こんにちは。

カウンセラーの中越です。


初めて自転車に乗ったときのこと、

今でも覚えていますか?


きっとどんな人でも、

初めて自転車に乗れたのは、

すっごくうれしかったはず。



そしてこの自転車の練習に、

やりたいこと探しの大きなヒントが、

隠されているのです…!



というわけで今回は、

「自転車」の天職心理学です。


今回、ちょっと長いですけど、

なかなか面白い話ですよ(^_^)


 

□出来そうだからやる気になる!




僕がはじめて自転車の練習をしたのは、

確か幼稚園のときだったと思います。



当時の僕はこま付き自転車。

二人いる姉はこまなんてついてません。

幼心に恥ずかしくなったのでしょう。


なんとかこま無し自転車に、

乗りたかったんだと思います。


6つ年上の姉につきあってもらい、

公園で練習していたのを覚えています。




まずはこまをひとつはずします。



片一方こまがないだけだから、

ちょっと怖くはあるものの、

案外、ちゃんと乗れてしまいます。



しばらく片方こま無しで乗って、

「お、なんや、結構いけるやん!」、

なんて思ってしまいます。



そこで両方のこまをはずし、

とうとう普通の自転車に挑戦。


でも、もちろんものすごく怖いので、

姉に自転車の後ろを手で支えてもらいます。



「絶対ちゃんと支えといてや!

 ほんまのほんまに絶対やで!

 絶対、手はなしたらあかんで!」



念には念を入れて、

姉にしっかりと釘をさしておきます。



1メートル、2メートル、3メートル…、

順調に自転車は進んで行きます。



しかし、順調な進行にもかかわらず、

幼いながらに不吉な予感と、

そこはかとない違和感を感じます。





なにかがおかしい…。





…これが第六感というヤツでしょうか。






ふと気がついてみると、

後ろで支えてもらっている割には、

どうもそれほど安定感を感じない…。





「まさか…!!!!!!!」





振り返って姉を見てみると、

遥か後方でニヤニヤ笑っています。


「え!?何で手はなしてんの?

 絶対、はなせへんって・・・約束・し・た・や・ん・・・」。



思いも寄らぬ肉親の裏切りに、

僕の精神は完全に揺さぶられます。


精神のゆれはハンドルにも表れ、

大きくぐらつき派手にクラッシュ…。



僕は泣きながら言います。

「なんで手、はなしてんねん…!!」。



僕がいくら怒っても姉は、

うれしそうにゲラゲラ笑っています。


背信行為を働いた上に、

傷つく敗者をあざ笑う…。


あの時、泣き叫ぶ僕を見て笑う姉が、

悪魔のように見えました。



とはいえ、

たった数メートルとはいえ、

自分ひとりで自転車に乗れた…!


これはちょっと自信になりました。


こうやって自信がついたから、

「もう少し練習したら、

 一人で自転車に乗れるかも!」

そんな自信がついたのも確かです。



結局、ここで自信がついたから、

自転車に乗れるようになったので、

姉の悪魔作戦も成功かもしれません。



なにかをできるようになるには、

「きっとうまく出来るはず」、

こういう自信がとても大切です。



「きっとうまくできるはず」、

こういう気持ちを、

「自己効力感」といいます。


心理学者のバンデューラは、

この「自己効力感」が、

やる気を生むといいました。



確かに、自分にとって、

「とてもうまく出来そうにない…」、

そう思うことはやる気になりません。



自転車の練習も、


「こま付き自転車で、

 ちょっとできそうな気になる。」

     ↓

「片方だけこまつきにして、
 
 さらにできそうな気になる。」

     ↓

「こまなしで後ろを支えてもらい、

 さらにもっとできそうな気になる。」

     ↓

「知らない間に支えをなくされ、

 それでも2,3メートル進めたから、

 もっともっとできそうな気になる。」


こうやってちょっとづつ、

自己効力感が高まっていきました。



そして自分に自信、

自己効力感がついたからこそ、

一人で自転車に乗る勇気がでる。



最初からいきなり、

一人で自転車に乗ることは、

怖くてとても出来ません。



自分に自信、自己効力感を持つには、

こま付き自転車や片方こま付自転車、

騙されてでも自分で数メートル進むという、

小さな成功体験が必要なんです。



まずは小さな課題をクリアして、

自分に自信をつけたからこそ、

一人で自転車に乗ることに、

挑戦できるんですよね。



実際、バンデューラによると、

「遂行行動の達成が最も自己効力感を高める」、

とのこと。



わかりやすくいうと、

小さな成功体験が自信を育てる、

ということです。





さて。


やりたいことも自転車と一緒です。



いきなり好きなことを仕事にしよう。

いきなりやりたいことで独立しよう。



そんな大きなことを考えたって、

失敗することが怖くって、

いつまでたっても行動できません。




まずは小さな小さなことでいいんです。



本を読むだけでもいいし、

ネットで調べてみるだけでもいい。


それが出来て少し自信がついたら、

講座やスクールに通ってもいい。

資格が取ればきっともっと自信がつく。



資格を取れたら今度は、

就職や独立への壁だって、

以前よりは少し低く感じるはず。


うまくいっている人に話を聞いたり、

必要な情報を集めていく中で、

「いける!」という感覚は強くなる。



つまり、少しずつ行動することで、

自分に自信、自己効力感が高まっていく。

自信さえあれば一歩踏み出すのも怖くない。




そうやって本当に少しずつ、

夢は現実に近づいていく。



小さな行動を成功させて、

自分に少しずつ自信がついた分、

夢も少しずつ現実に近づいていく。




こま付き自転車レベルでいいんです。

後ろを誰かに支えてもらってもいい。




小さな小さな第一歩。


それはきっと、

あなたの自己効力感を強くして、

大きな一歩の源になりますよ。





□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

小さなことからはじめてみたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html








今回のポイント

★ちょっとだけでもやってみる!

★うまくいくから自信がつく!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html







■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』


===========================
■ 編集後記


「重力ピエロ」って映画を見ました。

これはめっちゃ面白いです。

完全に油断していました。


「アヒルと鴨のコインロッカー」、

って映画もめっちゃ面白かったけど、

原作者が同じ人でした。


いや~、本当にいい映画でした。


===========================