こんにちは。

カウンセラーの中越です。



いつのころからか、


「自分探しなんて、

 カッコわるい…」


そんな風潮があります。




「自分探しなんて、

 ただの時間の無駄だ!


 そんなことをしてたら、

 歳だけ取ってしまって、

 取り返しがつかないぞ!


 アホなことしてないで、

 生産的なことをしろ!」




そんな感じで今の時代、

「自分探しは悪だ!」という、

雰囲気があります。



でも、あえて僕は、

この考えに反論したい!



むしろ、今こそ、

自分探しをやるべきだ!



若い人だけではなく、

中高年にとっても、

自分探しって大事だ!




というわけで今回は、


「そんなに

 自分探しは悪ですか?」。




さて、

一緒に考えてみませんか。



今回は本当に長いです。

ゆっくり読んでくださいね。





□自分で考えた答えってある?



20年ほど前ですが、

僕が高校生くらいの頃、


「自分探しは大切」、


そんな雰囲気が、

世の中にありました。




でも、今の世の中は、


「自分探しなんて、

 カッコ悪い…」


そんな雰囲気が、

圧倒的だと思います。




「自分探しなんてすると、

 歳だけ食ってしまって、

 定職につけなくなるぞ!」



「自分探しなんてのは、

 働きたくない若者の、

 甘ったれた考えだ!」



今の時代、

自分探しをする人は、

まるで悪人のような扱い。




でも、自分探しとは、

本当にそんなに、

悪いことでしょうか?




