酒を飲んでる人」、

それが一番大きなイメージです。

当時の僕が強く感じたのは、

「働くっていうことは、

 嫌なことをやり続けることなんだな…。

 それだったら一生働きたくないな?。」、

父を見てそんなことを思ってたこと、

今でも覚えています。

僕の場合はある意味、

そんな父親が反面教師となって、

「これから一生、働くのならば、

 好きなことを仕事にしたい。

 どうせ働くなら仕事を楽しみたい。」

そんな気持ちが強くなりました。

そしてもし自分に、

いつの日か子供ができたなら、

「仕事を楽しんでいる姿を見せたい。

 自分の仕事への誇りを語ってあげたい。」

そんなことを夢見ていました。

だから、大学生の就職活動のとき、

「できる限り充実した仕事をしたい!」

そんな気持ちでいっぱいでした。

でも結局、働き始めると、

営業職で厳しいノルマに追われ、

毎日毎日、夜中まで働く日々。

仕事が充実しているどころか、

もう働くことが、

イヤでイヤで仕方がありません。

たった半年でやめてしまいました。

ところが次に入った会社でも、

厳しいノルマに追われて、

毎日毎日、夜中まで働く日々。

気がついたときには、

優しく接してあげたかった部下にも、

嫌な態度をとるようになってました。

気がついたときには自分自身も、

仕事に誇りなどまったく持てない、

カッコ悪い大人になっていました。

僕はお酒にはおぼれなかったけど、

働くことから逃げたくて逃げたくて、

仕方がありませんでした。

そして、ほんのちょっとですが、

父の気持ちがわかった気がしました。

(本当にほんのちょっとですが…。)

同時に僕は、

すごく怖くなりました。

自分もいつか、

父のようになるんじゃないか…。

いつの日か僕に子供ができても、

イヤイヤ働いている僕の姿を見て、

お酒を飲んでグチを言う僕の姿を見て、

「あんな大人にだけはなりたくないな…。」、

いつか自分の子供が、

そう思うんじゃないかと思うと、

本当に心から怖くなりました。

大抵の人は、父親が、

時々にグチを言ったとしても、

自分の父親の仕事を、

尊敬していると思います。

だから僕ほど、

父のようになりたくないと思うのは、

すこし稀なケースかも知れません。

でも、自分の子供に、

「仕事のグチを言うところ見せたくない。」

「自分の仕事への誇りを語ってあげたい。」

「自分の仕事への思いを背中で語りたい。」

そう思いから、

やりたいことを仕事にする人は、

本当にたくさんいると思います。

少なくとも、毎日毎日、

夜遅くまで嫌いな仕事をイヤイヤして、

お酒を飲んではグチを言う父親。

そんな父親よりも、

たとえ収入が少なくっても、

誇りを持って好きなことを仕事にしている。

そんな父親のほうが、

子供からみてカッコいいことは、

まず間違いないと思います。

心理学ではモデリングといって、

子供は回りの大人をお手本に育ちます。

子供は親の背中を見て育つ。

心理学でも、

まさにそのとおりなのです。

いま、僕自身は、

子供どころか結婚もしていません。

それに他人から尊敬されるほど、

立派な人間でもありません。

今の時点で、自分で自分を、

よくがんばってきたとは思えるけども、

人から尊敬される人間だとは思えません。

悔しいけど昔の僕の父ほど、

お金を稼いでもいません。

それでも僕は今、

もし自分の子供ができたなら、

自分の仕事への愛情を、

自分の仕事への誇りを、

語ってあげられると思います。

さて、あなたの子供は、

あなたの背中に憧れて育つでしょうか?

それとも、あなたの背中を、

あんなふうにはなりたくないと、

反面教師にして育つでしょうか?

いや、なにより、あなた自身は、

子供にどんな背中を見せたいですか?

□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

かっこいい背中を見せたいけども、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html



今回のポイント

★仕事への誇り、語れますか?

★子供にどんな背中を見せたいですか?

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html





■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

===========================
■ 編集後記

アカデミー賞、やりましたね。

「おくりびと」、すごいです。

広末涼子、

海外からすごいオファーだとか。

一時期、あんなに、

マスコミに叩かれてたのに、

見事なまでの大復活ですね。

僕は広末さんと同年代で、

学生のころ大好きだったので、

なんかうれしいです(^_^)

===========================