こんにちは。

カウンセラーの中越です。


偉大な人物の中には、

偉大すぎるがゆえに死刑になる。

そういうケースが多々あります。


そしてその偉大な人の死刑が、

やりたいこと探しにとって、

とても大きなヒントになるのです。



さて、なぜ偉大な人の死刑が、

やりたいこと探しのヒントなのか?



というわけで今回は、

「死刑」の天職心理学です。



□善く働いていますか?




偉大すぎるがゆえに死刑になる。

歴史の中にはそんな偉人がいます。



ソクラテスもその一人。

この人、かっこいい人なんです。



彼はあまりに有能すぎたがゆえに、

当時の賢人たちの恨みをかいます。



そして無罪にもかかわらず、

「国家の神を信じず、

 青年を堕落させた罪」、

として死刑を言い渡されます。



彼には多くの支援者がいて、

脱獄も十分に可能。

実際に脱獄もすすめられます。


でも、自分の正義を貫くために、

あえて死刑を受け入れるのです。




そんなソクラテスが残した言葉が、


「一番大切なことは、

 ただ生きることではなく、

 善く生きることである」。



そんな言葉を残して死んでゆく。


もし脱獄してしまったら、

自分の正しさは証明されない。


それならば脱獄しないで、

死刑を受け入れてでも、

自分の正しさを証明するべきだ。


自分の正義を貫かずに、

ただ何となく生きても仕方がない。



それが彼の生き方です。

そしてそれこそが、

善く生きるということでしょう。



かなりかっこいいです。

僕にはできそうにもありません。




そして、この、


「一番大切なことは、

 ただ生きることではなく、

 善く生きることである」。




これって仕事についても、

同じことが言えると思います。



僕は20代の半ばまで、

ただなんとなく働いていました。



当時の仕事は嫌だったけど、

食うために働かなきゃいけない。



「まあ…、

 仕事なんて嫌で当然なんだ。

 仕方がないことなんだよ…。」



無理やり自分を納得させる。

そういう生き方をしていました。



朝起きて、重い気持ちのまま、

会社に行き嫌々ながら仕事をする。


嫌な仕事をしているから、

ダラダラ仕事をしてしまう。


成果なんて上がるはずないし、

充実感なんてあるはずがない。



夜遅くまで働いて、

仕事が終わっても疲れた暗い顔。

口から出るのはグチばかり。




「こんな仕事を、

 何十年も続けられるのだろうか?


 いや、このまま何十年も、

 この仕事をずっと続けたとしても、

 僕はきっと幸せになっていない…。」


そう思っているにもかかわらず、

辞める勇気すらありませんでした。



資格取るために勉強することも、

やりたいことを見つけるために、

なにか行動することもありません。




恥ずかしい話になりますが、


「自分にもコネや才能があったら、

 もっといい仕事に就けてたのに」、


そんなことをいつも考えてました。




結局、僕は、

自分では何も行動を起こさずに、

環境のせいにしていたのです。


ただ、嫌だ嫌だと思いながら、

暗い顔で会社に行き続けたのです。


僕が何もしないのだから、

僕の人生がよくなることなんて、

あるはずがなかったのです。



でも、人生を変えたいと思っても、

なかなか自分では変われない。

人間ってそんな弱さがあるものです。



だって、善く生きるということは、

多少、困難やリスクがあっても、

自分が正しいと思う道を選ぶこと。


そして正しいと思う行動を、

常に選び続けることです。

それはなかなかに難しいです。



何より、今まで普通に生きていた人が、

今までと違う生き方をする選ぶのは、

誰にとっても怖いことですからね。




僕は困難とリスクを引き受け、

自分が正しいと思った道を、

怖がりながら歩き始めました。



昔あきらめた好きなことを、

もう一度、勉強し始めて、

夢だったカウンセラーを目指す。


そんな道を、

ビクビクしながら歩きました。



そのときからほんの少し、

善く生きることが出来ました。


そこから少しずつ、

人生が変わり始めました。



すごく怖くてしかたなかったけども、

確かに困難なことも多かったけども、

一度、夢に向かって挑戦しはじめると、

あふれるほどの充実感がありました。




とはいえ、

善く生きるのは大変です。

困難やリスクもある。



だから、

ソクラテスのように、

死刑になるほど、

善く生きなくてもいい。




でも、

僕たちは人生の大半の時間を、

これから働いて過ごします。



イヤな仕事をずっと続けて、

人生の大半を苦痛にしたいですか?


それとも人生を楽しく過ごすため、

ほんの少し善く生きて、

人生の大半を充実させたいですか?




どちらを選べばいいのか、

小学生でもわかりますよね。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

善く生きてみたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/






今回のポイント

★ほんの少し、善く生きてみませんか?

★一生、苦痛な仕事で過ごしたいですか?

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/







■カウンセラー中越の著書はこちら

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記

実は今回のブログが、

新年一回目です。


新年の挨拶を書こうかと悩んだのですが、

気づいたらもう12日。

一月も半ばになってるので辞めました(笑)


本当に時間がたつのは、

あっという間ですよね。


なので挨拶は編集後記だけにします。


さて、僕の今年の新年の抱負は、

「やる気を高めるプログラムを作る!」、

これにしようと思っています。



やりたいことが見つかった、

今度はその夢をかなえるために、

有効にやる気をコントロールする方法。


そんなプログラムを作る予定です。


これもかなり新しい方法で、

面白いものになりそうです。



今年の夏くらいには完成して、

みなさんにお届けできたらと思います。


またモニターも募集しますので、

やりたいことが見つかっている人は、

ぜひモニターに協力してくださいね。



もちろん、

普通にやりたいこと探しのほうも、

がんばって支援していきますよ!



そんなわけで、

どうぞ今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


===========================