こんにちは。

カウンセラーの中越です。



僕が若いころ流行った言葉で、

これは罪な言葉だと思うものが、

あるんです。



ずいぶん昔にできた言葉なのに、

なかなか消えない言葉です。




この言葉はがあるせいで、

人の評価を気にするように、

すごくなったと思います。



そして、その言葉は、

天職・やりたいこと探しにも、

とても大事なものです。



さて、その言葉とは、

いったいどんなものでしょうか?



というわけで今回は、

「罪な言葉」の天職心理学です。




今回はちょっと、

きつい内容かもしれません。

気になる方だけ読んでください。





□総合的にイケてます?




僕が高校生くらいの頃、

つまりもう20年も前のこと。



「イケてる」って言葉が、

できました。




イケてる男子はイケメン。




よく考えると、

なんとも安易な言葉ですが、

いまでも使われてます。




単純に男前だと、

イケメンかというと、

そうでもありません。



いくら男前でも、

借金があったり変な性癖だと、

イケメンではありません。



イケてるとは、

なんともよく出来た言葉です。



人間を総合評価して、

イケてるか、イケてないのか。




ものすごい美形男子でも、

無職だとイケてない。



美人なキャリアウーマンでも、

結婚して子供がいないと、

イケてる40代女性じゃない。




容姿、結婚、収入、性格など、

あらゆる社会的評価を含めて、

イケてるかどうか判断される。



そして最終的には、

なんとなくの感覚として、

イケてる、イケてないとなる。



感覚としての、

その人への総合的な評価、

それがイケてる、イケてない。



だから、

自分がイケてるのか、

ものすごく気になるのです。



総合的にダメなのだから、

イケてないと評価されるのは、

かなり酷なことです。




一人の人間を、

総合的に評価する言葉なんて、

こんな恐ろしい言葉ありません。



他人から好かれるかどうかの、

境目になる言葉なのですから。



なにか長所があったとしても、

総合して好まれる人間ではない。

こんなに怖いことありません。




だから、

自分がイケてるかどうかは、

自己評価につながるのです。





容姿、結婚、収入、性格など、

すべて持ってるイケている人は、

やっぱりうらやましい。



容姿、結婚、収入、性格など、

見事なまでにイケてない人は、

可哀そうにすら思います。




「あんな風になりたくない…」、

なんて思ってしまう。




若いころは、

特にそう感じました。




僕自身の中の、

嫌な部分だと思います。




でも、大人になると、

少し感じ方が変わってきます。



それは、人の人生なんて、

ほんの小さなことの積み重ねで、

大きく変わると知るからです。



「あの時のあれが、
 
 もしちょっと違ったら…。


 僕の人生も、

 ボロボロだったかもしれない」




僕の人生の中でも、

そう思うことが、

いくつかあります。




生まれや育ち、事故や病気、

たった一冊の本や人との出会い、

ほんのちょっとしたタイミング。




偶然としかいいようのない、

ほんの小さな出来事が、

人生に大きな影響を与える。



そしてそれは、自分の力では、

どうにもできないことの方が、

多いように感じます。




大人になると、

そのことを知ってしまいます。




すると、他人の人生に対して、

総合的にイケてないなんて、

とても思えなくなってしまう。



だって、ほんのちょっと違えば、

自分がそうなっていたとしても、

全くおかしくないのですから。



それに、この先の人生、

自分がいつ同じようになっても、

全くおかしくないのですから。




性格だって同じです。



人が歪んだ性格になる。

その最初の最初の分岐点は、

ほんの小さなきっかけです。



本当に小さな小さな、

ただのきっかけなのです。



そして、

その小さなきっかけは、

ただの偶然なことが多いです。




そんな小さなきっかけが、

もし自分にも起きていたなら、

僕も大きく歪んだかもしれない。



そう考えると、

人の性格なんて責めらない。




「あんなに歪んで可哀そう。

 あんな性格、イケてない」、


なんてことは、

とてもいえないのです。




努力できる性格の人。

努力できない性格の人。



そんなことすら、

根本をたどってしまえば、

小さなきっかけの違いでしょう。





そう思うと、

誰かの人生に対して、

可哀そうとかみじめだとか。



そんな気持ちは、

ほとんどなくなりました。



ただ、ほんの少し、

小さなきっかけが違った。

それだけのことなのだなと。




正直に言うと、いまでも僕は、

イケてないになりたくない。



できれば、

イケてる側になりたい。




でも、変わったのは、

イケてないからといって、

自分をダメだとは思わない。



もし自分が見事なまでに、

イケてなくなっても、

総合的にダメとは思わない。




そう変わったと思います。




それは、

人間に対する評価の基準が、

大きく変わったのでしょう。



いや、評価すること自体が、

なくなったのかもしれません。



「人間の人生なんて、

 ふとしたきっかけで、

 大きく変わってしまう。


 だから、

 人の人生を評価なんて、

 できるわけがない」



だから、自分の人生も、

評価する必要がないのです。




さて、

天職・やりたいこと探しにも、

これは大きくかかわっています。




「好きなことに挑戦して、

 もし失敗してしまったら、

 イケてない人生になるかも…」



そう思うと怖くなって、

なにもできなくなります。



でも、成功や失敗なんて、

ちょっとしたきっかけで、

大きく左右するもの。




だから、

成功や失敗などを基準に、

人を判断できません。



成功しようと失敗しようと、

人間の本質にはそれほど、

大きな違いはないのだから。




そう考えてみると、

好きなことに挑戦するのも、

少しは怖くなくなるはず。




イケてるとか、イケてないとか、

そんな判断基準をやめたとき、

やりたいことが見えてきますよ。



□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★人間なんてそんなに変わらない!!

★人も自分も評価なんてしない!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


今回の記事は、

長くなってしまいました…。


もう少しコンパクトな方が、

読みやすいとはわかってるけど、

短く書くのは難しいですね。


ついくどくど書いてしまう。

来週は短くしよう!



===========================