こんにちは。

カウンセラーの中越です。



カウンセリングをしてると、


「今の仕事がどうしても辛くて…。

 前から興味のある仕事をしたいけど…。



 でも、やっぱり家族のことや、

 経済的なことを考えると、

 仕事を辞められないんです…。」


こういう相談がよくあります。



辞めたいとは思うけれども、

家族や経済的なことを考えると、

どうしても辞められない。


これはやはり、

すごく苦しい状況です。



でも、そんなときこそ、

考えて欲しいことがあるんです。


それについて考えるのは、

天職・やりたいことを見つけるのにも、

きっと大きく役に立つと思います。



というわけで今回は、

「家族」の天職心理学です。



結婚している人は必見。


結婚していない人にとっても、

とても意味のあるお話ですので、

是非読んでくださいね。





□もし立場が逆だったら…?




「今の仕事がすごく辛くて…。

 もう辞めたいと思うんです。


 できたら好きなことを、

 仕事にしたいと思うんです。



 でも、家族のことや、

 経済的なことを考えると、

 辞めるわけにはいかなくて…。


 どうすればいいのでしょうか?」



カウンセリングをしていると、

こういう相談が非常によくあります。



そういう時に僕がよくいうのは、


「仕事が辛くて辛くて、

 どうしても耐えられないこと。

 奥さんは知ってらっしゃるのですか?」



「まあ…、

 たまにそんな話もするので、

 わかっているとは思うのですが…。


 辞めてもいいみたいなことは

 妻も言うんですけど、

 本当のところどうなのかなって…。」



すると大抵はこういう、

微妙な返事が返ってきます。



「では、

 仕事を辞めたいことについて、

 今の仕事の状況も含めて、

 奥さんと一度ゆっくり、

 話してみてはどうでしょう?」



夫婦仲が良い場合限定ですが、

こんな提案をしてみます。



「あれから妻に話してみたのですが、


『あなたが辛そうに働いてるのを見るのは、

 私としてもすごく辛いから、

 無理をしないで辞めてもいいわよ。


 大丈夫よ。

 少しは貯金もあるし、

 みんなで協力すれば何とかなるわよ。』


 そんなふうにいってくれたんです。


 辞めちゃいけないって思ってたのは、

 私だけだったのかもしれません。


 いや…、もちろん、

 家族の心配もあったけど…。


 今思うと、

 私自身が会社を辞めること、

 怖かったのかもしれません。」



こんな形で、

カウンセリングが進むこと、

非常に良くあるんです。



「辞めるわけにはいかない…!」、

そう思っているのは、

案外、自分だけかもしれません。



でも、

これって逆に考えてみると、

当たり前なんです。



だって、

自分が本当に愛する家族、

パートナーや両親が、


「家族のために、

 絶対に辞めちゃいけない…!」、


本当はやめたくて仕方ないのに、

無理をして苦しんでいるとしたら…?


そうやって無理をするあまり、

精神的に追い詰められていたら…?




やっぱり僕たちも、


「そんなに無理をしなくていいよ。

 がんばっているのはよく知ってるから、

 もう辞めてもいいんだよ。


 大丈夫。

 みんなで助け合えば、

 きっと何とかなるよ。」


そういうと思います。




僕たちは家族が辛そうな時は、

その家族のことを想い、

いたわり、愛すことができます。



でも、自分自身が辛い時、

「絶対に辞めちゃいけない…!」と、

自分に無理をさせてしまいます。



人間とは不思議なもので、

自分自身のことになると、

いたわり、愛することを、

つい忘れてしまいます。



それでは、自分自身を愛し、

自分の人生を大切にしてるとは、

言えないですよね。




カウンセリングが終わる時、

こういう方たちがおっしゃることは、

とてもよく似ています。




「自分の子供に、

 お父さんが嫌々働いてる姿を、

 見せたくないんです。


 私が家族のためっていいながら、

 毎日辛そうな顔で働いてるなんて、

 子供も嫌な気持ちになりますもんね。


 やっぱりあまりお金がなくても、

 やりがいを持って働く姿を見せるのが、

 子供のためにもなるかなと思うんです。」




これは本当に、

その通りだと思います。



親が毎日、

嫌々働いてるのを見て育てば、

「仕事ってのは嫌なものなんだ…」と、

子供の無意識にしみこんでしまう。


その子が大人になって働く時、

嫌々働くようになるでしょう。



でも、親が毎日、

やりがいや使命感を持ち、

イキイキと働いてるのを見れば、

子供はそれを真似しようとする。


そういう子供は大人になった時、

やはりイキイキ働くようになる。



子供はどんなときでも、

親の背中を見て育つのです。


心理学ではそれを、

「モデリング」といいます。


イキイキ働く姿を見せるのは、

子供への愛でもあるのです。




「辞めちゃいけない…!」と、

無理をしすぎるのをやめて、

イキイキ働けるようにする。


それは自分自身を愛すること。



そして、

自分自身がやりがいを持ち、

イキイキと働く背中を見せる。


その働く背中は、

きっと子供にも引き継がれる。



そんな背中を見せるのも、

子供への愛なんです。



まさに、

自分自身を愛せる人しか、

他人を愛せないんですね。



本当の意味で、

自分自身を愛せる人。



そういう人が、

天職・やりたいことを、

仕事にできるんですよ。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

自分自身を愛したいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/





今回のポイント

★自分自身のことも愛してみよう!!

★自分を愛する人が天職につける!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/







■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


かなり寒くなってきました。

パソコンで文章を書いていると、

すごく体が冷えてしまいます。


とはいえ、

書かなきゃ仕方がない。


そこでヨドバシカメラで、

電気座布団を買ってきました。


これは大正解!!!


おしりが温かくなると、

全身が暖まってきますね。



ストーブをつけるよりも、

安全で暖かいので、

すごく気に入っています。


===========================