他人と比べて天職を見失う人へ




他人と比べちゃいけないに反論したい


こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「私はね。

 他人と比べたりしないわ。


 そんなことするから、

 しんどくなるのよ。


 あなたも他人と比べるなんて、

 やめておきなさい!」



こういうことを言う人、

よくみかけます。



でも僕は、

あえてこれに反論したい!


そして、

これに対する僕の反論。



それが、

天職のヒントに、

なっているんです。



というわけで今回は、

「他人と比べて天職を見失う」

スタートします!!



人間は他人と比べる生き物



「私はね。

 他人と比べたりしないの。


 そんなことしても、

 しんどくなるだけで、

 何の意味もないじゃない。


 あなたも他人と比べるなんて、

 やめておきなさい。


 そんなことするから、

 しんどくなるのよ!!!」



僕はこの言葉を聞くと、

なんだかモヤモヤします。



だって、

「あなたは他人と比べるけど、

 私は他人と比べたりしない」。



この考え方自体、

他人と比べてるじゃないか。


なんなら、

他人と比べてしんどくなる人を、

下に見ているじゃないか。



そう思ってしまうのです。




人間は他人と比べる生き物




「自分と他人を比べるから、

 しんどくなってしまう」。



これはたしかに、

その通りです。



だけど現実には、

僕たち人間というのは、


「生まれてから死ぬまで、

 他人と比べる生き物である」


これが真実ないでしょうか。



心理学者フェスティンガーは、

社会的比較理論を考えました。



簡単に説明すると、

僕たち人間は社会的生き物。



だから、

他人と比べないと、

自分がどんな人間なのか

知ることすら出来ない。



無人島で暮らすなら、

誰とも比べることなく、

生きていけるでしょう。



でも、人間社会では、

味方もライバルもすべて、

同じ人間です。



だから、

まわりの人と比べて、

自分の立ち位置を理解する。



そうでなければ、

ライバルには勝てない。


それどころか、

味方の役にも立てない。



それでは人間社会では、

生きていけません。



だから僕たち人間は、

つねに自分と他人を比べて、

生き残る方法を考えます。



それを考えると、

自分と他人を比べるのは、

とても自然な行為です。



むしろ、比べるというのは、

「もっとも人間らしい行為」。



そう言えるかもしれません。



だから、


「他人と自分を比べて、

 しんどくなってしまう。


 こんな性格だから、

 私はダメなんだ…」。



そんなふうに、

自分を責める必要なんて、

ひとつもないのです。



偉そうに上からいう人や、

僕たちカウンセラーだって、

他人と比べて落ち込みますから。




比べてしまうのは空腹と同じ




では、

「他人と比べてしまって、

 しんどくなってしまう…」。



この苦悩は、

どうすればいいのでしょう?



