こんにちは。

カウンセラーの中越です。


実は先日、

4年ほど前のプログラム受講生から、

その後の報告をいただきました。



メールセミナーで紹介してるように、

報告をくれる方はたくさんいますが、

この方のはあまりに「見事!」と

思ってしまう内容でした。



自分のやりたいことを、

着実に前に進めていくこの人の姿は、

きっとみなさんにも役立つはず。



なので今回はその方の報告を、

みなさんに紹介したいと思います。



というわけで今回は、

「見事!」の天職心理学です。




□行動し続けるから結果が出る!!




今回はプログラム受講生さんで、

4年かかって夢を叶えた方の報告を、

みなさんに紹介したいと思います。



どんな努力をしてやりたいことを見つけ、

どうやってその仕事につけたのか?


それを知ることはきっとみなさんにも、

役に立つと思います。



それではさっそく、

その方の報告を紹介したいと思います。



※基本的に原文のままですが、
守秘義務のため多少改変しています。



===============================



中越様

ご無沙汰しております。
4年ほど前に、プログラムを受講したHと申します。


その節は、質問にもご丁寧にご回答いただき、
ありがとうございました。

その後もメールセミナー、
楽しく読ませていただいております。


今回、こころが満足できる仕事というコラムを拝見し、
本当にその通りだなと思ってご連絡させていただきました。


プログラムを受講して、私は結局のところ、
自分の好きなものは何か、見つけることができませんでした。


でも、「なりたい自分とか、こういう仕事がしたい」、
という漠然としたものは見つかって、じゃあそれを達成するためには、
どういう仕事があるんだろう?と考えに考えて出した答えは、
「雑誌の編集」でした。


そして今、出版社で編集者として働いています。



20代後半で未経験の転職。


アルバイトからの入社で給料もかなり下がって(笑)、
同職種での再度の転職も経験して、
やっと今の会社で契約社員に昨年末なることができ、
それなりのお給料をもらうことができるようになりました。


徹夜も多く、人間的な生活をしていないと言われますが、
それでも自分が手掛けた本が書店に並ぶのを見ると、
本当にやっててよかったという気持ちになりますし、
自分が書いた記事が、どこかで誰かのために
なっていたらいいなといつも思います。



年齢にしては経験が浅く、
新卒と同じ土俵で働くのもなんだか居づらいし、悔しいし、
・・・先輩にはあなたには向いていないし、この仕事は無理。
と厳しいことを言われ、精神的に悩むことも多いですが、
上司に恵まれ、今期からは私が働きやすい環境を作っていただき
今は編集というものについて一から勉強させてもらっているという、
贅沢極まりない状況です。


個人的には、努力は結果を残さなくては徒労に終わると思うのです。


だからこそ、未経験というハンデを乗り越えるために、
人一倍努力をして、ステップアップをしなければならないという
プレッシャーを自分自身にかけていますが、うまくいかないこと、
思ったように行動できないことの方が多くて・・・


そうやって悩むことの繰りかえしですが、
転職しなければよかったと思ったことは一度もありません。


本当に、今いる環境にめぐり合えたこと、
この仕事!と思える職業にめぐり合えたのは
中越様のこのプログラムにあったのだなと、思っています。

感想というより、私の近況報告になってしまいましたが(汗)
どうもありがとうございました。


これからもメールセミナー楽しみにしています。



===============================



う~ん、まさに「お見事!」、

としかいいようのない報告です。



うちのプログラムでは、

漠然とした方向性しか見つからなかった。


でも、そこであきらめることなく、

自分の頭で考え、試行錯誤して、

雑誌の編集者という「この仕事!」、

と思えるものを見つけられた。




収入が大幅に下がっても、

地道にアルバイトからスタートした。



同職種で転職もして、

新卒と同じ土俵で居づらく悔しい思い、

先輩からの非常に厳しい言葉。




そういう辛い状況の中でも、

努力するからには結果を残そうと、

決してあきらめることがなかった。



そういう大変ない思い、

あきらめずに努力つづけたからこそ、

自分で贅沢極まりないと思える、

素晴らしい仕事環境にたどり着けた。



Hさんは、


「本当に、今いる環境にめぐり合えたこと、
この仕事!と思える職業にめぐり合えたのは
中越様のこのプログラムにあったのだなと、思っています。」


こんなうれしいことを、

おっしゃってくれてます。




でも、僕はけっして、

僕やうちのプログラムのおかげで、

いまのHさんがあるのだと思いません。



もちろん、

僕とのメールのやりとり、

プログラムもある程度は、

役に立ったと思います。



うちのプログラムで、

漠然とでも方向性が見えたのは、

大きかったかもしれません。




でも、やはり僕自身が感じるのは、


「Hさんが自分の頭で考え、

 試行錯誤を続けたこと。


 そしてなにより、

 努力するからには結果を残したいと、

 過酷な状況でもがんばり続けたこと」


この2つがあったからこそ、

いまのHさんがあるのだと思います。




もちろん、みんながみんな、

Hさんのようにがんばれるとは、

僕も思っていません。



しんどい時は、

泣き言を言ってもいい。



疲れきったときは、

思い切って休んでもいい。



どうしても無理なときは、

あきらめることだって悪くない。




でも、まずは漠然とでもいいから、

やってみたいこと、挑戦したいこと。

そこに思い切って一歩踏み出してみる。



Hさんのようになるには、

一歩踏み出すことからしか、

絶対にはじまらない。




まずはアルバイトから、

挑戦したHさんのように、

僕たちも一歩踏み出しませんか?






今回のポイント

★努力を続けたから今がある!!

★まずはアルバイトからでも!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


あいかわらず『半沢直樹』に

ハマっています。


堺雅人って怒鳴る役もできるのかと、

改めて尊敬しました。


===========================