やりたいことの意外な敵は疲れ





こんにちは。

カウンセラーの中越です。



天職を見つける。

やりたいことを仕事にする。



そんなときに、

意外と敵になるもの。



それは「疲れ」なんです。



人間は、疲れていると、

好きなことでも嫌になる。



本当にやりたいことでも、

やる気が出なくなります。



それだけでなく、

あらゆる仕事の質を下げます。



なぜ、そうなっちゃうのか?

では、どうすればいいのか?



というわけで今回は、

疲れていると、やりたいことでもやる気が出ない

スタートします!!






疲れているとうまくいかない





僕って疲れているとき、

何をやってもうまくいきません。

それを何度も経験しています。



それって、僕だけじゃないはず。



だって、

考えてみて下さい。




疲れていると、頭が回らない。

疲れていると、集中力がでない。

疲れていると、手を抜きたくなる。



だから、

仕事のミスが増える。




疲れていると、優しくできない。

疲れていると、イライラしてくる。

疲れていると、助け合えない。


だから、

人間関係もこじれやすい。




疲れていると、気力が出ない。

疲れていると、向上心がなくなる。

疲れていると、現状維持で精一杯。


だから、

いつまでも成長できない。




疲れているときって、

何をやってもうまくいかない。



それは僕だけじゃなく、

人間ならみんな同じでしょう。




だから、

疲れていると、

自分のことが嫌になる。



だから、

疲れていると、

自分の仕事が嫌になる。



僕たちの仕事が、

うまくいかない原因。

案外、疲れかもしれません。




疲れは会社を破壊する





疲れていると、

どのような仕事でも、

品質の低下をおこします。



疲れていると、

品質が悪かったとしても、

改善する気力がない。



そんな職場で、

売り上げが上がるはずがない。



そんな職場を、

好きでいられるはずがない。



つまり、

働く人が疲れ切っていると、

その会社は衰退していきます。



だから、

従業員が疲れ切らないよう、

経営者がマネージメントする。



それがいい経営でしょう。




本当にやりたいことも、疲れてるとやりたくない





実は天職・やりたいことでも、

それは全く同じことです。




僕は自分のやりたいことで、

自営業になりました。



最初の数年、

がむしゃらにがんばりました。



やりたいことが仕事になるなら、

多少、寿命が縮んでもいい。



好きなことで食べていくなら、

それくらい気持ちで当然。



本当にそう思って、

がむしゃらにがんばりました。



そして、

数年、経って気づいたこと。




「疲れていたら、

 どれだけ好きなことでも、

 うまくいかないんだ!



 疲れない程度にがんばる。



 自己管理って、

 そういうことだったんだ!


 僕、ずっと間違えてたんだ!」




当時の僕は、

やりたいことのはずなのに、

どうしてもやる気が出ない。



好きなことのはずなのに、

なんだか頭が回らない。



天職だと思っていたのに、

なんだかイライラしている。



そして、

そういう自分を責めました。




「僕はやりたいことさえ、

 がんばれないのか…!」


「自分で決めたことなのに、

 なんでやれないんだ…!」




でも、

いまだからわかります。



僕はがんばりすぎて、

疲れてしまってました。



だから、

やる気が出なかったのです。




疲れていて努力できる人などいない





しかも、実は、

自営業になる前にも、

同じ失敗をしています。




営業マンをしながら、

心理学を勉強してたとき。



どうしても、

やる気が出ない日がありました。



「好きなことなのに、

 勉強したくないだなんて…。

 その程度の気持ちだったのか」



そのときもそうやって、

自分を責めていました。




一日、働いていれば、

誰だって心身が疲れます。



疲れているときは、

やりたいことであっても、

やる気が出ないときもある。



いや、

人間は疲れていては、

努力なんてできないのです。



僕はそこに、

気づいてなかったのです。




そこに気づいてから、

僕は意識的に休みました。



僕は久しぶりにゲームをし、

多めに寝るようにしました。




そして僕はまた、

やりたいことを仕事にするため、

がんばりはじめました。




疲れから自分を守ることを考える





疲れていたら、

誰だってがんばれない。



疲れていたら、

やりたいことであっても、

やる気が出なくなる。



だから、

がんばれない自分を、

責めなくていい。



だから、

やる気が出ない自分を、

責めなくていい。



だから、

優しくできない自分を、

責めなくていい。



自分を責めることに、

エネルギーを使わなくていい。




でも、そのぶん、

どうすれば疲れ切ることから、

自分自身を守っていくのか?



少しでいいから、

疲れを回復する方法を、

自分のために考え実行する。



それが自分自身を、

マネージメントすること。



自分の人生を経営できるのは、

自分自身だけですからね。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★疲れているとやる気が出ない!

★自分の人生を経営するのは自分!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記


僕自身の場合、

本を書いている時期は、

かなり疲れをため込みます。


最近、

疲れため込んでるので、

今日、明日はゆっくりします。