こんにちは。

カウンセラーの中越です。



天職・やりたいことについて、

フレッド・ヘグナーという人が、

とても良い名言を残しています。


この名言を知ってもらうことは、

天職探しの大きなヒントになるはず。



そこで今回は、

その名言を紹介します。



さて、

フレッド・ヘグナーの名言とは??



というわけで今回は、

「神様」の天職心理学です。




□辛すぎても楽すぎてもダメ!!!




天職・やりたいことについて、

とてもうまく表現している、

こんな言葉を見つけました。



フレッド・ヘグナーの、

名言です。




「辛すぎてもいけないし、

 気楽過ぎてもだめだ。


 神が望んでいるのは、

 あなたが一番楽しいと感じ、

 社会が必要としていることなのだ。」




これってまさにその通り!!




いくら社会の役に立つ仕事でも、

自分自身が楽しめていないのなら、

そこにやりがいは見出せません。



いくら自分の好きなことでも、

世の中の倫理に反する仕事では、

後ろめたさを感じてしまいます。




いくら好きな仕事であっても、

あまりに過酷な労働環境では、

仕事を楽しむことはできません。



いくら条件のいい労働環境でも、

そこに楽しさ、やりがいがなければ、

働くことにむなしさを感じます。




だから、

フレッド・ヘグナーのいうとおり。




「辛すぎてもいけないし、

 気楽過ぎてもだめだ。


 神が望んでいるのは、

 あなたが一番楽しいと感じ、

 社会が必要としていることなのだ。」




自分の好きなこと、楽しいことで、

無理なく自分に合った働き方をする。

そして、社会の役に立つ仕事をする。




これが天職なのだと思います。




でも、この話を聴いても、

大抵の人は、


「そんなの無理に決まってるよ…。

 特別な才能か運命の人しか、

 そんなことは実現できないよ…。」


そう思ってしまうでしょう。




正直いって、

そう思ってしまう気持ち、

僕にもとてもよくわかります。




僕自身、

カウンセラーになる前。



20代半ばで仕事で悩んでいたころ、

「そんなの無理に決まっているよ…」、

といつも思っていましたからね。




人間というのは、

とても弱い生き物です。



だから、高い理想を見ると、

つい腰が引けてしまいます。




そして、


「好きなことで人の役に立つなんて、

 どうせ無理に決まっているよ…」


そういう気持ちで足がすくみ、

動けなくなってしまいます。



そうやって足がすくむ弱さも、

人間の本質の一つだと思います。




だから、高すぎる理想を、

目指さなくてもいい。



足がすくむ自分の弱さを、

否定しなくてもいい。




好きなことで、

人に喜んでもらう仕事をする。



そんなことはすぐできなくていい。



でも、ほんの少し、

自分の興味あること、好きなこと、

ちょっとだけ楽しんでみる。



子供のころ憧れていた仕事。

今現在、ちょっと興味あること。



音楽でも、デザインでも、

自然に関わることでもいい。



そういうことを、

少しでいいから楽しむ時間を持つ。



そういう時間を持つことが、

人の心や精神を豊かにします。



そしていまより豊かになって、

余裕ができた心や精神なら、

理想に向かう勇気も出てくるはず。




だから、高すぎる理想を、

目指さなくてもいい。



足がすくむ自分の弱さを、

否定しなくてもいいのです。




ただただ、純粋に、

好きなこと、興味あることを、

子供のように楽しんでみること。




それが理想的な働き方への、

第一歩になるはずですよ。



□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★理想を追ってこそ天職・やりたいこと!!

★まずは純粋に楽しむことから始める!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


自分のサイトが、

どう表示されるか知るために、

ipadを買いました。


実際につかって気づいたのは、

仕事に使うには不便だけども、

日常で使うならこれで十分。


これはみんなパソコン使わないわ、

と思わされました。


うちのサイトもスマホや、

タブレットで見ている人が、

かなり多いみたいですね。


う~ん、時代は変わりますね。


===========================