コロナと太宰と幸福と



こんにちは。

カウンセラーの中越です。



コロナの影響で、

働く人たちの心にも、

大きな影響があります。



あまりにもの大打撃に、

激しく落ち込んでしまう人。



将来的な不安感から、

深くうつな気分になる人。



ほとんどの人の心に、

マイナスの影響があります。



そういうときに、

どう考えていけばいいのか?



それを太宰治の言葉から、

一緒に考えたいと思います。



というわけで今回は、

コロナで将来のお金が不安な人たちへ

スタートします!!




太宰治の言葉の意味





太宰治の言葉に、

こんな言葉があります。



===============


「幸福は一生、

 来ないのだ。


 それはわかっている。


 けれども、

 きっと来る、明日は来る、

 と信じて寝るのがいいのでしょう」


===============



「幸福は一生、

 来ないのだ」



この最初の一言、



さすがは、

キングオブネガティブ、

太宰治ですね。



ただ、

人生の本当に辛い時期。



明るく前を向けという言葉は、

役に立たないのかもしれません。




本当に辛いときに前向き思考なんて無理





だって、

本当に辛いとき、


「前向きに考えようよ!」

「もっとポジティブに!」


なんていわれても、

とてもそうは思えません。




特に今回のような、

コロナ関連のせいで、

急激な収入減の人は、



「そりゃ、

 あんたは他人事だから、

 そう思えるんだよ…!」



と怒りを感じる人すら、

いることでしょう。




いつまで続くかわからない辛さ





実は僕自身も、

決して他人事でありません。



うちのカウンセリングも、

相談者さんは半減どころか、

4分の1くらいです。



社会が不安定なうえ、

面談できないのですから、

当然のことでしょう。



多少、

貯金はあるものの、


「これが長く続くと、

 どうなるんだろう…」


そんな不安が大きいです。



まさに、

「真綿で首を絞められるような」

とはこのことだと思います。



非正規雇用の方達や、

僕たち自営業はもちろん、

正社員の人も同じです。



「ボーナスは減るよな…」


「今すぐでなくても、

 リストラがあるかも…」


「会社が倒産するかも…」



脅すわけじゃないけど、

この不景気が長引けば、

その可能性は十分にある。



実際、バブル崩壊や、

リーマンショックの時は、

大量のリストラがありました。



中小企業の倒産なんて、

珍しくもありません。



超有名な大企業も、

希望退職という名目で、

大量リストラしたのです。



またそうなるかもしれないと、

将来へのうっすらとした不安が、

みんなの心の中にあります。



そういう時期に、


「前向きに考えようよ!」

「もっとポジティブに!」


というのは難しい。



そう簡単に割り切れないのが、

人間という生き物です。



だって、目の前には、

実際にネガティブな事実が、

山積みなのですから。




それでも希望の種を絶やさない





ただ、それでも、

僕たち人間にできるのは、


「いまの状況で、

 自分にできることは、

 なんだろうか?」


それを考えることしか、

ありません。



なんとか自分の心に、

希望の種火が消えぬよう、

意識を強く持つしかない。



だから、太宰治は、


「それはわかっている。


 けれども、

 きっと来る、明日は来る、

 と信じて寝るのがいいのでしょう」


といったのでしょう。




だって、


「明日も明後日も不幸だ…」


そう思ってしまったら、

人間は希望を失ってしまう。




希望を失った人間は、


「どうせダメなんだから、

 もうあきらめてしまおう…」


「そういう運命だったんだ。

 もうあきらめてしまおう…」


そんなふうに、

投げやりになってしまう。



希望を失ってしまうと、

僕たち人間の心というのは、

どこまでも後ろ向きになる。



それでは、

生きていること自体が、

辛くなってしまいます。



だから、僕たちにとって、

明日に希望がないことこそが、

本当の不幸なのでしょう。




今日一日だけ粘ること





だから、

ほんの少しでいい、


「いまの状況で、

 自分にできることは、

 なんだろうか?」


それを考えてみて欲しい。



もう一度だけ、

希望の種を絶やさないよう、

考えを整理していきたい。



「いまのうちに、

 普段できなかった勉強を、

 少しずつやっていこう」


「いまのうちに、

 ほったらかしにしていた、

 サイト整備をしておこう」


「いまのうちに、

 本当にやりたいことを、

 真剣に考え直してみよう」




こういう状態でも、

何かしらできることが、

少しはあるはずです。



「いまの自分に、

 ほんの少しだけれど、

 できることがある」



そう思えることは、

希望につながります。



希望さえあれば、

投げやりになることなく、

踏みとどまることができる。



そうやって、

1日1日乗り切ること。



それが、

いまの僕たちにできる、

最善のことなのでしょう。



だから、

僕と一緒にもう一度だけ、

考えを整理してみませんか?



何か一つくらい、

今の僕たちにできることが、

出てくるかもしれませんよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから



□今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★希望を失ってはいけない!

★今できることが希望につながる!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加



■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!

ー新刊ー
















■ 編集後記



まあ、

みんな不安というか、

世界でも初の事態。



何が正しいのかなんて、

誰にもわかりませんね。



今できることを、

淡々とやっていく。

それしかないですね。