天職・やりたいことを見つけ方の専門 簡単で面白い心理学のコラム。やりたいことの見つけ方を本気で心理学で説明します。過去のカウンセリング事例もあります。

「弥太郎」のやる気管理術


「弥太郎」のやる気管理術


null


『暮らしの手帳』の編集長、

松浦弥太郎さん。


彼がアメリカで教わった、

仕事に関するある名言。



その名言が、

やりたいこと探しにとって、

大きなヒントになっています。



さて、松浦弥太郎さんが、

アメリカで教わった名言とは?



というわけで今回は、

「弥太郎」のやる気を出す方法です。




□遊ぶからこそやる気が出る!!




暮らしの手帳の松浦弥太郎さん。



彼はアメリカ人から、

こんな名言を教わったそうです。



その名言がこれ。






「たくさん遊んで、

 豊かな人間にならなければ、

 いい仕事なんてできっこないよ」






この言葉、すごく納得です。




実は僕自身も、


「たくさん楽しいことをして、

 精神的な豊かさを持たないと、

 やる気なんて出てこない」


そう考えています。




僕が独立してすぐの、

20代後半のころ。



「もういい歳なんだし、

 時間を無駄にしてる暇ない!

 もっと早く結果を出さないと!!」




そんな焦りで心はいっぱい。



精神的な豊かさなんて、

これっぽっちもありません。



楽しんで仕事をしようとしても、

心も頭も焦りでいっぱいだから、

楽しさを感じる余裕がありません。



楽しさを感じる余裕もないのに、

本当に純粋なやる気なんて、

出てくるはずがなかったのです。




でも、しばらく時間がたち、

ちょっと気持ちに余裕ができました。



「こんなに焦ったところで、

 結果が出るわけではない。


 好きで始めた仕事すら、

 時間に追われてるだけ。


 時間に追われる仕事ばかりで、

 神経がすり減ってしまう。


 好きなことだったのに、

 妙に疲れるしやる気も出ない。

 だから、結果もついてこない…。



 これでは独立した意味も、

 好きを仕事にした意味もない。



 もう、あまり焦らず、

 もっとゆとりを持とう。


 もっと遊ぶ時間、休みの時間。

 そういう時間も大切にしよう。」




そう思うようになり、

思い切って休みを作る。


遊ぶ時間、ダラダラする休日。

そういうゆとりを大切にする。



そうすると自然と、

また仕事が楽しくなってきて、

やる気が復活してきました。





だから、やっぱり、


「たくさん遊んで、

 豊かな人間にならなければ、

 いい仕事なんてできっこないよ」


僕はこの言葉に、

とても納得するんです。



自然とやる気を出すためには、、

心に余裕、豊かさをもって、

生活を楽しめるようなること。



焦らずにゆっくり、

まずは日々の生活そのものに、

余裕と楽しさを取り入れること。



そういう豊かな生活の中から、

やる気は出てくるのです。



遊びも余裕もない毎日では、

いかに好きな仕事であっても、

疲れてやる気がなくなってくる。




遊ぶこと。




それはやる気を、

復活させるのですよ。


好きを仕事にするやる気管理術の
プログラムはこちら



今回のポイント

★遊びがやる気を復活させる!!

★ゆとりがやる気を生んでいる!!


≪「責めない」のやる気管理術

好きを仕事にするやる気管理術コラム集 TOP


まずは気軽に登録を!

天職とやりたいことを見つけるための無料メールセミナー

人気のワークプログラム

30日で天職を見つけるためのプログラム

好きを仕事にするやる気管理術モチベーションセラピー

カウンセラーを目指す方へ

裏メニュー

カウンセリングを受けてみる

カウンセリング

  • facebook

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

最近のコメント

PAGETOP