天職・やりたいことを見つけ方の専門 簡単で面白い心理学のコラム

クライエントでなく相談者と書く理由


今回は地味に大事な話です。


一般的にカウンセラーは、

相談者さんのことを、

クライエントと呼びます。




でも、うちのサイトでは、

クライエントと書かずに、

相談者さんと書いてます。


(古い記事は統一されてないけど・・・)



この裏メニューでも、

なるべくそうしています。



そこには、

一つ理由があります。



一般の方にとっては、

クライエントという言葉は、

すごく堅苦しいのです。



なんか経営コンサルタントや、

弁護士と話してる気分になります。

(実際、依頼人という意味なので、
それはそれ正しいのですけどね)




カウンセラーの常識では、

「クライエント」が当たり前。



でも、一般の人にとっては、

それが堅苦しい。



そうなった場合、

一般の人の感覚に近い方に、

合わせた方が絶対にいいです。



結局、一般の人に読んでもらう、

悩んでいる人にメッセージを伝える。

それがカウンセラーのサイトの役割。



そのサイトが堅苦しいと思われては、

せっかく丁寧に作ったサイトも、

読んでもらえません。



時間をかけて作ったメッセージ、

カウンセラーの大切な思いも、

悩んでいる人まで届かないのです。



せっかくなのですから、

一般の人に親しんでもらえる、

堅苦しくないサイトにしたい。




そう思うのであれば、

クライエントでなく相談者さん。



そんな言葉使いの方が、

きっといいと思いますよ。


≫ カウンセラーはネットに幸せアピール書かいちゃダメ!

≪ 独立カウンセラーが書くネタに困らない方法

ぼちぼち経営のススメ TOP

お申込みフォーム


カウンセラーの独立開業の支援してます

まずは気軽に登録を!

天職とやりたいことを見つけるための無料メールセミナー

人気の天職探しプログラム

30日で天職を見つけるためのプログラム

3倍行動で、結果を出せる!

好きを仕事にするやる気管理術モチベーションセラピー

カウンセラーになりたい方へ

裏メニュー
  • facebook

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
モチベーションセラピー

最近のコメント

PAGETOP