こんにちは。

カウンセラーの中越です。



僕のおばあちゃんは、

ちょっと面白い人でした。


お酒とタバコが大好きで、

テレビを見ながらよく歌ってました。


若いころはなかなか、

やんちゃだったらしいです。



そのおばあちゃんのある行動に、

やりたいことをを見つけるための、

大きなヒントが隠されています。


さて、そんなおばあちゃんの行動とは?


というわけで今回は、

「回想」の天職心理学です。



□思い出したい仕事…



ちょっと前に亡くなった、

僕のおばあちゃんの話です。

ちょっと面白いおばあちゃんです。



認知症が進んで病院にいた時のこと。



おばあちゃんが、

財布の中のお金を数えながら、


「おかしいなぁ~、

 え?いや、そんなはずないで~。

 あれ?おかしいな~。」


と困っていたそうです。



それを見ていた姉が、

お金をなくしたのかと心配して、


「おばあちゃんどうしたん?

 いったい何がおかしいん?」


と訊いたそうです。



するとおばあちゃんは、


「え?何がおかしいんやろな?

 それがわからんねや~。

 あんた、何がおかしいんやと思う?」、


と逆に訊いてきたそうです。



思わず姉も、

「わからんのかい!」、

とつッこんでいました。



さすが大阪のおばあちゃん。

いろんな意味でボケてます。



そんなおばあちゃんも、

本格的に認知症が進んでいきました。



もう、本当に、

いろんなことがわからなくなったのです。

僕たち家族の名前もわからなくなりました。



やっぱりちょっと、さみしかったです。



でも、いろんなことが、

わからなくなったおばあちゃん。



なぜかピアノの前に座ると、

なんでもないようにシャンとして、

いろんな曲を弾き出します。


介護施設での誰かのお誕生日会など、

おばあちゃんがハッピーバースデイを弾き、

それにあわしてみんなで歌うのです。



「やっぱりすごいな~。

 何もわからんようになっても、

 昔の大切なことは覚えてるんやで~。」


と母が言いました。


僕は聞きました。


「おばあちゃんって、ピアノ好きやったん?」


「あの人はああいう芸事が大好きやん。

 年取ってからも、

 日本舞踊とかやってたやろ。


 おばあちゃんが小さいころから、

 ピアノはいつも弾いとったらしいで。


 あんたが小さいときも、

 よくピアノ弾いとったやろ。



 せやから、私も小さいときは、

 ピアノとかバレエとかやらさせられて、

 嫌々通っていたわ。」



僕の知っているおばあちゃんの仕事は、

保育園の先生でした。


60歳くらいまで保育園で働いていた。


ピアノと子供が好きで、

世話焼きな大阪のおばちゃんだった、

おばあちゃん。



おばあちゃんにとって、

保育園でピアノを弾くことほど、

幸せなことはなかったんじゃないかと、

今になって僕は思います。



そんなおばあちゃんが認知症で、

何もわからなくなっても、

お誕生日会ではシャンとピアノを弾く。


それに合わせてみんなが、

ハッピーバースデイを歌う。




回想療法というのがあって、

昔の大切なことを思い出すことは、

認知症には良いそうです。


ピアノがおばあちゃんにとって、

回想療法になっていたのかどうか?


それは今となってはもうわかりません。

本人にはもう訊けないですからね。



でも、少なくともおばあちゃんは、

介護施設でピアノを弾いているとき、

やっぱり充実していたと思います。


そのときその瞬間は、

幸福な瞬間だったと思います。


いや、きっとおばあちゃんは、

「ピアノを弾けてうれしかった」、

そういうに違いないと思います。




おばあちゃん家には、

昔から古いオルガンがあって、

よくそれを弾いていました。


オルガンが壊れてしまってからは、

ちょっと安めの小さな電子ピアノ。


それもだいぶ歳をとってからは、

ほとんど弾かなくなってしまって、

誰かが捨てようとしたら、


「それは捨てたらあかんねや…!」、


怒っていたのを覚えています。



いまさら言っても仕方ないけど、


「おばあちゃんのピアノ、

 もっと弾かせてあげたらよかったな、

 もっと聴いてあげればよかったな~」、


今はやっぱりそう思います。



そして、同時に自分に対しても、

好きなこと、やってみたいと思うこと、

ひとつでも多くやっておきたいと思います。



出来ることなら認知症になる前に、

大切なことはやっておきたいですから。




僕がずっと逃げていた心理学、

カウンセラーになりたいという夢、

やっぱりやってよかったと思う。



20代前半のときの僕は、

認知症になっても思い出す仕事なんて、

きっとしたことがなかった。



でもいまはちょっと違います。



こればっかりは、

なってみないとわかんないけど…。


もし僕がいつか認知症になったとき、

自分がカウンセラーだと思い出せたなら、

どんなに素敵なことだろう。


もし自分が認知症になっても、

誰かが真剣に何か相談してくれたとき、

ほんの一瞬だけカウンセラーに戻れたら、

それはどんなに素敵なことだろう。



いまは本当にそう思える。

本心からそう思える自分がいる。


そう思える仕事が出来ること、

僕は本当に幸せに思います。




さて、あなたは認知症になったとき、

どんな仕事を思い出すのでしょうね?


いや、もし自分が認知症になったとき、

今の仕事を思い出したいと思いますか?



もし今の仕事を思い出したくないのなら、

ゆっくり考える時期かもしれませんね。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

思い出せる仕事をしたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html








今回のポイント

★思い出したい仕事は何でしょう?

★そんな仕事を持てると幸せですね。

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html







■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』


===========================
■ 編集後記


いまさらなんですが、

ベルセルクってマンガにはまってます。


近所の古本屋で100円なのですが、

7巻だけ置いていない…。


7巻だけ新品で買うのも悔しいです。

他の古本屋に遠征しようかな~。


===========================