こんにちは。

カウンセラーの中越です。



お釈迦様の言葉に、

鉄から出るサビについての、

言葉があります。



そのサビについての言葉が、

満足して働くためには、

とても重要になってきます。



そしてその一言は、

天職・やりたいこと探しにも、

大きなヒントになっています。




さて、お釈迦様の、

サビについての話とは一体?



というわけで今回は、

「サビ」の天職心理学です。





□グチは何かの合図かも!?




お釈迦様の言葉に、

鉄から出るサビについての、

言葉があります。




その言葉とは、



「サビは鉄から出て、

 鉄を腐らせ、


 不平は人から出て、
 
 人をほろぼす」



というもの。




なるほど。

たしかにその通り。



鉄から出たサビは、

鉄自身を腐らせる。


人も自分の口から出る、

グチによって滅びる。




不平不満ばかり言う人って、

何をやってもうまくいかない。


そんなイメージが、

ありますもんね。



不平不満、グチというのは、

人を滅ぼすのかもしれません。




不平不満があるときは、

どうしてもやる気が出ない。



やる気が出ないときは、

もちろん結果も出ない。



結果が出なければ、

もっと不平不満が出る。



そんな悪循環になって、

いつか自分を滅ぼしてしまう。



とはいえ、


「不平不満、グチなんて、

 言うもんじゃない!


 みんな我慢してるんだから、

 もっと前向きに頑張れ…!」
 


というのも、

やはり違和感があります。




不平不満をいわない、

グチを一切いわない人なんて、

人間にはとても無理なこと。



誰だって働いていれば、

多少の不平不満は、

口に出て当然でしょう。




どんな鉄だって、

雨に濡れれば、

多少はサビが出る。




それは自然の理です。




人間だって同じで、

多少はグチをいうのも、

自然の理です。



「グチをいうなんて、

 我慢が足りないんだ!」


これは、

あまりにかわいそう。




多少のグチは、

あっていいのです。




大切なのは、

自分の心を腐らすほどの、

不平不満かどうか。




あまりにたくさんのサビは、

鉄を腐らせてしまう。




鉄をサビから守るには、

雨が当たらないように、

環境整備が大切です。



サビが出ないように、

雨が当たらない場所に、

鉄を移動させる。



そういう環境整備が、

鉄を守るのです。



ある意味、サビが出るのは、

環境が鉄に合ってないという、

合図なのでしょう。




人間もそれと同じ。




心が腐ってしまうほどの、

不平不満があるとき。



いまの働く環境が、

自分に合っていないという、

合図なのかもしれません。




不平不満やグチを、

無理に抑え込む必要はない。



無理をして我慢しても、

いつか必ず爆発してしまう。



無理して我慢するくらいなら、


「グチをいわずにすむように、

 仕事そのものを変えてみる」




心が腐ってしまい、

自分自身を滅ぼすくらいなら、

そのほうがいいかもしれません。




仕事で不平不満が、

どうしても止まらないとき。


それは、

大きく働く環境を変える、

合図かもしれませんね。




自分の心を腐らさない。



そういう環境へ、

自分から移っていくことも、

自分を守ることなんですよ。



□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★多少のグチはあってもいい!!

★グチはなにかの合図かも!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


今週の

ヘビーローテーション。


「去年まで~

 笑ってみてた~

 虫コナ~ズのCMに~

 気がつけば~ 出てる~」


これがめっちゃ

頭の中に流れてる。



===========================