こんにちは。

カウンセラーの中越です。


僕はあるとき、

ある大きなことをあきらめました。


そしてそれをあきらめたことが、

やりたいことを見つけ一歩踏み出すための、

大きな力となりました。


やりたいことを見つけるために、

あることをあきらめることは、

とても大きな力になると思います。


さて、僕があきらめたあることとは??


今回は「諦念」の天職心理学です。



えー、今回、壮絶に長いです。

でも、とても大切な話です。


今までのメルマガ、ブログで、

一番大切なことかもしれません。


ぜひ読んでみてくださいね(^_^)



□今までのやり方ではダメなんです!



僕は学生のころから、

引っ込み思案なタイプでした。



バイト先や友人関係などで、

「もっとこうしたほうがいいのに…」、

自分の考えがあっても口に出せません。


「あんなかわいい娘と付き合えたら…」、

もちろん僕は好みの異性が近くにいても、

自分から声をかけたりできません。



自分の進路なども、先生や親から、

「こうしたほうがいいよ」と言われたら、

何となくそのとおりにしてました。




よく言えばおとなしい良い子。




でも、本当のところは、

何事にも受け身な子供だったのです。

ずっとそんな受け身な人生でした。




「自分の正しいと思うことを言って、

 自分のやりたいようにやったら、

 もっといいことがあるのかな…?


 もっと積極的になったら、

 もっといいことがあるのかな…?」



そんなふうに思うこともあったけど、

わざわざ勇気を出して積極的になるほど、

本当に困ることはありませんでした。



そんな消極的で受け身な僕でも、

そこそこ楽しく人生を過ごせたからです。


受け身で引っ込み思案な僕でも、

恋人もできたし進学もできたし、

そこそこ楽しく生きられたからです。


受け身なまんまでも、

そんなに悪い人生ではありません。




ところが、社会人になって、

そうはいってられない事態が起きました。


受け身になって働いていると、

なぜか辛いことばかりが起きるのです。



なんとなく流されて就職した会社は、

パワハラや理不尽な営業がまかり通る、

本当にひどい会社でした。


2つ目の会社も同じようなもの。

パワハラ、超長時間労働、倫理に反する営業、

毎日毎日がそれの繰り返しでした。

すぐに嫌になって辞めました。



運よく大きな良い会社にもいきました。

その仕事に満足している人も、

たくさんいました。



僕もその会社は好きでした。

いい人たちにも恵まれたし、

自分にあっていたと思います。



僕はその会社でも、

ずっと受け身で働いてました。


その会社はある程度、

受け身でも許されたのです。

だから僕には楽だったのです。




でも、大人になった僕は、

今度はそれが怖くなってしまいます。



子供のときから、


「自分の正しいと思うことを言って、

 自分のやりたいようにやったら、

 もっといいことがあるのかな…?


 もっと積極的になったら、

 もっといいことがあるのかな…?」


そう思っていたけど、

積極的になれなかった僕。



「こんな僕がこのままこの会社にいたら、

 きっと一生、

 受け身なままで生きていくんだろうな…。」



25年、受け身で生きてきた僕は、

直感的にそれがよくわかりました。




「この先、30年以上ここで働いて、

 定年するころには自分も、

 60歳前後になっているのか…。


 一生、何となく受け身で、

 自分が正しいと思うことをやらず、

 周りに合わせて働いていくのかな…。


 こういう働き方を続けて、

 自分は幸せになれるのかな…?」



そう思うと、

すごく怖くなりました。




「この会社にいたら、

 きっと自分は一生、受け身のままだ。


 もっと積極的になれたなら、

 人生もっと楽しかったかもしれない…。


 今までどおり、

 僕は死ぬ時までそう思っているのかな…。」



そう思うとすごく怖かったのです。

なぜ急にそう思ったのか?

