こんにちは。

カウンセラーの中越です。



このメルマガの読者さんから、

衝撃のメールが届きました。



最初、本当にびっくりして、

一瞬わけがわからなくなりました。


でも、この方からのメールは、

やりたいことがわからない悩みの、

大きなヒントになると思います。



今回はある読者さんから届いた、

衝撃のメールの内容を、

みなさんに紹介したいと思います。



というわけで今回は、

「衝撃」の天職心理学です。



 


□これはびっくりするでしょう!




それでは早速ですが、

僕がとてもびっくりしたメールを、

紹介したいと思います。


ちょっと長いですがびっくりします。

面白いのでぜひ読んでください。



※基本的にそのまま掲載していますが、
メルマガで読みやすいように改行、句読点、
機種依存文字等は修正してあります。

また個人情報に当たる部分も、
一部変更しています。




====U・Eさんからのメール============

中越さん!!
ありがとうございます!!

昨年8月に、5日間無料メールセミナーを受講させていただいた、
U・Eと申します。


9月には、感想(というか愚痴)に、
温かいお返事をいただきまして、
ありがとうございました。

あの時、私は、本当に、
「自分探し」の底なし沼にはまっていました。

中越さんのセミナーの中の、
中越さんがカウンセラーの道を見つけたいきさつを読んで、
私にもそんな道が見つかる日が来るのだろうか…、
と、遠く感じていました。


正直、嫉妬に近いものを感じていたんだと思います。

今、あの感想メールを読み直すと、自分の悩みでいっぱいで、
「あなたはいいわね、好きなことが見つかって」とでも、
言いたいような内容に、恥ずかしくなりました。

中越さん本当に、ごめんなさい。


今、あの時の仕事は、諸事情により続けていますが、
聞いてください、
夢の第一歩を踏み出すことができたのです!!


絵本を出版したんです!!



文芸社から、ふるたえなのペンネームで、
「ラッキーラッキー♪」

ホントにホントです、
機会があったら見てみてください(笑)


中越さんが、送り続けてくれたメールセミナーに、
私は自分を認めたり、許したりすることを
覚えていったように思います。


そして、小さい頃、

「絵描きさんになりたい」
「童話作家になりたい」
「詩人になりたい」

なんて言っていたことを思い出しました。


でも、それには、立派な絵を書いて、
立派な文章を書かなければならない。
と、信じこんでいました。


私が自分を許し、認め、前向きになることができるように、
中越さんが、さりげない言葉で教えてくれたように


私は、私なりの方法で、

「大人も、子供も、誰も皆、
自分や他人を許し、認め、前向きになることが出来るんだよ。
そしたら、ラッキー♪な日々が訪れるんだよ」

というメッセージを、
たわいもない日常の、何気ない言葉にちりばめて
発信していきたいと願いました。


私の日常は、経済的には更に厳しくなっていますが、
心の中は、あの時より格段良くなっています。

夢が揺らぐ時もありますが、
中越さんのギプスの心理学を思い出して、
トレーニングを積んでいきたいと思います。

長ーいメールになってしまい、ごめんなさい。

本当に、ありがとうございました。



===============================



僕、これを読んだときは、

さすがにびっくりしました。


だって、Uさんが初めて、

僕にメールをくれたのが、去年の9月、

まだ一年も経ってません。



ウソみたいな話ですが…、

この話、本当です。


これがUさんの出版する絵本です。



早速僕もamazonで、

一冊買わせていただきました。




正直、Uさんから最初のメール、

去年の9月にメールをいただいた時は、

本当に大変な状況がわかるメールでした。


お子さんもいてらっしゃって、

決して経済的に恵まれていたわけではない。

(失礼なことを言ってごめんなさい!m(_ _)m)



