天職と精神病の意外な関係




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



精神病の定義で、

とても考えさせられる言葉。


これを初めて見たときは、

「う~ん、なるほど!」と、

感じてしまいました。



そして、その精神病の定義、

天職を見つけるヒントにも、

なっているんです。



さて、その定義とは?


それがなぜ、

天職を見つけるヒントに、

つながっているのか?



というわけで今回は、

意外にも天職の見つけ方は精神病の定義からわかる

スタートします!!





思わず唸る精神病の定義




さて、

自分自身の精神は正常だと、

胸を張っていえますか?



実は精神病の定義って、

とても難しいんです。



なにしろ、


「何が正常な精神で、

 何が病的な精神か?」


それは人によって、

かなり意見が分かれます。



だから、精神病の定義は、

学者さんによって、

いろんな表現されています。



その中でも僕が、


「なるほど~。

 これは上手い表現だな」


と思ったものがあります。



それは、


「同じことを

 何度も何度も繰り返し、


 なおかつ

 違う結果を期待すること」


というもの。


(『変化の第一歩』ビル・オハンロンより)



これはたしかに、

その通りだと思います。




毎日、毎日、

庭の手入れを何もしないのに、


「おかしいな~。


 何でうちの庭には、

 雑草ばかり生えるんだろう。


 私はバラの花を、

 咲かせたいと思っているのに」


といっている人を見たら、

それは異常な行動だと感じます。




それに近いことを僕たちもやっている





ただ、そう考えたときに、

案外それに近いような行動を、

僕自信もしていると思います。



たとえば、

こういうのはどうでしょう?



「スマホ依存をやめたい…」、

毎日そう思いながらも、

毎日スマホをいじっている。



「ダイエットしなきゃな…」、

毎日、そう思いながらも、

毎日、コンビニでお菓子を買う。



「部屋片付けをしなきゃ…」、

毎日、そう思いながらも、

毎日、片付けるのを先延ばし。



そういうことって、

誰にでもあるはず。



そして、

普通にできる人からしたら、

異常に見えるのかもしれません。



「なんで部屋の一つも、

 片付けられないの…?」


そういわれたら、

もう言い返せないですよね。



僕自身もスマホにお菓子、

粗大ゴミの処分などは、

本当に耳の痛い話ばかり。



(特にスマホをやめること。
 これがすごく難しい…。

 自分はスマホ依存でない。

 そう思っていたけど、
 スクリーンタイムを見ると、
 自分の愚かさに気づきます…。


 いや、正直に言います。

 粗大ゴミの処分も、
 どれだけ先延ばしにしてるか…)



同じことを繰り返してるのに、

いつか大丈夫になるだろうと、

どこかで期待してる僕がいる。



それってちょっと、

異常なことかもしれません。



でも、

これって僕だけでなく、

誰もが経験することなのです。



そう考えてみると、

正常と病的の境目なんて、

相当、広いグレーゾーンです。



やっぱり、

精神病の定義って、

奥が深いのですね。




天職を見つけるのも同じ





さて、

実は天職を見つけるのも、

それとまったく同じです。



自分の天職がわからず、

悩んでいたころの僕は、

毎日、同じことの繰り返し。



嫌な気持ちで会社に行って、

うつむいた気分で過ごし、

なんとなく帰って寝る毎日。


休みの日も疲れからか、

なんとなくダラダラして、

ただ毎日が終わっていく。



そして僕は、

毎日のように頭の中で、

つぶやくのです。



「あ~、

 仕事を辞めたいな。


 でも、

 次にやりたいことなんて、

 何も見つからない…。


 なんで僕には、

 天職が見つからないんだ…?」



今になって考えてみれば、

当時の僕には天職なんて、

見つからなくて当然です。



だって僕は、

毎日毎日、同じような生活を、

繰り返していただけなのだから。



なんとなく会社に行き、

なんとなく疲れて帰り、

なんとなく一日が終わる。



なんとなく求人サイトを見て、

なんとなく今までと同じような、

営業関係の仕事に目を通すだけ。



新しいことを学ぼうとも、

違う分野に飛び込もうとも、

何も変化しようとしなかった。



変化することが怖くて、

変化することに慣れてなくて、

ただ同じ毎日を繰り返していた。



それで違う結果など、

期待するほうがどうかしている。



それで天職に就くなど、

期待するほうがどうかしている。




それでは、

今と同じ働き方が続いて、

当然なのです。



なにしろ僕は、

何もしなかったのだから。



それで変化が起きるほうが、

ずっとおかしいな話です。



だって、

精神病の定義は、


「同じことを

 何度も何度も繰り返し、


 なおかつ

 違う結果を期待すること」


なのですからね。




天職のために少し行動を変える





もし、

自分の家の庭に、

バラの花を咲かせたいのなら。


まずは庭の手入れをして、

バラの種を植えること。


毎日、

庭を眺めるだけでは、

決してバラは咲きません。



もし、

心豊かな働き方に、

変わりたいと思うなら。



ほんの少しだけでいい。



今までと違う行動を、

起こしてみること。



毎日、

家と会社の往復では、

決して天職に就けません。



「仕事を辞めることも、

 視野に入れて考える」


「フリーで働いている人に、

 少し話を聞かせてもらう」


「今から学べることを、

 本屋さんで調べてみる」



たったそれだけのことでも、

必ず一歩前進しています。



そういう小さな行動が、

働き方に変化を起こします。



奇跡は待っていても、

決して起きません。



小さな行動の積み重ねを、

続けている人のところにだけ、

奇跡は舞い降りてきます。



だから、

ほんの少しだけでいい。

小さな行動をやってみよう。



たったそれだけのことで、

天職に近づけるんですよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから



□今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★よく考えたら自分って正常?

★行動しないと変わるわけない!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加



■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!

ー新刊ー
















■ 編集後記



とうとう今日、

緊急事態宣言。


こんなのって、

おそらく一生に一度。


それだけに全員が、

どうしたらいいのか、

よくわかっていません。


不安も大きいですが、

とにかく今できることを、

淡々とやっていくこと。


とりあえず当面、

僕はそうしようと思います。