こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「仕事を辞めるなんて、

 ただ逃げてるだけ…!」



そんな言葉をよく聞きます。



でも、

僕は全く逆の意見。



むしろ、

「正しく逃げろ」。

そう思っています。



それを説明できるのが、

かなり意外なことに、

森のクマさんの話です。



これは意外ですが、

きっと納得の話です。



というわけで今回は、

森のクマに学ぶ仕事の辞め方。

スタートします!!




おかしい職場は逃げろ!




もし森を歩いていて、

クマに出会ったとしたら、

当然ながら逃げます。



火事や地震に出会っても、

やっぱり逃げます。



身に危険を感じたら、

逃げるのは当然の反応です。



まさに、

「逃走本能」の名の通り。



クマや火事や地震から逃げて、

それを批判する人がいるなら、

批判する人の方がおかしい。



これは誰もが、

納得すると思います。




ところが、

仕事になると急に、

おかしな話になってくる。



「こんなことで、

 逃げてどうするんだ…!」



「そんなことじゃ、

 どこの会社に行っても、

 通用しないぞ…!」



「仕事なんてね。

 辛くて当たり前なの…!

 みんな歯を食いしばって、

 続けているのよ…!」




そういう言葉で、


「何があっても、

 仕事を辞めてはダメ。

 辞めるのは逃げだ…!」


と追い込まれてしまう。




そして、心や体を壊し、

病院で診断書をもらって、


「これでやっと、

 誰からも責められずに

 辞めることができる…」


そう思って、

ホッと胸をなで下ろす。



そんなの、

絶対におかしいです。



誰がなんと言おうと、

それは絶対におかしい。




だって、

心や体を壊すまえに、

ちゃんと逃げて欲しい。



森でクマに出会って、


「怪我をするまでは、

 逃げちゃダメだぞ…!」


そんなこと絶対いわない。



怪我をしてから逃げても、

それでは身を守れてない。




本当は仕事だって、

それと全く同じはず。



心や体を壊す前に、

ちゃんと自分を守るべき。



「このままずっと、

 この職場にいたら、

 自分はダメになる…」



そう感じたのなら、

逃げていいのです。



いや、むしろ、

逃げるべきなのです。




森でクマに出会えば、

逃げて当然です。



火事や地震に出会えば、

逃げて当然です。




仕事だって、

それと全く同じです。



自分の心と体は、

自分しか守れません。



自分自身の人生だって、

自分自身しか守れない。




「このままずっと、

 この職場にいたら、

 自分はダメになる…」



そう思って辞める人を、

僕は絶対に責めません。



おかしな職場であれば、

逃げることは正しいのです。



自分自身の人生、

ちゃんと守ってください。





□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!





今回のポイント

★心身を守るために辞める!

★適切に逃げるのは正しい!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!


□このブログの姉妹サイト
□好きを仕事にするやる気管理術はこちら

やりたいことを見つけたら、
あとはどうやる気管理をするか?
それが人生の分かれ目です。

いまの3倍行動できるようになる!
それがモチベーションセラピー!

製本版は毎月10人限定!
知りたい方はこちらへどうぞ!
http://motivation-sinri.com/stepup







■カウンセラー中越の著書はamazonで!


『好きなことが天職になる心理学』

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


親戚に集まりで、

久しぶりに焼き肉。


僕は37歳ですが、

やっぱりお肉が好き。


あと10年くらいしたら、

さっぱりよくなるのかな?







コメント一覧
  1. ちー より:
    一通り読ませてもらいました。
    私は先日、会社で行われている、年に二回ある社長面談でショックなことを言われました。一度営業を経験していますが、その時の激務とストレスで女性特有の症状が出てしまい、その当時の私には限界でした。辞めるつもりでしたが上司が熱心に引き止めてくれ、部署異動して開発部に入りました。そこから数年経ちましたが、面談で、営業を辞めたこと、社長は逃げたとしか思ってない。あなたの一番の長所は笑顔だが、それは持って生まれたもので、努力したものではない。そう言われました。開発部でもっと努力しなさい、と。自分ができる力を持って努力してるつもりでも、一度逃げた事はレッテルとなって貼られ続け、小さな時から努力して得た笑顔は意味のない物なのだと感じました。ここの最後にある言葉に、慰められた気がします。いい歳こいて、泣いてしまいました(笑)社長の前でも、しばらく経っても、考えてモヤモヤしてただけだったのに、結構傷ついてた自分に初めて気がつきました。ありがとうございます。
  2. 天職探しカウンセラー 中越 裕史 より:
    ちーさん

    はじめまして。うちのコラムで少しでも気が楽になってもらえてよかったです。ストレス性で症状が出たのであれば、相当にしんどかったのだと思います。
    社長面談、かなりショックだったのでしょうね。逃げただけ、生まれつきの笑顔だけで努力じゃない。社長がもう少しちーさんの気持ちを理解して努力を評価いてくれたら、大きく違ったのでしょうね。これからも無理はしないでくださいね。
コメントを残す

関連キーワード
コラムの関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてくださいね。

最新情報をお届けします

おすすめの記事