こんにちは。

カウンセラーの中越です。




天職を見つけるときに大事なこと。

それは意外にも、「求めない」こと。



これは東洋でも西洋でも、

古代哲学でいわれていることです。



さて、なぜ求めないことが、

天職を見つけるのに大事なのか?



今回はそれをお話しします。



というわけで今回は、

天職は求めない方が見つかる

スタートします!!





求めないのが天職の秘訣




古代中国の思想家、老子。

その老子の研究者、加島祥造さん。



その加島さんの著書『求めない』。

そこににこんな言葉があります。



=================



「求めないーーー


 すると

 自分の好きなことが
 
 できるようになる」



=================




この言葉、

その通りだなと感じます。



僕たち人間は、

いろんなことを求めます。



好きなことをやって、

褒められたい、認められたい。

やるからには成果を出したい。



でも、

そうやって承認を求めるから、

失敗するのが怖くなる。



そうやって成果を求めるから、

やりはじめるのが怖くなる。




なにも求めていない人は、

なにも怖れることがありません。




考えてみれば、

小さな子供のころは、

いまほど失敗が怖くなかった。



だから無邪気に、

やりたいことが見えていた。



大人になるにつれて、

よけいな知恵がついてしまい、

承認や成功を求めてしまう。



だから、

いろんなことが怖くて、

好きなことがわからなくなる。




求めるのをやめてしまえば、

案外、天職・やりたいことは、

すぐに見えるのかもしれません。




老子・荘子や仏教では、

東洋思想では小欲知足といい、

少しの欲で満足を知ることが、

幸福な生き方だと考えます。



古代ギリシャ・ローマでも、

ストア派哲学などでは、

全く同じような考え方をします。



古代から西洋でも東洋でも、

求めないこと生き方を学ぶのが、

幸福な生き方のヒントなのです。




とはいえ、

僕たちは生身の人間です。



様々な欲が合って当然で、

ついつい求めてしまうもの。



そもそも、

全ての欲を捨てるなんて、

仙人みたいな生き方はできない。



それに、多少の欲があるから、

がんばろうと思えるのも事実。



「いつかは認められるように…」

「いつかはしっかり稼ぎたい…」



それも正直な人間の原動力。

なにも否定する必要はない。




でも、

自分がなにを求めて、

動けなくなっているのか?



「なにを求めているから、

 やりたいことをやるのを、

 怖くなっているのか?」



そこが明確になると、

ずっと天職に近づけます。



求めてもいい。

怖くなってもいい。



でも、

自分がなにを求めて、

なにを失うのが怖いのか。



そこだけでも、

見つめ直してみませんか?



それが天職への一歩ですよ。







□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★承認を求めるから失敗が怖い!

★求めるのをやめると天職が見える!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記



求めないって、

本当に仕事だけでなく、

人生あらゆる点で大事ですね。


求めすぎて苦しくなること、

僕もよくあります。



求めたところで、

人生、なるようにしか、

ならないですからね。


まあ、どれだけ学んでも、

欲が消えないのが凡人です(笑)