□『「内気な私」の心理学』

こんにちは、カウンセラーのなかごしです。

『こんな内気で引っ込み思案な性格をしているから恋も仕事もうまくいかないんです…。何で私はこんな性格をしているんでしょうか…。』

こんな相談よく受けます。

もっと積極的にいろんなことに対して向かっていくことが出来たらこの人生ももっとよくなると思っている。

にもかかわらず何事にもなかなか積極的になることが出来ない。

いったい内気な人はなぜ積極的になることが出来ないのか?

今回は『「内気な私」の心理学』です。

 


■こんな私に誰がした?

「なかなか自分から積極的になれない・・・」

「ついつい人見知りをしてしまう・・・」

「なにごとにも引っ込み思案な自分が嫌になる・・・」

「こんな内気な性格をしているから私は恋も仕事もうまくいかないんです・・・。」
カウンセリングをしているとこういう相談よくうけます。

自分の性格を変えたい。

そうすればこのダメな私とも、面白くない人生ともおさらばできるのに。

たしかに、内気な性格が変わればもっと楽しい人生が待っているかもしれません。

今までやったことがないことに挑戦したり、異性や知らない人に対しても積極的になることが出来るかもしれません。

ではいったいなぜあなたは内気な性格になってしまったのか?

心理学では性格、パーソナリティーに関する考え方は非常にたくさんあって、正直これが絶対だという決定的な考え方はありません。

つまり、性格というものがどのようにして創られるのかまだあまり詳しくわかっていないと言うことです。

でも、ひとつだけほとんどの学派でいわれている性格に関する考え方があります。

それは、性格とはまだまだ子供のときに創られると言うこと。

たとえばね、子供のときに犬にかまれてそれ以来、大人になっても犬が怖い人っていますよね。

同じように、子供のときに威圧的な両親に育てられたり、なにか人間関係で怖い思いをしたりするとやっぱり大人になっても威圧的な人にものを言えなかったり人間関係が苦手になってしまったりすることがあります。

子供のときに知らない人に話しかけて怖い思いをしてしまったり、親が過保護で知らない人と話さないようにしていた。

そうすると、大人になっても人見知りになってしまったりします。

子供のときになにか自分から進んでしようとしたこと。

それを失敗して馬鹿にされたり、恥ずかしい思いをしたりして消極的になってしまったりします。

小学生や中学生のときに異性にモテなかったりいじめられたりした。

すると大人になって、とても魅力的になったとしてもなかなか自分に自信が持てなかったりします。

こんなふうになにか行動を起こして失敗したり怖い思いをして同じ行動をとらなくなるというのはある意味、学習であり社会への適応でもあります。

同じ失敗を何度も繰り返したり、うまくいくかどうかまったく考えずに闇雲に無謀なチャレンジばっかりしていては命はいくつあっても足りないしストレスばっかりたまってしまう。

人間誰しも失敗はしたくないし怖い思いも恥ずかしい思いもしたくない。

だから一度失敗したことや怖い思い、恥ずかしい思いをしたことをしなくなるというのはあながち間違ったことではありません。

むしろ、子供なりに自分の能力を判断してうまく世の中に適応するために、なるべく失敗するリスクを避けるために、安全な行動をとっているということなのでしょう。

それはそれで、人間の本能として当たり前のことです。

さて、自分のことを『内気な私』と思っているあなた。

あなたがどんな性格をしているのか、過去にどんなことがあったのか、僕にはわかりません。

でもきっとなにかそうならざるを得ない出来事があったのでしょう。

どんな事情があったのかはわからないけども、なにかつらいことや悲しいこと、怖い思いや恥ずかしい思いをしたことなのでしょう。

あなたが内気だったり消極的だったり人見知りをしてしまうのは、そういう怖い出来事からあなた自身を守るための手段だったのかもしれない。

内気で消極的で人見知りをすることで傷ついた自分のこころを守っていたのかもしれません。

だから、「積極的にならなければ」と思いながらも消極的な行動をとったときにどこか心の片隅で安心してしまうのでしょう。

もしあなたが、内気で消極的で人見知りをすることで自分のこころを守っているのならそれはけっして悪いことでも間違ったことでもありません。

どこかで誰かに「そんな消極的な性格じゃダメだ!もっと強く生きろ!」なんて言われることもあるかもしれない。

それでも僕は疲れて傷ついた自分のこころを守ろうとしているあなたのことを正しいと思うし、「それのままいいよ」って言うと思う。

でもね、『内気な私』が嫌だと思うあなた。

そんなあなたはもう立派な大人なのかもしれません。

子供のときに創った、内気で消極的で人見知りをするという性格を大人になった今のあなたのこころは『こんな性格じゃきゅうくつで自由に動けない』といっているのでしょう。

ちょうど、小学生のときにお気に入りだった服を今のあなたがもう着ることが出来ないように。

いまの大人のあなたのこころも子供のときに創った性格ではもう小さくてとても動きづらいものになっているのでしょう。

だから子供のときにお気に入りだった、特に嫌いだと思わなかった『内気』や『消極的』や『人見知り』なんて性格が嫌で嫌でたまらなくなってしまったのでしょう。

たくさんの心理学の学派で言われている『性格とはまだまだ子供のときに創られる』と言う言葉。

この言葉には続きがあります。

それは『性格とはまだまだ子供のときに創られる、でも性格はいつでも変えることが出来る』

さて、鏡を見てみればそこにうつるのはどこから見ても立派な大人のあなた。

そんな立派な大人のあなたにぴったりな行動ってどういうものなのでしょうね。

今の自分に似合うと思う行動をしてみれば、きっと大人のあなたにぴったりな性格になれることだと思いますよ(^_^)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

今回のポイント

■内気で消極的なのは悪いことなんかじゃない!

■今のあなたにぴったりな行動、性格ってどんなものでしょうね。

★メルマガに登録していただくとこのブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

第二新卒のための天職の見つけ方カウンセリングを受けたい方はこちらから
ブログロゴ


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●