こんにちは。

カウンセラーの中越です。



仏教の昔話に、

面白い話があります。



それは、

馬を引く男たちの話。



この面白い話が、

天職・やりたいこと探しにも、

大きなヒントになってます。



さて、その面白い話とは、

いったいどんな話なのか?



そして、どんなふうに、

天職・やりたいこと探しの、

ヒントになっているのか?



というわけで今回は、

「批判」の天職心理学です。





□どうせ何をしたって!!




仏教の昔話に、

こんなものがあります。



=================


仕事を終えた父と子が、

馬を引いて家に帰っています。



それを見た通りすがりの人が、


「馬の背が空いているのに、

 誰も乗らないなんてバカだな~」


といいました。



それを聞いた息子は、

父を馬の背に乗せました。



すると今度は、

別の人とすれ違い、


「子供も疲れているのに、

 かわいそうに…」


と批判的にいいました。



それを聞いた父親は、

あわてて息子を馬に乗せて、

自分は歩こうとしました。



するとまた別の人が、


「父親を歩かせて、

 自分は馬に乗るなんて、

 なんて親不孝なんだ」


と批判的にいいました。



それを聞いた息子は、

あわてて馬を飛び下りて、

父親と相談します。



今度は二人とも馬に乗り、

家に帰ることにしました。



すると、また別の人が、


「一匹の馬に、

 二人も男が乗るなんて、

 馬がかわいそうだろう」


といいました。




困り果てた父と子は、

二人で馬を背負って、

家に帰ろうとしました。



それを見た別の人たちは、

大声で笑いました。



================




バカバカしいけども、

よく出来た話ですよね。



結局、

どんなことをしても、

批判する人はいる。



人の批判を気にして、

それに振り回されていると、

おかしなことになってしまう。



それをこの昔話は、

教えてくれているのでしょう。




そしてこれって、

天職・やりたいこと探しにも、

同じことがいえると思います。




やりたいことが見つからないと、


「お前は何も夢がないのか。

 そんなことだからダメなんだ。

 面白味のない人生だ」


といわれてしまいます。




かといって、

本当にやりたいことを言うと、


「そんな夢みたいなこといって。

 いい歳してしっかりしろ…!」


といわれてしまいます。




では、いまの仕事を続けながら、

やりたいことを見つけるというと、


「そんな中途半端なことでは、

 何をやってもうまくいかないぞ」


といわれてしまいます。




結局、

なにをしたところで、

批判する人はいるのです。



人の批判を気にしては、

何もできなくなってしまう。



それなら、いっそのこと、

人の言うことを気にしない!



人の批判に振り回されず、

自分が正しいと思う道を、

思い切って進んでみる。




ときには、

人の批判を無視するのも、

大事なことなんですよ。



□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★人は何でも批判する!!

★批判は無視しよう!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記



昨日はちゃんと、

ウォーキング、ジョギングをした。

珍しいこともあるもんです。



===========================