それでも一年も経たない間に、

絵本を出版するという、

ひとつの夢を叶えてしまっています。



Uさんのメールの中の言葉、


「私の日常は、経済的には更に厳しくなっていますが、
 心の中は、あの時より格段良くなっています。」


こういうのが本当の幸せなんだと思います。




もしかしたら今回の話を読んで、


「このUさんは特別な人なんだ…。

 もともとすごく才能があったんだ…。


 自分みたいな普通の人間には、

 好きなことを仕事にするなんて、

 できるはずがないに決まってる…。」


そう思う人もいるかもしれません。



確かにたった9ヶ月で出版なんて、

ちょっと特別なことかもしれません。

才能や運もあったのかもしれません。




でも、Uさんの夢がかなった、

最も大きな要因は、

決して運や才能ではありません。




Uさんの夢がかなった、最も大きな要因…。




それは、自分を許し、認めたことです。




「童話作家になるには、

 立派な絵を描いて、

 文章を書かなければならない…。」


そんな思い込みを持っている自分。



「ただでさえ生活が苦しいのに、

 自分には子供もいて、

 今の仕事も辞められない…。」


出来ない理由ばかり考える自分。



「挑戦してもしうまくいかなかったら…、

 誰かにバカにされたらどうしよう…。」


失敗が怖くて一歩踏み出せない自分。



そんな弱い自分を、

正直に認め、許したからだと思います。



Uさんだけでなく、僕も含めて、

人間ってどうしようもなく弱いです。


そんな弱さを自分自身認められず、

弱さを持っている自分を許せない…。



そんな弱い自分自身から目を背けたい…。



だから、絵本を描きたい夢ごと、

なかったことにしてしまいたくなる。



それがやりたいことがわからない時の、

等身大の僕たちの姿だと思います。




でも、そんな弱い自分自身を認め、

許したからUさんは一歩踏み出した。




「確かに自分は弱いかもしれない…。

 でも、それでもやっぱり、

 自分のことを見捨てることができない。


 自分の能力や運命をいくら責めても、

 いつまでたっても幸せにはなれない。


 自分自身を、自分の本当の気持ちを、

 自分の人生を大切にすることでしか、

 自分は幸せになれないのかもしれない。


 じゃあ、弱いままの自分でいいから、

 自分の気持ちや人生をもっと大事にしよう。


 自分の人生をもっと大事にするために、

 不安だけれども一歩踏み出してみよう。」



こんな自分自身への「ゆるし」が、

あったのかもしれません。



弱いところも含め、自分を許し、認め、

正直に、ありのままの自分を受け入れた。



どんな情けない自分であっても、

自分のことを許してあげる。

自分の人生を大事にしてあげる。



弱い自分であったとしても、

ありのままの自分を受け入れて、

そこから前向きに進もうとする姿勢。




そんな姿勢があったから、

自分の本当の気持ち、

絵本を描きたいという気持ちを、

正面から見つめられた。



自分の人生を大事にしようとしたから、

自分から一歩踏み出し、

何か行動し続けたということです。




自分自身を本当に愛し、

自分の人生を大切にしたいなら、

やるべきことは自分の本音から、

目を背けることではない。


ありのままの弱い自分を見つめ、

なりたい自分に変えていこうと、

一歩踏み出し行動し続けることが、

正しい自分自身の愛し方です。



そして結果として、

正しく自分を愛せた人こそ、

なりたい未来に最も近づくことが出来る。



さて、あなたも自分の人生、

もっと大事に扱ってみませんか?



自分自身を愛し、

自分の人生を大事にするために、

今日、何をすればいいのでしょうね?





□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

今日からなにか始めたいけれど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html








今回のポイント

★自分の人生を大切にする!

★ありのままの自分を受け入れる!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html







■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』


===========================
■ 編集後記


今回の絵本の出版の件、

本当にびっくりしましたね~。


まさかたった9ヶ月で、

絵本を出してしまう人がいるとは…。

本当にすごいことですよね。


僕もめっちゃうれしかったです(^_^)


===========================