これにはすこし、

考え方の転換が必要です。



ある意味で、


「他人と比べるというのは、

 お腹が減るのと同じ」


そう考えて欲しいのです。



僕たちは、

1日に3~4回ほど、

お腹が減ってしまいます。



お腹が減ると辛いです。

だから、何かを食べます。



そうやって、

お腹を落ち着かせる。



そしたら、

その苦痛は消える。



これって、

僕たちが毎日やっている、

とても自然なことですよね。



他人と比べるたびに心を整える



他人と比べるのも、

実はそれと同じです。



生きていれば、

1日に3~4回くらいは、

他人と比べてしまいます。



会社に行けば、

自分より優秀な人がいる。



婚活をすれば、

自分よりモテる人がいる。



カフェに行っただけでも、

自分が欲しかったPCで、

作業している人がいる。



僕たちは生きてるだけで、

他人と比べてしんどくなる。



だから、そのたびに、


「いまの自分は、

 他人と比べてしまって、

 しんどくなっているな。


 ちょっと別の見方も、

 考えてみようかな」


と自分を振り返る。



いま仕事で優秀な人も、

必ず落ち目がやってくる。


モテるように見える人も、

その人なりの悩みがある。


理想のPCでなくても、

大抵の作業に問題ない。



長い人生、

うまくいく時期もあれば、

うまくいかない時期もある。



それに、

自分にだっていいところが、

たくさんあるはずだ。



5分だけ時間を取って、

自分のいいところを、

一つ二つと数えてみる。



そうやって自分の心を、

メンテナンスしてあげる。




他人と比べて、

しんどくなってしまう。



それは全人類が抱える、

とても自然な日常です。



それは、

お腹が減ったら、

ご飯を食べるのと同じ。



だから、

そのたびに時間を取って。

心のメンテナンスをする。



それが、

1日に3~4回あるのも、

ご飯を食べるのと同じです。



そして僕たちは、

たまにはご馳走を食べて、

自分自身を喜ばせます。



それと同じように、

たまには自分をたっぷり褒めて、

自分の心を喜ばせてあげる。



それはとっても、

大事なことです。



他人と比べる自分を責めない



だから、


「私はいつも、

 自分と他人を比べてしまう。

 だから私はダメなんだ…」


そんなふうに思う必要は、

たったひとつもありません。



人間なんて、

他人と比べて落ち込むのが、

普通のこと。



他人と比べなくなるなんて、

社会的動物である僕たちには、

そもそも不可能なことです。



だから、

落ち込むたびに、

自分自身をメンテナンス。



調子よく見える人にも、

きっと悩みがたくさんある。



そして、

自分自身にも、

長所がたくさんある。



そのことを、

ちゃんと思い出す。



これが、

心を楽に生きるために、

とても大事なんですよ。



天職を見つけるのも同じ



さて、

天職を見つけるにも、

この考え方が大事です。



天職を仕事にしたい。

やりたいことを見つけたい。



そう思ったとき、

どうしても僕たちは、

他人と比べてしまいます。



「自分より上手な人がいる…」

「同年代より収入が少ない…」

「失敗したらかっこわるい…」



天職を見つけるとき、

誰もがこんな悩みを持ちます。



でも、もし無人島なら、

誰もこんなことでは、

悩まないですよね。



結局、

他人と比べたり、

他人の目を気にして、

悩んでしまうのです。



そんなときは、

自分自身を振り返り、

心のメンテナンス。



「一番上手でなくても、

 仕事になるかもしれない」


「人生の価値なんて、

 収入だけでは決まらない」


「失敗しても挑戦する。

 その方がいい人生だろう」



そうやって、

別の見方も考えてみる。



もちろん、人生、

甘いことばかりではない。


でも、

天職に就ける可能性にも、

ちゃんと目を向ける。



人と比べてもいいのです。



その結果、

落ち込んでもいいのです。



僕たち人間は、

みんな他人と比べては、

落ち込んでいる。



それは、

僕たちカウンセラーも、

例外ではありません。



でも、


「いまの自分は、

 他人と比べたから、

 気分が沈んでいる。


 そこに気づいたから、

 別の見方もしてみよう」



そうやって、

心のメンテナンスを、

ちゃんとやるかどうか。



それが、

天職を見つけるために、

大事なことなんですよ。



□30日で天職を見つけるための
□自己カウンセリングプログラム



このプログラム、
一人で運営しているので、
月に10個しか作れません。

なので、
製本版は1ヶ月【10名限定】

在庫がない場合、
DL版をご利用ください。


今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★他人と比べるのは自然な現象!

★そのあと心のメンテナンスを!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加



■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!

ー新刊ー
















■ 編集後記



僕もいまだに、

他人と比べてしまい、

しんどくなります。



他人の幸福には、

めざとく気づいてしまう。



でも、

自分が恵まれた部分には、

全然、目がいかない。



そのたびに、

心のメンテナンス。



それでいいのでしょうね。



他人と比べなくなるなんて、

幻想なのだと思います。








この記事が気に入ったら
フォローしてくださいね。

最新情報をお届けします

おすすめの記事