天職・やりたいことを見つけ方の専門 簡単で面白い心理学のコラム。やりたいことの見つけ方を本気で心理学で説明します。過去のカウンセリング事例もあります。

カウンセラーのサイトには顔写真は必須


一般の方がサイトに来て、

一番印象に残るのはなにか?



実はコラムの内容でも、

サイトのテーマでもなく、

顔写真なんです。



顔写真があるかどうかで、

サイトの信頼度は、

大きく変わってしまいます。



もしかしたら、

持っている資格や経歴、

専門分野より重要かも。



だって、当たり前ですが、


「自分がどんな人から、

 カウンセリングを受けるのか?」


これがわからなければ、

カウンセリングを受けようなんて、

なかなか思えないですよね。



だから、顔写真を載せるのは、

非常に重要なポイントです。



できればトップページ、

それが無理なら自己紹介ページ。

お挨拶ページに載せておく。



それだけで親近感が、

だいぶ変わってくるのです。



その時も顔写真でなく、

似顔絵、イラストの人もいます。



もちろん似顔絵などでも、

ないよりはずっとマシです。



いろいろな事情があって、

どうしても顔写真を載せたくない。

そういう人は似顔絵でいいです。



でも、やっぱり顔写真が、

一番親近感を持ってくれます。



なので、できる限り、

顔写真を載せましょう。



たとえば、

あなたがレストランに入り、

写真付きのメニューがない…。



これだとちょっと、

不安になりますよね。



また、料理が全てイラスト、

これもちょっと不安です。


料理の写真があるだけで、

一気に安心しますよね。



カウンセラーのサイトも、

それと全く同じです。



写真の持つパワーは大きいです。

できる限り顔写真を載せる。

これは鉄則といえるでしょう。



別に美人、イケメンである必要は、

全く気にする必要はありません。



美人、イケメンの場合、

相談者さんが引いてしまう…。

そういうケースもあります。



あまり難しく考えずに、

自分の顔写真を、

載せればいいと思います。



ただ、注意点としては、

スナップ写真を切り抜いたもの。

これは絶対にNGです。



スナップ写真を使っていると、

「真剣にサイト制作をしてる」、

と思ってもらえなくないます。



なんだか遊び半分で、

片手間にやっている印象を、

どうしても与えてしまいます。



写真スタジオで取ってもらうのが、

一番いいと思います。



でもここでも注意点が。



というのも、

写真スタジオの場合、

どうしてもスーツを着て、

びしっと決めた写真になります。



これだとちょっと堅苦しくて、

気軽に相談に行けないのかなと、

余計な心配を与えてしまいます。



ある程度ラフな格好で、

なおかつ清潔感のある服装。



男性ならジャケットに、

ノーネクタイで笑顔の写真。

それくらいがいいでしょう。



サイトに載せる写真一つでも、

考えることはたくさんある。



でも、難しく考える必要は、

全くありません。



基本的には、

どうやったら相談者さんにとって、

余計なプレッシャーを与えないか。



それを考えていけば、

自ずと答えは見えてくるはず。



相談者さんにプレシャーを与えず、

本気でカウンセラーをしている。



そう思ってもらえる写真なら、

基本的には何でも大丈夫。



ビジネスマンみたいに、

スーツにネクタイと、

こだわる必要はないですよ。


≫ 独立カウンセラーのサイトは専門用語は最小限に

≪ カウンセラーのためのサイトでないと意味がない

ぼちぼち経営のススメ TOP

お申込みフォーム


カウンセラーの独立開業の支援してます

まずは気軽に登録を!

天職とやりたいことを見つけるための無料メールセミナー

人気のワークプログラム

30日で天職を見つけるためのプログラム

好きを仕事にするやる気管理術モチベーションセラピー

カウンセラーを目指す方へ

裏メニュー

カウンセリングを受けてみる

カウンセリング

  • facebook

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

最近のコメント

PAGETOP