こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「好きなことを仕事にする

 やりたいこと見つけたい」


それを考えたときに、

ほとんどの人がぶつかる、

大きな壁があります。



その壁について、

ちゃんと知っておくことは、

天職探しの役に立つはず。




さて、

みんながぶつかる壁とは、

どんな物だと思いますか?




というわけで今回は、

「一目置く」の天職心理学です。



今回は長いですが、

とても大切な問いかけです。

ぜひ読んでみてください。






□貧乏な人を見下しますか?



さて、まず一つ質問します。



「あなたは、

 お金がない人のことを、

 惨めな目で見ますか?



 やりたいことに挑戦して、

 うまくいかなかった。

 そんな人を見下しますか?」





「天職と思える仕事をしたい

 やりたいこと見つけたい」



そう悩んだときに、

ほとんどの人がぶつかる壁。



それは、


「好きなことに挑戦して、

 失敗して貧乏になったら、

 他人から見下されるのでは…」


というもの。




お金がないのは辛い。

それはみんな知ってます。



でも、お金がなくて辛いのは、

物が買えないからだけでない。



お金がなくて本当に辛いのは、


「こんな貧しい生活をして、

 周り人たちから、

 惨めに思われないか…


 好きなことに挑戦して、

 失敗して貧乏だなんて、

 人から見下されるのでは…」


そういう不安があるからです。




マザー・テレサは、


「人間にとって耐え難い苦痛は、

 飢餓や貧困や伝染病ではない。

 それは孤独である。」


と言ってますが、

まさにその通りだと思います。



もちろん、

物を買えないのも辛い。

我慢ばかりになりますから。




でも、本当に辛いこと。


それはお金のことで、

周りから惨めに思われる。

他人から見下されること。


もしかすると、それも一つの、

孤独なのかもしれません。




実は僕自身も、

カウンセラーになるとき。



「カウンセラーになっても、

 貧乏な生活をしていたら、

 惨めに思われないか…」



そういう不安を感じることが、

ずっとありました。




もっと正直に告白すると、

カウンセラーになってからも、

そんな不安はずっとありました。



「今は食べていけてるし、

 たくさん依頼をもらえてる。


 でも、もし、

 食べていけなくなったら、

 周りから見下されるのでは…。


 天職探し心理学とかいって、

 自分が収入ないじゃないか…。

 そう思われるのはとても怖い」



驚かれるかもしれませんが、

独立して10年になる今でも、

たまに不安になったりします。




ただ、最近、

ふと思ったことがあります。



「そういう僕自身は、

 やりたいことに挑戦して、

 失敗してしまった人。



 好きなことを仕事にして、

 あまり収入がない人。



 そういう人を惨めな目で見たり、

 見下したりするだろうか?



 いや、

 決してそんなこと、

 思わない。



 むしろ、何かに挑戦した人は、

 それだけで一目置くに値する。



 だって、ほとんどの人は、

 一歩踏み出そうとしない。



 僕自身もそうだった。



 このままじゃ、

 自分の人生ダメになっていく。

 やりがいのない人生を過ごす。



 うすうすそう気づきながら、

 ほとんどの人は一歩踏み出せない。



 人間なんてみんな、

 そういう弱い部分を持っている。




 その中で、

 たとえどんな結果になろうと、

 勇気を持って一歩踏み出した人。



 それは、そのことだけで、

 十分に一目置くに値する。


 僕自身は本音の本音から、

 いま、そう思っている。



 もちろん、

 うまくいった方がいい。

 結果が出た方がうれしい。



 やりたいことを仕事にして、

 お金持ちになれたなら、

 それが一番いい。



 それは当たり前のことだ。



 でも、だからといって、

 うまく結果が出なかった人を、

 惨めに思ったり見下したりしない。


 むしろ、結果はともあれ、

 深みのある人生経験をされたな。

 本当に本気でそう思える。




 そして、なにより。



 一歩踏み出した人を、

 結果が出なかったからといって、

 惨めな目で見たり見下したりする。



 そういう人にだけは、

 僕は絶対なりたくない。



 どんな結果になったとしても、

 お金を稼いでいても貧乏でも、

 挑戦した人に敬意を払える。



 そういう気持ちだけは、

 絶対に失いたくない。

 本当に心からそう思う。




 それを逆に考えてみると、

 たとえこの先、もし僕自身が、

 お金を稼げなくなっても。


 僕と同じ価値観の人は、

 きっと僕を見下したりしない。



 出来ることなら、

 そういう人と親しくしたい。

 そういう縁を大切にしたい。」




そこに気がついてから、


「どんな結果になってもいいや。

 思い切ってやりたいように、

 とことんやってみよう」


そう考えるようになりました。



僕自身が失敗した人を、

惨めな目で見たり見下さない。

そういう価値観を持っている。



それならきっと、

たとえこの先、僕が失敗しても、

僕も認めてくれる人もいるはず。





人間は必ず、

何かしらの価値観を持ってます。



自分が他人のことを、

どこか収入で他人を評価する。

そんな価値観を持っている。



それは現代社会では、

仕方ないことかもしれない。



でも、その価値観のせいで、

自分がお金を稼げないことを、

必要以上に恐れてしまう。



他人を評価する時の価値観は、

自分自身をも裁いてしまう。



他人への価値観を変える。

すると自分への評価も変わり、

不必要な不安がなくなる。




だからこそ、

そこで考えるべきことは、


「あなた自身は、

 お金がない人のことを、

 惨めな目で見ますか?



 挑戦してうまくいかなかった。

 そんな人を見下しますか?」



そこを考えてみてください。





「好きなことを仕事にする

 やりたいこと見つけたい」



それを考えたとき、

お金の不安は誰もが持ちます。



お金がないのは辛い。

それはやっぱり苦労です。




でも、

お金がない本当の辛さは、


「周りから惨めに思われる」

「他人から見下されてしまう」


そういう気持ちです。




だからこそ、

もう一度質問します。


「あなた自身は、

 お金がない人のことを、

 惨めな目で見ますか?



 挑戦してうまくいかなかった。

 そんな人を見下しますか?」




その人たちは、

勇気を出して一歩踏み出した。


一目置くに値する。

そんな人なのかもしれません。




そういう人たちに対する、

自分の中の意識を変えてみる。



そうすると、

僕たち自身が一歩踏み出すとき、

ずっと不安が減るのでしょうね。






□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★あなたは貧乏人を見下すのか?

★他人への価値観が自分をも裁く!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/



□このブログの姉妹サイト
□やる気が出る心理学はこちら


やりたいことを見つけたのに、
ダラダラ行動できない理由とは?
http://motivation-sinri.com/








■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


ドラクエ11が発表されました!


PS4と3DSで出るんですね。

う~ん、どっちを買うか迷う。


RPGは気楽にやりたい。

でも、高画質なドラクエもやりたい。

スクエニは悩ませてくれますよ!