こんにちは。

カウンセラーの中越です。



今の仕事をどんなにがんばっても、

どうしても辛くて仕方がない。

今の仕事で幸せになれる気がしない。


または、やりたいことを見つけて、

すごく一生懸命がんばっているのに、

どうしても成果が上がらない。



そんな人に読んでもらいたい、

ある木こりの物語があります。



今日はその木こりの物語を、

紹介したいと思います。



というわけで今回は、

「木こり」の天職心理学です。



□きちんと考える時期!?


さて、今回のお話し。


今の仕事をどんなにがんばっても、

どうしても辛くて仕方がない。

今の仕事で幸せになれる気がしない。


やりたいことを見つけて、

一生懸命がんばってるけど、

どうしても成果が上がらない。



今回紹介する木こりの物語は、

そんな方にぴったりだと思います。



『ある木こりの物語』

====================


昔々、一人の木こりが、

材木屋に仕事を探しにいった。


給金も条件も良かったので、

そこでしっかり役に立とうと

木こりは決心した。



最初の日、

親方のところへ挨拶に向かうと、

親方は斧を一本手渡して

森の一角を割り当てた。



男はやる気満々で森に向かい、

その日たった一日で、

18本もの木を切り倒したのだった。



「よくやったな。

 この調子で頼むぞ。」

親方は言った。



その言葉に励まされて、

翌日はもっと頑張ろうと

早めに床に入った。



翌朝は誰よりも早く起きて

森へ向かった。



ところがその日は努力もむなしく

15本が精一杯だった。



「疲れているに違いない」

そう考えた木こりはその日、

日暮れとともに寝ることにした。



夜明けが来ると、

18本の記録を超えてやるぞ、

と心に決めて床を出た。



ところがその日は18本どころか

その半分も切り倒せなかった。




次の日は7本、

そのまた次の日は5本、

そして最後には夕方になっても

2本目の木と格闘していた。



何と言われるだろうとびくびくし、

木こりは親方に正直に報告して、

これでも力の限りやっているのです、

と誓った。




親方は彼にこう尋ねた。

「最後に斧を研いだのはいつだ?」



「斧を研ぐ?

 研いでいる時間はありやせんでした。

 木を切るのに精一杯です」



====================



さて、この木こりのお話し。

斧を生き方、働き方に変えてみると、

どうでしょうか?



「今の仕事…、

 どんなに一生懸命やっても、

 どうしてもうまくいかない。」



そんな時って誰にでもあります。



そういう時は一度立ち止まって、

自分自身の生き方、働き方を、

メンテナンスする必要があります。



今の仕事をどんなにがんばっても、

辛くて仕方がないのなら


「今の仕事をつづけて、

 本当に幸せになれるのか?」


ちゃんと冷静に見直す必要があります。


今の仕事では幸せになれないと、

冷静に考えて思うのであれば、

新しい道を模索する必要がある。



これが、

「生き方、働き方のメンテナンス」

です。



やりたいことを見つけて、

一生懸命がんばってるけど、

どうしても成果が上がらないなら、


「いまのやり方でいいのか?

 もっと効率的な方法はないか?」


一度ゆっくりと立ち止まって、

一から考えてみる必要があります。



これが、

「正しいがんばり方のメンテナンス」

です。



さて、

あなたの斧は研げていますか?



研げていない斧を使っていては、

どんなにがんばっても木は切れません。



自分に合っていない仕事、職場では、

どんなにがんばっても、

仕事で幸せになることはできません。



今の仕事が辛くて仕方ないなら、

ゆっくり見直してみてはどうですか?



生き方、働き方のメンテナンス、

必ず必要だと思いますよ。





今回のポイント

★たまには斧を研ぐ必要がある!

★たまにはゆっくり見直す必要がある!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


大阪はめったに洪水にならないのですが、

集中豪雨で一瞬、大阪駅近くの道路が、

ほとんど川のような状態に…。


うちから近所のことなので、

ちょっとびっくりしました。



これ、地下鉄は

どうなってたんでしょうか?

そうとう危険な状態ですよね。


気候変動に道路改革が追い付いてない。

本格的に異常気象対策が必要ですね。



===========================