そこで、

僕はあえて言いたい。




今の時代だからこそ、

自分探しは大切なのだと。



若い人だけではなく、

中高年の人にとっても、

自分探しって大事だと。





というのも、

昔と違って社会の形が、

本当に柔軟になりました。



「何歳で結婚するのか?」

「何の仕事をするのか?」

「子供は何人産むのか?」

「家庭と仕事を両立か?」




こういう人生の問題は、

昔は社会の暗黙の了解で、

なんとなく決まってました。




「20代半ばで結婚し、

 大企業に一生勤めて、

 子供は3人育てる。


 男は外で仕事をし、

 女は家庭を守るもの」




そんな暗黙の了解を、

昔はかなりきっちり、

みんなが守っていた。




でも、今の時代、

何歳で結婚するかなんて、

本当に人それぞれです。



結婚する年齢なんて、

20代前半の人もいれば、

30代後半の人も普通にいる。



もっというと、

何回も結婚する人だって、

もう珍しくありません。



一生、

結婚しないのだって、

その人の自由です。




仕事だって同じです。




僕が20代前半のころは、


「高校、大学を出たら、

 できるかぎり大きな会社で、

 ずっと一生勤めあげる」


それが当たり前というか、

それ以外は周りが許さない。

そんな雰囲気がありました。



15年くらい前なら、

会社を辞める若者なんて、

かなりの異端児でした。




でも、今は20代の転職なんて、

本当に珍しくもありません。




結婚も仕事もそれ以外も、

世の中の暗黙の了解が、

ずいぶんとゆるくなった。




それはある意味、

「自由な世の中になった」

ということなのでしょう。





でも、それは裏を返すと、


「仕事も結婚もそれ以外も、

 人生のあらゆる局面で、


 自分の人生の選択を、

 自分で考え自分の答えを、

 出さなきゃいけない。」


そういう世の中に、

なったということです。




「何の仕事をするのか?」


そんなことは、

自分で考えるしかない。




「何歳で結婚するのか?」


結婚の世話役なんて、

今は誰もしてくれない。




「家庭と仕事を両立か?」


その時々の状況に応じて、

自分で決めるしかない。




人生のいろいろな問題。

親の介護も離婚も不登校も、

自分で考えて答えを出す。



世の中が自由になるとは、

それだけ自分で考えることが、

多くなるということなのです。




だから、自分なりの答えを、

たどたどしくても考えていく。

それしかないのでしょう。




そして、答えなどない、

人生のいろいろな問題に、

自分なりの考え方を持つ。



迷い悩みながらも、

自分の生き方を見つける。




本当の自分探しとは、

そういうことなのです。




つまり、自分探しとは、

「自分の考え方を持つこと」、

なのだと僕は思います。





そして、

ここからが大事です。



自分の考えを持つには、

やはり参考になる考え方が、

必要になってきます。




「他の人が結婚に対して、

 どんな考えをしてるのか?」


「他の人が仕事に対して、

 どんな考えをしてるのか?」


「他の人が子育てに対して、

 どんな考えをしてるのか?」




いろんな意見を参考にして、

そこから自分の考え方を、

作り上げていきます。




「Aさんの考え方は、

 ちょっと極端だよな…。


 でも、Bさんの考え方も、

 なんか私には合わない。


 バランスを取って、

 その中間くらいが、

 私には丁度いいかな~」




僕達人間は、

そうやって自分の考えを、

作っていくのです。



いろんな人の考えを学ぶ、

吸収していくというのは、

そういうことなのでしょう。




でも、このとき、

このほかの人の考えの、

サンプル数が少なすぎると、

どうしても偏った考えになる。



つまり、いろんな人の、

いろんな意見を知らないと、

考えが偏ってしまうのです。




現実のところ、僕達は、

身近な親や友人、同僚など、

たった十数人程度の人としか、

深く関わる機会がありません。



実は、普通に生きていると、

他の人の考え方なんて、

滅多に知る機会がありません。




だから、

実はほとんどの人が、

多少、偏った考えをしてます。



もちろん、

僕自身もふくめて。





でも、人生の問題で、

本当に悩んでいるときは、



「今までの、

 自分の生き方、考え方では、

 打開できない局面である」


ことがほとんどです。



うまくいかないときは、

別の考え方を取り入れる。

それってやっぱり大事です。




だから、いろんな人の、

いろんな生き方、考え方を、

学び、吸収していくこと。



それは本当に大切です。




そうなってくると、

海外の文化や考え方を知る。

それもやっぱり大切です。



いろんな本を読んで、

いろんな考え方を吸収する。

それもやっぱり大切です。




会社員だけではなく、

自営業者の友達を作る。

それもやっぱり大切です。




そうでなければ、

結婚、仕事に、子育て介護。

さらには離婚に親子関係…。



そういう問題について、

広い視野と柔軟な思考なんて、

持てるわけがありません。



やっかいな人生の問題に、

自分なりの答えを出すなんて、

できるはずがありません。




だから、若人だけでなく、

30代の中堅世代、

それ以上の中高年にとって。



自分探しって大事なのだと、

僕は思うのです。



だって、

仕事や結婚だけでは、

ないのです。




「子供に受験させるのか?」

「親を老人ホームに入れる?」

「夫が浮気してるかも…?」



そういうことだって、

いずれは自分自身の頭で、

考える時が来るのです。




だから、

いろんな国の、いろんな人の、

いろんな職業の、いろんな性別の、

いろんな年齢の考え方を知る。




いろんな考えを知ることで、

自分の考えが見つかってくる。



僕達人間はそうやって、

自分なりの生き方、考え方を、

作り上げていくのですから。




親や友人、同僚など、

身近な十数人としか、

深く関わる機会がない。



それでは、

視野が狭くても、

当然なのです。






僕自身は20代前半で、

何度も転職を繰り返して、

職を転々としました。




当時は、本当に、

つらい経験でした。




でも、いま思えばこのことは、

いろんな人や考え方と出会い、

視野を大きく広げました。



少なくとも、

働くことについては、

視野を広げてくれました。



これも一つの、

自分探しだったのかなと、

今となっては思います。




昔と比べて、

いまは仕事や結婚など、

ずいぶんと自由になった。



介護に子育てなども、

ずいぶん暗黙の了解が変わった。




だからそのぶん、

人生のいろんな問題を、

自分で考える必要がある。



自分の考えを持てないと、

そういう人生の問題に、

答えを出せなくなる。




今は昔よりも広い視野や、

より柔軟に考える力が必要。



そのために、

いろんな人の考え方を知る。



そういうことが、

どうしても必要です。




自分探しっていう言葉は、

ずいぶんイメージが悪いけど、

本当はそういうことなのでは、

ないのでしょうか?




だから、いまは、

若い人だけに限らない。



全年齢の人にとって、

自分探しが大事な時代。



僕自身は、

そう考えてます。




さて、それでも、

自分探しは悪ですか?



人生の節目、節目に、

自分自身を振り返ること。



転職や結婚、病気を機に、

自分の生き方、考え方を、

深く考え直したくなる。



長い人生に、一回や二回。



誰にでもそういう時期が、

訪れると思います。




そんなとき、

他の国や文化、

違う職業の人たち。


いろんな人たちの、

いろんな考えを知ること。




大切だと、

思いませんか?




みなさんは、

どう考えるでしょう?




一緒に考えてもらえると、

嬉しいです。






□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★自分で考える習慣が大事!!

★やっぱり視野を広げたい!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


今回のコラム。

どうなんだろう?


たくさん書いたクセに、

自分でもなんかモヤモヤ(笑)



===========================