こんにちは。

カウンセラーの中越です。



僕が派遣の営業マンとして働いていたころ。

仲良くしてもらっていた先輩がいます。


いまその先輩の時給が、

とんでもないことになっているのです。


そしてその先輩の時給の話が、

やりたいこと探しにとっても、

大きなヒントになっているのです。



さて先輩の時給はどうなったのか?

なぜやりたいこと探しのヒントなのか?



というわけで今回は、

「時給」の天職心理学です。



□自分のために何をしてますか?




僕が派遣で営業をしてたころ。

とてもお世話になった先輩がいます。

その先輩とのある日の会話です。



「俺の友達にさ~、

 パソコンの資格持ってる奴おんねんけど、

 そいつの年収どれだけあると思う?」


「いくら資格があるって言っても、

 僕らの年だと500万くらいですかね?」


「そう思うやろ…。

 それが1000万近くあるらしいねん」


「ええ!?マジですか?

 僕らとほぼ同い年なんですよね。

 なんかへこんでしまいますね…。」


「そうやろ、なんかへこむやろ。

 その資格めっちゃ難しいらしいねん。

 普通の人間には絶対無理やで~。

 ほんますごい奴やんな~。」



先輩もパソコンには詳しかったので、

先輩がそういうということは、

相当、難しい資格だろうと思いました。




そんな会話をしていたのが6年ほど前。

当時の先輩の時給は1360円でした。

その先輩から先日、電話がありました。



「お久しぶりです。

 元気にしていましたか?」


「いや~、

 パソコンの資格やっと受かってさ~。


 でも未経験やから、

 派遣で経験積むねんけど、

 なんと時給2100円やで。」



「ええ!!ほんまですか?

 時給2100円なんてあるんですね!


 ・・・ていうか残業とか考えたら、

 すごい月収になってきますよね!!」


「まあ、せやな~。

 でも、景気のいいときやったら、

 もっと時給いいらしいよ。」


「いや、すごいですね。

 派遣の品格みたいですね。」



「もうあと1つか2つ欲しい資格あるねん。


 それも全部取れたら、

 ほんまに1000万くらいなるかもな~。


 とりあえずもうちょっと勉強するわ。」



ひとつ資格を取れた成功経験で、

先輩は勢いがついたみたいです。



あの先輩の勢いなら、

年収1000万円になることも、

本当にやってしまいそうです。




僕が言いたいのは、

資格を取ればいいとか、

年収1000万がいいとか、

そういう話ではありません。



先輩は無理だと思って、

あきらめていた資格に挑戦することで、

自分の人生を変え始めました。



僕はその先輩が、

仕事中こっそり勉強していたこと。

仕事帰りに勉強して帰っていたこと。


なかなか勉強がうまくいかないとき、

高いお金を自分で出して講座に通ったこと。



僕はそれをよく知っていました。

それだけに先輩の合格を聞いて、

僕もとてもうれしくなりました。



先輩は自分の力で、

自分の人生を変えたのです。



自分の人生を変えられるのは、

誰でもない、自分自身だけです。


自分が何か行動をしなければ、

勝手に人生が良くなることはない。


だから僕たちが自分自身の力で、

何かをやるしかないんです。




もし、今の仕事、人生が嫌ならば、

僕たちも自分自身で、

何か行動をしてみませんか?



僕たちが自分で行動すれば、

あなたの人生だって、

そこそこ答えてくれるはずですよ。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

自分の人生を変えたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/






今回のポイント

★自分の人生を変えられるのは自分だけ!

★だから自分自身でやるしかない!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/







■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記

先輩、

本当に年収1000万になったら、

焼肉おごってくださいね(笑)

===========================