天職・やりたいことを見つけ方の専門 簡単で面白い心理学のコラム。やりたいことの見つけ方を本気で心理学で説明します。過去のカウンセリング事例もあります。

独立カウンセラーが書くネタに困らない方法


メルマガ、ブログなど、

独立カウンセラーにとって、

文章は必須です。



でも、必ず書くネタがなく、

困ってしまうときが来ます。



これを防ぐためには、

いかに普段からメモを取り、

ネタをストックしておくか?



この一点に限ります。



でも、これが面倒なので、

なかなかみんなやりません。



まあ、実際、

面倒なんですよね~。



だってアイデアが浮かぶのは、

お風呂やトイレに入ってるとき、

またはテレビを見てるときなど。



基本的に、

リラックスしているとき、

アイデアは浮かびます。


(人間の脳はそのようになってます)



でも、アイデアが思いつき、

すぐにメモを取るのは面倒です。



なぜなら、机の引き出しや、

カバンの中からメモを取り出す。



それが面倒臭くなって、

「まあ、あとでいいか~。

 ちゃんと覚えてるだろう」

となってしまいます。



この「あとでいいか~」のせいで、

僕も含め、みんなネタに困ります。




僕自身の場合は、

自宅の食卓の上にメモ帳を置いて、

すぐメモれるようにしています。



この方法の唯一の弱点は、

家族に見られて恥ずかしいこと。



自分の書いた文章なんて、

家族に見られるのは恥ずかしい。


ましてやメモの状態では、

特に恥ずかしいです。



僕はメルマガのネタとして、

「ハイヒールで山は登らない」、

とメモをしていました。


「このネタはいけるぞ!」と、

自信満々でメモしていました。



ところがそれを妻に見られ、

「これ、一体何を書くの?」と

もちろん質問が来ました。



なんかそう質問されると、

急に恥ずかしくなりました。



まあ、妻の方からしたら、

わけのわからないメモです。



30代半ばの男性の僕が、

「ハイヒールで山は登らない」、

と食卓にメモをしている…。



ちょっとヤバいですからね。




ちなみにその時書いたのは、

こんなコラムです。

目標が続く人は背伸びがない






メモは恥ずかしいのですが、

やっぱりネタに困らないために、

一番重要だと思います。



何冊も本を読むよりも、

ちゃんとメモを取っておくこと。

それだけでだいぶ改善します。



トイレやお風呂の中など、

メモを取れない場所もありますが、

出来るだけメモを取りましょう。




アイデアが思いついたとき、


「まあ、あとでいいか~。

 ちゃんと覚えてるだろう」


これをやめてメモを取る。

それだけでいいんですよ。


≫ クライエントでなく相談者と書く理由

≪ 自分の体験談だけでなく相談者さんのことも書く

ぼちぼち経営のススメ TOP

お申込みフォーム


カウンセラーの独立開業の支援してます

まずは気軽に登録を!

天職とやりたいことを見つけるための無料メールセミナー

人気の天職探しプログラム

30日で天職を見つけるためのプログラム

3倍行動で、結果を出せる!

好きを仕事にするやる気管理術モチベーションセラピー

カウンセラーになりたい方へ

裏メニュー
  • facebook

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

モチベーションセラピー

最近のコメント

PAGETOP