やりたいことなのに、先延ばしをしてしまうのか



こんにちは。

カウンセラーの中越です。



やりたいことを見つける相談で、よくある相談。



それは、


「やりはじめたら楽しいんですけど…。

 なんだか腰が重くて、やりはじめられないんですよね。

 
 本当にやりたいことなら、すぐ行動できますよね。

 すぐやらないってことは、本当にやりたいことじゃないですよね…」


こういう相談、本当によくあります。



これは本当にもったいない相談です。



いったい何がもったいないのか?

それは大きな勘違いをしているからです。




実は、

「本当にやりたいことなら、すぐに行動できるはず」。

これが大きな勘違い。




これを勘違いしているから、やりたいことが見つからない。

しかも、やりたいことが見つかっても、行動できないのです。



というわけで今回は、

「やりはじめたら楽しいのに、行動できない理由」

スタートします!!






世の中の95%の人は先延ばしをする





心理学者ピアーズ・スティールによると、

世の中の95%の人は、先延ばしをするそうです。


夏休みの宿題はもちろん、ダイエットに部屋の片付け。

ときにはプロポーズすら、言い訳をしては先延ばし。

待たせすぎて、破局になることすら珍しくない。


それを考えれば95%というのも、納得いく数字です。



それは、古代ギリシャ・ローマ時代から同じ。

セネカは「時間を惜しめ」といい、アウレリウスは「人生は短い」といいました。


古代の哲学者達も、同じように先延ばしに悩んでいたのでしょう。




実は好きなことでも先延ばしするのは一般的





ただ、嫌なことを先延ばしにするのは、まだわかります。

ところが僕達は、楽しいことでさえ先延ばしにするのです。



たとえば、

「市立美術館で、おもしろそうな展示をやっている。

 今度の休みに行ってみようかな~」


そう思っていたけれど、いざ休みになると面倒くさい。

また今度でいいやと思って、家でゴロゴロ。


そんなことを繰り返してるうちに、忘れちゃう。

そして気がついたときには、開催期間が終わってる。



他にも、


「久しぶりに、学生時代の友人と集まりたいな~。

 でも、連絡回して幹事するのも面倒くさいや…」。


そう思っている間に、5年10年経っている。

それはどこにでもある話です。



だからって、友情が偽物なわけじゃない。

遅くなったプロポーズだって、愛が少ないわけじゃない。




ただたんに、僕たち人間は、

「どれだけ好きなことでも、腰が重い生き物である」。

実はそれだけのことなのです。




アガサ・クリスティも先延ばしをする





創作活動をする人は、必ず先延ばしします。

文章を書いたり特に僕も含め、つい先延ばししちゃいます。

あのアガサ・クリスティですら、遅筆で有名だったのだとか。



アガサ・クリスティもきっと、


「小説って、書きはじめたら楽しいんだけど…。

 なかなか書きはじめられないんだよな~」


と思っていたのでしょう。



でも、だからってアガサ・クリスティが小説書くの嫌いとは、誰も思わないはず。




何がいいたいかというと、

「人間は、どれだけ好きなことでも、腰が重い生き物である」。

これは、とても一般的なことなのです。




将来の夢、やりたいことをには、必ず不安があります。


「上手くできなかったらどうしよう…」

「こんなことで食べていけるのかな…」


それを考えると、なおさら先延ばしされやすくて当然。



でも、だからって、

「つい先延ばししちゃうから、やりたいことじゃないはず…」。

そんなふうに自分の好きな気持ちまで、否定しなくていいのです。



美術館に行くのも、同窓会を開くのも、つい先延ばしにしちゃう。

僕たち人間は、好きなことでも先延ばしをしちゃうのですから。




まずは1日5分だけ行動をしてみよう





本当にやりたいことと、先延ばしをしちゃうのは、基本的に別問題。

ただ、自分を行動させる方法を、学んでいないだけなのです。



まずは、

「自分はつい先延ばしにしちゃってる」。

それをちゃんと自覚できることが大事。



それを自覚することができたら、1日にほんの5分だけでかまいません。

小さな小さなことを、行動に移してみてください。



「資格について5分だけ調べる」

「ランチ後、5分だけ本を読む」

「手帳に5分文章を書いてみる」

「寝る前に5分絵を描いてみる」




アガサ・クリスティですら、先延ばしをします。


だから、

先延ばしをしても、決して自分を責めないこと。

先延ばしをしても、好きなことを否定しないこと。



そのかわり、

「今日は5分だけやってみよう!」。



最初は5分でいいのです。

慣れてくれば、自然とそれは30分になる。

だんだんと習慣になれば、1日1時間も平気になる。



1日5分から、人生は変わっていくんですよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★本当にやりたいことも先延ばしする!

★だからこそ1日5分の行動で変わる!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記



やったら楽しいのに、

つい先延ばしにしちゃうこと。


僕の場合、

映画館なんですよね。


観たいと思って先延ばし。

気づいたときには終わってます。