こんにちは。

カウンセラーの中越です。


ひきつづき僕の新刊、

なぜあの人は楽しそうに働くのか」、

これを売るための大作戦ブログ。



でも今日はちょっと趣向を変えて、

僕が本を書く理由を話します。



今回はちょっと熱い話です。

それでいきなりですが、

本を書くってのは儲かりません!!



印税って意外に少ないのです。


僕の場合だと一般的な30代男性の、

冬のボーナスと同じくらい。


下手すると少ないかも…。



1年近くかかって書いたので、

その時間を本業に費やせば、

もっともっとお金になるのです。



費やした時間を考えると、

正直、コンビニでバイトしたほうが、

よっぽどお金になります。



カウンセラーの僕ですらそうですから、

コンサルタントや経営者さんなどは、

もっと本業のほうが儲かります。



相当なベストセラー作家でなければ、

本を書くのは利益の非常に薄い仕事です。



何が言いたいのかというと、

本業のほうがはるかにお金になるのに、

なんでわざわざ本を書くのか?


これは恥ずかしいくらい青臭いですが、

やっぱり伝えたいことがあるからです。




一冊目の僕の本、

「今の仕事で本当に幸せになれますか」は、

「仕事を辞めてしまって自分を責めている人」、

「どうしても仕事が辛くて仕方がない人」、


そういう人に読んでもらいたくて書きました。




なので、仕事のために、

追い込まれている人のための項目が多いです。



そして今回の本、

なぜあの人は楽しそうに働くのか」は、


「もっと充実した仕事をしたいのに、

 どうしてもうまくいかない人」


「自分にはもっと可能性があるはずなのに、

 どうすればいいかわからない人」


「もっと楽しく自由に生きたいのに、

 どうしてもそれが出来ないでいる人」


そういう人のために書きました。




いや・・・・、

もっともらしいことを書きましたが、

実際は違うかもしれません。



僕は自分自身がやりたいことを見つけるまで、

仕事が辛く苦しくて仕方ありませんでした。



今の仕事を、

あと何十年も働かないといけないと考えると、

それだけで吐き気がしていました。



でも、カウンセラーになってからは、

おじいちゃんになっても働きたいです。



「昔の自分がこういうことを知っていたら、

 あんなに苦しまなくってよかったのに…」

たぶん、そう思うから書けるんです。



昔の自分と同じように苦しんでいる人に、

やっぱりなにか伝えたいことがあるんです。

それはこのブログやメルマガも同じです。



この本は完成した今200Pくらいですが、

もとは400P近くあります。



編集者さんがうまくまとめてくれました。

400Pって字数で言うと、

全部でだいたい2万字前後書きました。



400P、いや200Pでも、

それはお金や名誉目的では書けません。



プロのライターは違うのかもしれませんが、

文章の素人では伝えたいことがなければ、

書ける量じゃないのです。



それは僕だけではなく、

執筆が本業でない人の場合、

全著者がそうだと思います。




本を書く理由。





青臭くて恥ずかしいですが、

仕事で苦しんでいる人に、

伝えたいことがあるからです。




そしてその伝えたいことが、

やっと形になったのがこれなんです。



なぜあの人は楽しそうに働くのか



だからこそ、

やっぱり売れて欲しい。



というより、中古でも良いから、

たくさんの人に読んで欲しい。




本を書いた後って、

そんな気持ちになるんです。