こんにちは。

カウンセラーの中越です。


本当にやりたいことってなんだろうと考えて、

ずーっとむかしに好きだったことを、

久しぶりにやってみるとあまり楽しくない…。



そして悲しいことに、

「やっぱり私には、

 やりたいことなんてないんだ…」、

と落ち込んでしまう。


そんな相談、よくあります。



実はこの悩み、意外な事に、

怪我をしてギブスをはめることと、

とても深い関係があります。


というわけで今回は、

「ギブス」の天職心理学です。



□傷ついてさらに強くなる!!



怪我をしたことってありますか?



怪我をして1ヶ月ほど、

ギブスをはめて生活をすると、

びっくりするくらい筋肉が落ちます。



使っていない筋肉はすぐに落ちる。

こういうの「廃用性萎縮」といいます。



たった一ヶ月でも、

本当に驚くほど腕や足が痩せ細る…。


人間の体というものは、

ちゃんと使っていないとすぐに、

機能が弱まってしまうのです。





でね。



これって好きって気持ちにも、

まったく同じことがいえると思います。



昔、好きだったことでも、

1年2年、またはもっと間が開くと、

好きって気持ちはどんどん弱まる。



そうするとつい、


「何となく好きだった気はするけど、

 自分は本当にこれが好きなんだろうか…。


 本当にこれが、

 やりたいことでいいんだろうか…。」


なんて悩んでしまいます。



僕自身、心理学を再びやり始めるとき、

あまりにも久しぶりだったので、

本当に好きなのか自信がありませんでした。



いま思うと5年近く、

心理学からはなれていたので、

好きって確信がなくて当然だと思います。


僕のカウンセリングへの気持ちも、

すっかり「廃用性萎縮」していました。




でも、再び少しずつ、

心理学を勉強するようになって、

好きって気持ちもどんどんよみがえりました。



気がついたら学生のときよりずっと、

心理学が好きになっていました。


今ではカウンセリングが大好きだと、

胸を張っていえるようになりました。




ギブスが取れて弱った筋肉も、

必ず少しずつ、無理のないように、

リハビリ、筋トレをしていきます。


急激に鍛えてしまうと、

逆に怪我をする恐れがあるからです。




好きって気持ちも一緒です。



好きなことから長年離れていたのなら、

好きって気持ちも弱まっていて当然。


そんなときにいきなり、

好きなことを仕事にしようと考えると、

食べていけるのかというプレッシャーから、

好きな気持ちに自信を持てなくなります。



まずは少しずつでいいから、

好きって気持ち、感覚を取り戻すこと。

そのためにはまずはリハビリから。



いきなり好きなことを、

仕事にしなくてもいいんです。


面白いと感じるレベル、

楽しいと感じられることから、

少しずつやっていけばいいんです。



リハビリするのに、

辛いことからやる必要なんて、

まったくないのです。



「楽しい!」、「面白い!」、

そんな感情からしか、

好きなこと、やりたいことなんて、

生まれるはずがないですからね(^_^)






□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

働くことについて考えるけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup.html








今回のポイント

★好きな気持ちを取り戻すことから!

★まずは小さな楽しいを大切にする!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup.html







■カウンセラー中越の著書はこちら
『いまの仕事で本当に幸せになれますか』


===========================
■ 編集後記


今回のGyaoの取材、

本当に大きく載っていて、

僕もびっくりしました。


表紙の戸田恵梨香さんの次の記事で、

3ページも使ってありました。


インタビュアーがうまかったのか、

本当に面白い記事になっています。


いや、うれしいですね。


===========================