それはいまでもよくわかりません。



でもはっきりと、

「このままの生き方では、

 満足する人生にはならないだろうな。」

僕はそう感じ始めました。



少しでいいから人生を変えたい。

だから僕は、昔好きだった、

心理カウンセリングを勉強し始めました。



自分なりに一歩踏み出した。



最初はそう思うことができて、

ちょっとだけうれしくうなりました。



でも、カウンセリングの勉強をすると、

カウンセラーは資格があるだけでは、

お金にはならないことを知りました。



自分なりに一歩踏み出したつもりなのに、

「資格を取ってもダメなのか…。」、

そう思うと悲しくなりました。



何度も転職してもダメで、

大きい会社にいってもそれでもダメ。

資格を取ってもやっぱりダメ…。



何をやってもダメ、ダメ、ダメ。

僕にとっては絶望でした。



「やっぱり、自分なんかは、

 働いて幸せになれないんだ…。

 楽しい仕事なんて自分にはないんだ…。」


うまくいかないときは、

人間ついマイナスに考えてしまう。

そしてよけいに絶望感が増しました。



でも、絶望のふちで、

僕はうすうす気づいていました。


本当の問題はいつも受け身な、

自分自身にあったことに。




「就職さえできれば、

 人並みの幸せはあるだろう。」


「大きくて良い会社に入れば、

 あとは会社いうとおりにすればいい。」


そして、


「資格さえ取れば、

 大きな組織が何とかしてくれるはず。」



受け身な自分が嫌で、

カウンセリングの勉強を始めたけど、

本当のところは何も変わっていない。



結局、いつも僕は、

「~さえすれば、

 あとは受け身でも大丈夫…。」

そう思っていたのです。


でも、転職しても資格を取っても、

受け身のままで何をしても、

うまくいくことはありませんでした。



「なにをやったところで、

 自分の生き方が変わらないと、

 幸せになれないんじゃないだろうか…?」


ようやくそれに気づき始めました。



「子供のころから今まで、

 ずっと受け身でもよかった。

 まわりの人が何とかしてくれた。


 ずっと受け身のままでいい。

 積極的に何かをして、

 苦労や失敗なんてしたくない。


 受け身のままで、

 そこそこ幸せにして欲しい。」


本音の本音で僕は、

きっとそう思っていたのだと思います。




「自分から積極的にならなくても、

 いままでどおり周りに流されるまま、

 そこそこ幸せになれたらそれでいい。」


子供のときから何となく、

受け身で消極的に生きてきた僕は、

大人になってもそう思っていたのです。


でも、それではうまくいかない。

社会人になって嫌というほど、

それを思い知らされました。



自分から何かをしないと、

自分から道を切り開かないと、

やっぱりうまくいかないんです。


いや、うまくいくかどうかより、

自分から何かをやり始めないと、

自分が満足することはないんです。



だって、たとえ受け身なまま、

何かがうまくいっても、


「もっと積極的になれたなら、

 人生もっと楽しかったかもしれない…。」


その思いが消えることはないですから。


ずっとそう思い続けて死ぬなんて、

その時点で満足な人生とはいえない。



そんな当たり前のこと、

大人になるまで気づきませんでした。


いや、うすうす気づいていたけど、

それを認めたくなかったのです。



「自分から積極的にならなくても、

 いままでどおり周りに流されるまま、

 そこそこ幸せになれたらそれでいい。」


おろかな僕は、自分自身が、

何もしなくても得られる幸せを、

あきらめられなかったのです。



でも、何度も転職してもダメで、

大きい会社にいってもそれでもダメ。

資格を取ってもやっぱりダメ…。


何をやってもダメ、ダメ、ダメ。

そして絶望のふちに来てやっと、

受け身の幸せをあきらめました。



「受け身なままじゃダメなんだ…!

 自分が変わらなきゃ、

 絶対に人生は変わらないんだ…!」、


それをはっきりと認めました。

いや、受け身で幸せになることを、

やっとあきらめられたのです。




最近の心理学では、東洋の哲学、

禅が取り入れられています。


その禅の言葉に、

「諦念(ていねん)」という言葉があります。


諦念とはあきらめること。


そしてあきらめると言うのは、

単に断念することだけではなく、

「明らかに認める」と言う意味です。



明らかに認める。



「受け身なままじゃダメなんだ…!

 自分が変わらなきゃ、

 絶対に人生は変わらないんだ…!」



僕はそれをうすうすではなく、

あきらかに認めるようになりました。


それから僕の人生は、

少しずつ変わり始めました。



カウンセラーの仕事がないなら、

自分で仕事を創ろうと思う。


まわりに反対されても、

自分のやってみたいテーマ、

やりたいこと探しのカウンセリングを、

すこしずつ仕事にし始める。


やっぱりいつか独立して、

自分が本当に納得いくやり方で、

カウンセリングをしてみたい。



そんな子供みたいなバカバカしい夢に、

真正面から取り組み始める。



もちろん、失敗ばっかり。

夢に向かって、

一日に1ミリ進めばいいほう。


0,1ミリしか進まない日もある。

時には3センチ後退して落ち込んだり。

とにかく失敗ばかりでした。





でも、僕は真剣だった。





自分から何かをやり始めて、

生まれて初めて、

自分の胸が熱くなるのを感じた。


これが一生懸命ということか、

これが夢に向かってがんばることか、

これがガムシャラということか。



今までよくわからなかった言葉の意味が、

とてもよくわかるようになった。


初めて相談者からお金をもらった日、

僕はこの夢に人生を賭けようと思った。

それがやりたいことが見つかった瞬間。



まだまだ未熟な点もあるけども、

いま、なんとか、

ボチボチやっていけてます。




これからも最大限の努力をするけども、

でも、先のわからないのがこの世の中。


もしかしたらこの先、

僕みたいな個人事業者は、

廃業になることもあるかもしれない。


そしたら中年になって、

廃業した個人事業者なんて、

就職先もないかもしれない。



それでも僕は後悔はありません。




だって、


「もっと積極的になれたなら、

 人生もっと楽しかったかもしれない…。」


そう思うことはもうないですから。

僕は結構、満足できてます。




さて、あなたは、

受け身のままで幸せになること、

まだあきらめられないですか?



あきらめられないあなたも、

本音の本音では、うすうす、

気づいているんじゃないですか?



□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

積極的になろうと思っても、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html






今回のポイント

★自分に嘘をついていませんか?

★ちょっとだけ自分を疑ってみよう!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html







■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』


===========================
■ 編集後記


うちのカウンセリング、

なぜか北海道の相談者が多いです。


なんででしょうね?


北海道の人は、

好きを仕事にする人が多い?


そんなわけないか。



うちはネットから、

申し込んでくる人がほとんどだから、

北海道はネット環境が整ってるのかな?


ちなみに、

沖縄はほとんどありません。

なんでだろう??

===========================