こんにちは。

カウンセラーの中越です。


実は僕、2年ほど前から、

1年ほど空手道場に通いました。


「なぜカウンセラーが空手?」、

と思われるかもしれません。



でも、僕が空手をやることは、

やりたいこと探しにおいて、

とても大きなヒントになります。



さて、

なぜカウンセラーが空手なのか?

なぜそれが天職のヒントなのか?



というわけで今回は、

「空手」の天職心理学です。





□生きている実感!!!




実は僕、2年ほど前に、

1年間ほどでしたが、

空手を習っていました。



僕はどちらかと言えば運動音痴。

色白で線が細いタイプです。

ケンカなんてもってのほかです。



そんな僕が空手をやる。



そこにはちょっと、

きっかけがありました。



カンセラーの仕事って、

本当に体を動かさないので、

ちょっと体調を崩したのです。


ひどい肩こりからくる頭痛と、

体のだるさが続いていました。



そこで何か運動せねばと思い、

昔の会社の先輩に相談しました。



ジムでも紹介して欲しかったのですが、

先輩の言った言葉は、



「じゃあ、

 俺が行ってる空手道場くる?」


「え?いや、空手はちょっと…」


「大丈夫やって。

 うちの道場少人数やし、

 先生もめっちゃやさしいで。

 不安やったら俺も一緒に行くで。」


「いや~、、、う~ん…。

 でも、僕、自営業なんで、

 怪我できないし…」



そのとき僕は、

「空手は遠慮しときます」、

と言おうとしていたのです。



でも、そのときふと気づきました。



「スポーツをやってみたい気持ちは、

 昔から僕の中にずっとどこかにある。


 特に格闘技にあこがれる気持ちは、

 本当は学生の頃からずっとある。



 でも、自分は運動音痴だし、

 スポーツすらほとんどしたことない。



 それがいきなり格闘技?!



 ましてや空手なんて、

 みんな子供のときからはじめるもの。

 こんな年からはじめられない。


 30歳手前で子供に交じってやるなんて、

 なんか恥ずかしいじゃないか…。

 今さら空手なんて無理に決まってる。」



そう思って、

やりたいことから逃げている、

そんな自分に気づいたのです。



逃げてる自分に気がついて、

僕は考えました。



「いや、これでいいんだろうか?


 確かに空手をやらなくても、

 ほかにスポーツはあるし、

 ジムでも行けばいい。


 でも、本当は自分は、

 空手をやってみたい気持ちがある。

 恥ずかしいけどそれが正直な気持ち。



 運動音痴で不安な気持ちがあるから、

 空手をやることから逃げている。

 恥ずかしいけどそれも正直な気持ち。



 もし僕が、

 ここで空手をやらなかったら…。



 もうきっと一生やらないだろうし、

 そしたら死ぬときに後悔すると思う。




 僕はいつも相談者さんや、

 メルマガやブログの読者さんに、

 不安でも一歩踏み出すことを勧めている。



 その僕が不安だからといって、

 ここでやめていいんだろうか?


 そもそも僕は、

 カウンセラーになること以外で、

 不安な一歩を踏み出しただろうか?



 ・・・僕は、ずいぶんと長い間、

 不安な一歩を踏み出していない。

 

 このままここで、

 空手から逃げていいんだろうか?」




僕は一瞬のうちに、

そういうことを考えました。

考えたと言うより感じたのです。



「先輩・・・、やっぱり、

 今度、僕も一緒に、

 道場に行っていいですか…?」


不安で顔が強ばりながら、

そういいました。



道場に入る前から、

めちゃくちゃドキドキしました。


「やっぱり帰ろうかな…」。


何度かそう思いました。



でも、なんとか不安ながらも、

先輩に連れられ行ってみました。



そこでその日体験することは、

すべてが初めてのこと、

ましてや自分の苦手なこと。


30手前の男が、

不安な気持ちでいっぱいです。



初めてのミット打ち。

初めての空手の胴着。

初めてのサンドバッグ。

初めての組み手。

初めての「押忍!」


そして初めて出会う空手家たち。



全部初めてでドキドキです。

緊張してうまく体が動きません。

うまく挨拶も出来ません。



でも、そこには、

強烈な新鮮さがありました。



体の皮がむけて、真新しい皮膚に、

息を吹きかけられたような、

すごく強烈で激しい新鮮さでした。


ヒリヒリするほどの新鮮さです。

体の神経がすべて目を覚まします。



まさに「生きている!」、

それを強く感じさせる強烈な新鮮さ。

命が満たされるほどの新鮮さです。



イキイキとしているというのは、

こういうことかと思いました。


そういえば、

カウンセリングの勉強を始めた時も、

この強い新鮮さを感じてました。



やってみると意外なことに、

不安に思っていた問題は、

どれも取り越し苦労でした。


子供に交じることはなく、

ちゃんと大人だけの部でした(笑)




「中越さん、体やわらかいね。」


「おお!ええパンチや!

 中越さん、上達早いわ。」



30歳手前になって、

こんなちょっとしたほめ言葉で、

一日中うれしくなりました。



もう一つ意外だったのは、

50代になって空手を始めた人が、

二人もいてたことです。


その人たちも僕と同じように、

本当はずっと憧れてたけど、

不安だったのかもしれません。




結局、道場の移転と、

僕の仕事が忙しくなり、

一年ほどで辞めました。


でも、不安な中、一歩踏み出し、

空手をやったという経験は、

僕の人生にとって大きな宝物です。


これで死ぬ時に、

後悔しないですみます。




やりたいことを見つけられる人は、

やってみたいけど不安なこと。


そういうことに、

一歩、踏み出せる人です。



「不安なことに一歩踏み出す」。



その人生に対する積極的な態度が、

やりたいことを見つけるために、

もっとも必要なことなのです。




今のままの生き方では、

永遠にやりたいことは見つからない。


自分から一歩、踏み出さないことには、

永遠にやりたいことは見つからない。




それは一つの真実でしょう。




やってみたいと思う。

でも、不安でやってないこと。



あなたにもあるんじゃないですか?




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

一歩、踏み出したいけども、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/





今回のポイント

★不安だからやっていないことは?

★一歩、踏み出さなきゃ変わらない!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/







■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


この空手の話、

恥ずかしいので封印してたのですが、

やっぱり書いてしまいました(^_^;


===========================