こんにちは。

カウンセラーの中越です。



この世の中全体を、

幸せな働き方にすると考えるとき、

避けて通れないものがあります。



それは、

「お客さまは神様です!」、

という考え方です。




実は僕、この考え方に、

大反対なんです。


むしろ、この、

「お客様は神様」という考え方が、

世の中をダメにしてる気がします。


だから声を大にして言いたい。





「お客様は、

 神様なんかじゃありません!!」





というわけで今回は、

「神様じゃない」の天職心理学です。



今回はとても長いです。

でも、それだけ大事な話です。

ぜひ読んでみてくださいね。




□お客とお店は対等な関係だ!!!





先日、あるファーストフード店で、

明らかに理不尽なクレームをいう人を、

見かけることがありました。



誰がどう聞いても、

お客さん側に問題がある。



にもかかわらず・・・・、

その店の店員はずっと頭を下げて、

謝りつづけていました。



これってよく見かける光景。

特に接客、営業職の人にとっては、

毎日のことかもしれません。





「お金を払ってくれるお客様は、

 神様と同じ。


 だから、

 どんなことをいわれても、

 受け入れなければならない…」



そんな雰囲気が、

働く人の現場にはあります。


とくに接客、営業などの仕事は、

その風潮が強いと思います。




もしお客様に反論しようものなら、

あとで自分が上司から怒られる…。


だから、仕方なく黙って、

お客様のいうことを受け入れる…。



これって日本中、

いたるところであることだけど、

あまりにストレスが強すぎます。




実際、僕も営業マンをしてた頃、

かなり無理な要求をお客さんからされて、

とても強いストレスを感じてました。





日本の社会では、

「お客さまは神様だ」という教育が、

昔からされてきました。



確かに、

お金をくれるお客さまは、

大切にしなければならない存在。


お金を払ってくれるお客さんに、

感謝の気持ちを持つのも当然です。






でも、僕はあえて言います。






「お客さまは、

 神様なんかじゃない!!」






むしろ、この価値観、

「お客さまは神様」というものが、

日本社会をダメにしてると思います。




お金を払って、

物、サービスを買うのは、

「等価交換」に基づくはずです。



たとえば、

コンビニでお弁当を買ったとする。



もちろん、

お店はお弁当を売りたい。




でも、よく考えてみれば、

お客さんだって、

お弁当を食べたいのです。


ランチタイムにお弁当がないと、

お客さんだって困るのです。




ということは、

お客さんとお店は対等な立場。




お互いに感謝をするべきで、

お客さんだけ神様なんてことは、

絶対にありえないはずです。




「お客さまは神様です!!」


こういう接客は気分がいいから、

お客さんはお金を払うかもしれない。




でも・・・・・、

「お客さまは神様です!!」



そうやって頭を下げて、

商品を買ってもらう習慣がつくと、

お客のほうも感覚がおかしくなる。



お店の人が、あまりに何でも、

言うことを聞いてくれるから、

そのうち要求がエスカレートする。



そのうち無理な要求も増えて、

働く人のストレスは増える一方…。


これではいつか限界が来て、

会社を辞めることになってしまう。



従業員が辞めるのは、

会社にとってもマイナスなはず。


長い目で見ると、

「お客さまは神様」という考えは、

会社にとっても不利益なのです。





さらに、ここからが大事。




時として、悲しいことに、

そのストレスや無理な要求は、

他の誰かになすりつけられる。



家に帰って、

家族に八つ当たりかもしれない。


自分がお客になったとき、

他のお店で無茶をいうかもしれない。




そういう「ストレスの連鎖」、

負の連鎖があるのです。





実際、僕が営業マンだったころ、

取引先から無理な要求を言われると、

上司やお客様に怒られたくないので、

なんとかその要求に答えてました。


でも、その要求に答えるために、

今度は僕のほうが自社の下請けなどに、

無理をいっていた気がします。




いや、

下請けだけではありません…。



たぶん、当時の僕の部下たちも、

ストレスに耐えながら会社や僕の無理を、

聞いてくれていたのかもしれない…。




当時はサラリーマンだったので、

仕方がないのかもしれませんが、

思い出すと情けなくなります…。




今、僕が思うのは、

こうやってストレスの連鎖、

ストレスの悪循環が起きている。


雪だるま式に増え続ける、

「働く人のストレス連鎖」・・・。



それが、働く人のストレスの、

とても大きな一因だと思うのです。





もちろん、

お客さんに感謝するのは、

とても大切なことでしょう。


感謝の気持ちもなければ、

気持ちよく働けません。




でも、それでも、

「お客さまは神様ではない!!」



だから、

無理な要求をのむ必要はないし、

無理なクレームも聞く必要はない。



まずは、働くみんなの意識、

お客さんの意識を変えること。


働く人とお客さんが、

ちゃんと対等な関係になること。



それが働く人のストレスを、

大きく減らすことになる。




世の中のみんなが、

幸せな働き方をするためには、

そういう社会の変化も必要なのです。




これを読んでおられる、

経営者のみなさま。


お客様の神様あつかい、

やめてみませんか?




そのほうが、

従業員のストレスは減り、

モチベーションは上がるはず。



それは結果として、

会社の利益も上がるはずですよ。



働く人がストレスだらけでは、

会社の経営なんて、

うまくいくわけないですからね。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★お客さまは神様ではない!!

★対等な関係が一番いい!!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記



今回の記事、

働く人のストレスの連鎖は、

昔からずっと書きたかったもの。


このことは

サラリーマンの時からずっと、

心の中で思っていたのです。



だから、僕が独立するときは、

「お客さまを神様扱いしない!!」、

そう心に決めていました。


たとえお金がない時でも、

無理な仕事や要求はちゃんと断る。

それって大事だと思うのです。



どちらか一方が優位な関係は、

実は長い目で見たとき、

お互いに不利だと思うのです。


ガマンして無理を聞いていては、

いつか必ず関係が破たんします。



だから、

ハッピーキャリアはどんな時でも、

相談者さんと対等な関係。



相談者さんの無理な要求を聞いて、

カウンセラーがストレスでいっぱいでは、

笑い話にもなりませんからね(笑)



===========================