久しぶりに本を発売します。

今回は不思議な本になったなと。



とにかく時間をかけて、

書かせてもらえた。

なんと2年以上かけて書いた。



タイトルは、


『絵本を読むと

 天職が見つかる』








三年寝太郎とかわらしべ長者とか、

みんなよく知ってる昔話や絵本。


それを心理学的に読み解いて、

働き方について考える。



三年寝太郎が精神疾患とか、

わらしべ長者は直感的で、

何も考えてないとか。


普通に読み物として面白い。



自分ではそう思っているけど、

世間はどんな反応なんだろう?

本当にドキドキします。




今回で4冊目の出版。




いつも本を出す時は、

うれしさ半分、

恥ずかしさ半分です。



知らない人に読まれるのは、

全然、恥ずかしくない。



でも、家族や友達など、

身内に読まれるのは、

かなり恥ずかしいのです。




とはいえ、今度の本こそ、

たくさん売れて欲しいので、

みなさん本屋で見かけたら、

ぜひ読んでみてください。