こんにちは。

カウンセラーの中越です。



心理学の実験の中で、

ちょっと怖い実験があります。

それはミルグラム実験。



ちょっと怖いミルグラム実験が、

やりたいこと探しにおいて、

とても大きなヒントになります。




さて、ミルグラム実験とは、

いったいどんな実験だったのか?


なぜミルグラム実験が、

やりたいこと探しのヒントなのか?




というわけで今回は、

「服従」の天職心理学です。





□空気で人生決めてませんか?




心理学の実験の中でも、

ちょっと怖い実験があります。


それはミルグラムの服従実験。

ちょっと簡単に説明します。





「学習と罰の関係を調べるため、

 簡単な実験に参加してください」



そういわれてごく善良な市民が、

無作為に集められました。



白衣を着た大学教授が見守る中、

彼らは先生役と生徒役に分かれ、

「青い」といえば「箱」などの、

簡単な単語の組み合わせを覚えます。



そしてその後、

テストをするのです。



そしてここからが恐ろしい。



生徒役が間違えると、

先生役は電流を流すように、

大学教授から指示されます。




最初は15ボルト。

ほとんど痛くありません。


学習と罰に関する実験なら、

それくらいは当然。

そう思うかもしれません。




でも、答えを間違えるたびに、

電撃はどんどん強くなっていきます。



電撃スイッチの横には、

電撃の強さを表す順に、



・軽い電撃

・中位の電撃

・強い電撃

・強烈な電撃

・激烈な電撃

・超激烈な電撃

・危険 過激な減出来

・×××××××(表記なし)

・×××××××(表記なし2)



こんな表記がされています。



最初は痛がらなかった生徒役。

でも、

間違えるたび電撃は強くなる。



そして、電撃が強くなるたび、

どんどん激しく苦しみ始める。



最初は、うめき声を上げ、

次に叫び声を上げます。



電撃を流された生徒役は、


「出してくれ!もうやめる!」

「痛くて死にそうだ!」、


大きな声でそう叫びます。



それでも実験は終わりません。

あまりにもの苦痛の絶叫に、

先生役は教授に問いかけます。



「あの、教授…。

 生徒役が非常に苦しんでますよ。

 まだ続けるのですか?」



教授は淡々といいます。


「続けてもらわないと困ります。

 実験が成り立ちませんから。」



先生役は教授の指示に、

従ってしまいます。



そして先生役はさらに電撃を流し、

生徒役は何度かの絶叫の後、

もう何の反応も示さなくなります。



もう、テストをされても、

何も答えることすら出来ません…。



すると恐ろしいことに、

「沈黙は誤答になります」と、

教授はさらに電撃を加える指示。



先生役はその指示に従い、

何の反応も示さなくなった生徒役に、

450ボルトもの電撃を加えたのです。




「何の反応も示さない人間に、

 450ボルトもの電流を流すなんて、

 死んじゃってるんじゃないか…?」





そう思った人、安心してください。





実はこの実験、

すべてヤラセです。


電撃を流す先生役の人以外は、

すべてサクラです。



電撃で失神する生徒役は、

訓練を受けた役者さん。

本当は電撃は受けてません。




この実験、

「学習と罰を調べる実験」、

などではありません。



この実験の本当の目的は、

「人がいかに権威に服従するか?」

それを調べるための実験です。




「僕たち人間が、

 大学教授という権威の指示に、

 どれくらい服従してしまうのか?」


それがこの実験の真の狙いです。




当初の予想では、


「いくら権威に指示をされても、

 強い電撃を流すはずがない。

 参加者は自分の良心で判断して、

 電撃を流すのをやめるはずだ。」


多くの学者がそう予想しました。




ところが、実際には、

ほとんどの人が強い電撃を加えました。


それどころか、

無反応になった生徒役に、

450ボルトもの最大電撃を加えたのは、

全体の約3分の2もいたのです。



これは衝撃的な実験結果で、

20世紀の心理学実験の中でも、

特に衝撃的なものでした。




第二次世界大戦中、

ナチスドイツの残虐な行為は、

人が権威に従った結果、起きた。


この実験はそれを研究しようと、

権威と服従の関係を調べたのです。




この実験、本当に恐ろしいのは、

電撃を加えたことではありません。



「人間は自分でも気づかないうちに、

 権威のいいなりに行動してしまう」



本当に恐ろしいのは、

自分でも気がつかないうちに、

自分の頭で判断するのをやめて、

権威の言いなりになってることです。



冷静になって考えてみれば、

いくら大学教授の指示であっても、

強い電撃を流すのはおかしいのです。



自分の頭で判断しようとせず、

ただ、権威のいいなりに行動した。

それが恐ろしいところなのです。




「そんな権威の言いなりになるのは、

 この実験に参加した人だけ。

 自分はそんなに言いなりにならない」


そう思う人もいるかもしれません。





でも、

このミルグラム実験と同じことが、

僕たちにも言えると思います。




僕たちは自分で気づかないうちに、

何かの権威に流されるまま、

仕事、人生を決めてないでしょうか?



日本人の僕たちは、

「世間の常識」という権威の、

言いなりになってないでしょうか?



「学校を卒業したら会社員になる」

「好きなことでは食べていけない」

「この年齢では遅いに決まってる」



それらはすべて、

「世間の常識」に過ぎません。




今の仕事を続けることでは、

幸せになれないとわかってるのに、


「会社を辞めるのはリスクがあるよ。

 好きを仕事になんて無理なんだよ…」、


そんな世間の常識に従って、

いつまでも自分の人生を、

変えることが出来ないでいる。



僕たちもミルグラム実験と同じように、

世間の常識という権威に、

流されているんじゃないでしょうか?




世間の常識というのは、

いっけん、すごく正しく感じます。


世間の常識、つまり、

みんなが言ってるんだから、

正しいに決まっている。


世間の常識は、

やはり、ある種の権威です。



でも、それに従って、

自分の人生を決めてしまっては、

ミルグラム実験と同じになる。



大切なのは、権威、

世間の常識ではありません。


常識や権威が、

いつも正しいとは限りません。



ましてや、

自分自身の人生の問題とって、

なにが正しいのか?


そこには権威も常識も、

何の関係もないのです。



大切なのは、何が正しいのか、

常に自分の頭で考えること。



そしてその、

「自分の頭で考えた正しいこと」

それに従い、仕事、人生を決める。



そうでなければ、

納得できる仕事なんて、

見つかるわけがありません。




仕事を決めるというのは、

ある意味、人生を決めること。



常識や権威に流されずに、

自分の頭で考えた選択でないと、

良い人生になるわけがないのです。




さて、あなたは、

世間の常識、権威に流されて、

仕事を決めていませんか?



自分の頭で考えて、

本当に正しいと思うこと。


それに従って、

自分の仕事、人生を、

決めてみませんか?





□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

自分の頭で仕事を決めたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/





今回のポイント

★世間の常識の言いなりになるな!!

★自分自身の考えで人生を決めろ!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/







■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


とうとう9月になりますね。

でも、まだまだ暑い日が続きます。


これだけ熱いと、休みの日でも、

家から出るのが嫌になる…。


そこで、家にこもってゲームです!

プレステ3が欲しいです!!!


===========================