さて、僕の新刊、



なぜあの人は楽しそうに働くのか」、



これを売るための大作戦です。





前回の記事のなりゆきで、



日本中の本屋さんを回ることに。





でもまあ、さすがに日本中は無理か。



地元の関西と、東京くらいが精一杯かな?







そこでとりあえず、



自作のポップを作ることにします。







編集者さんいわく、



「中越さんの直筆のポップがいいですよ。」









え?直筆って手書き?







う?ん・・・、すんません。



手書きは無理です!



ていうか字が汚いので恥ずかしいです。







それにポップといわれても、



どんなことを書いたらいいのやら??





そこでポップは、



編集者さんと共同で作ることになりました。