こんにちは。

カウンセラーの中越です。

いまは「婚カツ」がブームです。

僕自身、アラサーなので、

「もうそろそろ婚カツか?」、

なんて思ったりします。

でも、そんな婚カツを見ていて、

若干、疑問に思うことがあります。

実はその婚カツへの疑問が、

やりたいこと探しにおいても、

大きなヒントになっているんです。

さて、その婚カツへの疑問とは?

というわけで今回は、

「婚カツ」の天職心理学です。

 

□条件だけでは決められない!!

「婚カツ」ってのがブームです。

確かに社会人には出会いって少なく、

家と会社の往復だけでは、

なかなか結婚って難しいなと思います。

そこで婚カツサイトなるものがあって、

希望の異性の条件を入力すると、

その人たちと出会えるのだそうです。

ところが、婚カツサイトに登録しても、

大半の人がすぐに使わなくなるのだとか。

使わなくなる気持ち、僕もよくわかります。

だって、自分の希望の条件に、

ぴったりの人が現れたとしても、

その人を好きになれるかというと、

それはまた別の問題だからです。

「この人とこれから、

 一生一緒に歩んでいく…。」

これってかなり大きな決断です。

こんな大きな決断を、

収入や学歴、家事が出来るかどうか、

そんな条件だけでは決めきれません。

やはり結婚となると、

「好き」という感情こそが、

一番大きなポイントになると思います。

人間のモチベーションというのは、

「認知」、「情動」、「欲求」の三つが、

複雑に絡み合って成り立っています。

収入がよくて高学歴、

しかも家事が出来そうな人だから、

結婚したい気持ちになる。

こういうのはモチベーションの、

認知的側面です。

世間体を守りたい承認欲求や、

自分の居場所を確保したい親和欲求、

そこから結婚したい気持ちになる。

こういうのはモチベーションの、

欲求的側面です。

そして、あの人のことが好き、

あの人とずっと一緒にいたい、

だからあの人と結婚したい。

こういうのがモチベーションの、

情動的側面です。

これらの3つの要素が、

バランスよく取れてこそ、

人間のやる気は高まります。

でも、こと結婚においては、

やはり情動、好きという気持ちが、

一番大切だと思います。

だって、

「別に好きじゃないけど、

お金持ちで高学歴で、

 家事もできそうだから結婚したい」、

「別に好きじゃないけど、

 そろそろ世間体が悪いから、

 とりあえずあの人と結婚しておこう」、

これはやっぱりなにか、

しっくりこないものを感じます。

そんな結婚ももちろんあって良いし、

それで幸せになる人もいるのだろうけど、

最初からこれを目指すのはなんか変です。

もちろん結婚には条件も大切ですが、

条件が一番の優先事項になってしまうと、

「この人とこれから、

 一生一緒に歩んでいく…。」

やっぱりそんな決断って、

出来ない気がします。

結婚という大きな決断って、

やはりなにか情熱や恋心がないと、

決断できないんじゃないでしょうか。

人間って条件から相手を選び始めると、

条件ばかりが気になってしまって、

自分の気持ちがよくわからなくなります。

収入や学歴などの条件から入るのではなく、

「まずは普通に好きな異性を作ること」、

それが婚カツの早道ではないでしょうか?

婚カツサイトでも実際のところ、

あまり条件にこだわりすぎるのではなく、

普通に恋人を作る気持ちでいったほうが、

うまくいきやすいのだそうです。

「この人とこれから、

 一生一緒に歩んでいきたい…。」

それって最後の最後は、

やっぱり感情の問題です。

だからこそ、

好きって気持ちを、

第一優先にして欲しい。

「嫌いな人だけど結婚したい。」

「好きじゃないけど結婚したい。」、

なんてありえないですからね。

でね。

天職・やりたいこと探しも一緒です。

「嫌いだけれどやりたい仕事。」

「好きじゃないけどやりたい仕事。」、

そんなものありえないですよね。

僕たちは仕事について考えるとき、

つい条件ばかり気になってしまいます。

「資格を取ればすぐ就職できるか?」

「収入はどれくらいあるのか?」

「この歳からでもできるかどうか?」

そんなとこばかりに目がいってしまい、

好きかどうかの気持ちは後回し。

だから結局、別に好きじゃないけど、

すぐ就職できて安定した仕事に、

就職してしまいます。

そして結局その仕事についても、

「この仕事もやりたいことじゃなかった…」、

と僕のところに相談にこられる方が、

非常にたくさんおられます。

でもそれってよく考えたら当たり前。

だって元々、好きじゃなかったのですから。

好きじゃないのにやりたいなんて、

根本的にありえないのです。

でも、好きを仕事にしようと考えて、

「好きな仕事で食べていけるのは、

 特別な才能がある一部の人だけ…。

 いまさら、いい年して私なんかが、

 好きなことを仕事にできるわけがない…」

そう思って好きなことから、

つい目をそらしてしまう気持ち、

とてもよくわかります。

小さな子供ならまだしも、

大人になってから夢を追いかけるのって、

すごくリスクが気になってしまいますから。

「リスクなんて気にするな!

 やりたいことをとことんやれ!」

そんな言葉で納得できるほど、

普通の人間って強くないですからね。

でも、本当にやりたい仕事。

それはどこまでいっても、

好きという感情、気持ちの問題です。

そしてその好きという感情は、

収入などの不安な条件を考えると、

急に感じることが出来なくなります。

だから、

お金になるかどうかという条件は、

ひとまずおいときましょう。

どんなに実現不可能に思えるような、

子供じみたやってみたいことでいいんです。

良い意味で幼稚園児レベルの脳みそで、

好きなこと、やってみたいと思うこと、

純粋に考えてみませんか?

好きって気持ち、

そこからすべては始まります。

□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

好きな気持ちから考えても、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html



今回のポイント

★好きじゃないのにやりたいなんてありえない!

★良い意味で幼稚園児レベルの脳みそで考える!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html





■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

===========================
■ 編集後記

急に暑くなってきましたね。

でも、クーラーをつけるほどじゃない。

うちでは扇風機が大活躍です!

===========================