天職のヒントになる俳優名の由来




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



ある大物俳優さんの名前の由来。

それが意外にも、

天職探しのヒントになってます。



この俳優さんの名前の由来、

僕も初めて聞いたときは、

びっくりしました。



さて、

その大物俳優さんとは?


なぜその名前が、

天職のヒントになるのか?



というわけで今回は、

天職の見つけ方を大物俳優から学ぶ

スタートします!





役所広司さんの名前の由来





大物俳優の役所広司さん。


どの作品を見ても、

すごくいい味を出してます。


ドラマの『陸王』、

めちゃくちゃよかったです。



さて、

役所広司さんの名前の由来。



実は元公務員で、

役所で働いていたから。


しかも土木工事課だから、

広司になったのだとか。


区役所の土木工事課。


そして、

役どころが広くなるように。

だから、役所広司。



なんとも意外な由来です。


にもかかわらず、

役所広司っていう名前、

すごくかっこいいですよね。




たぶんすごく反対されたと思う




とはいうものの、


「せっかく公務員をしてたのに、

 役者になるなんてすごい決断。


 周りの人たちから、

 すごく反対されたんじゃ・・・」


なんとなく勝手に

そんな想像をしてしまいます。



「せっかく公務員なのに、

 もったいないわよ・・・」


「役者なんかで、

 食べていけるわけないだろ」


「そんな子供みたいな考え、

 バカなんじゃないのか・・・」



ついそんな言葉が、

頭に思い浮かびます。



実は僕自身、

派遣で営業マンをしてたころ、



「カウンセラーとして、

 独立開業しようと思う」



それを人に言ったとき、

ほぼすべての人たちが、


「もういい歳なのに、

 なに夢みたいなことを、

 いっているんだよ・・・」


「カウンセラーなんて、

 特別に才能ある人間しか、

 食べていけないんだよ」


「何度も転職をして、

 カウンセラーで独立する?

 考えが甘いんじゃないの」


といわれました。



直接、言葉にしなくても、

あのときの冷たい目線。

今でも忘れません。




人間は何でも批判するもの





でも、それって、

特別なことではありません。



人間は誰でも、

つい他人の夢に対して、

ダメ出しをしてしまう。



素直に応援できる人なんて、

1%もいないのでしょう。



なぜかわからないけど、

身近な人が夢を語ると、

まるで条件反射のように、

否定的になってしまう。




僕たちも自分の天職を批判する




そして悲しいことに、

僕たち自身だって同じです。



僕たちは、

自分で自分の夢に対して、

まるで条件反射のように、

否定的になってしまう。



「もういい歳なのに、

 なに夢みたいなことを、

 いっているんだよ・・・」


「カウンセラーなんて、

 特別に才能ある人間しか、

 食べていけないんだよ」


「何度も転職をして、

 カウンセラーで独立する?

 考えが甘いんじゃないの」



これは他人からだけでなく、

僕が自分自身に対して、

心の中でつぶやいた言葉です。



他人の夢に対して、

反射的に批判的になる。


それがよくないなんて、

誰だってわかっていること。



でも、僕は、

自分自身の夢に対してすら、

反射的に批判的になっていた。



自分自身の夢に、

無意識に批判的になる人が、

天職など見つけられるのか?



いまだからいえるけど、

他人や自分のやりたいことに、

反射的に批判的になっていて、

天職など見つかるはずがない。




批判を受けない人などいない




それに人生なんて、

何をしたって批判を受けるもの。



仏教の教え、法句教のなかに、


「人は黙して座するをそしり

 多くかたるをそしり

 また 少しかたるをそしる


 およそこの世に

 そしりを受けざるはなし」


という言葉があります。




わかりやすく、

僕流の言葉で言うと・・・



===============

はるか昔から、

ただ黙っていても批判されるし、

たくさん話しても批判される。


だからといって、

ちょっとだけ話したとしても、

やっぱり批判されてしまう。



結局、何をしたって、

批判を受けない人生なんて、

どうやっても存在しないんだよ。


===============


そういう意味の言葉です。




これって、

天職を見つけるにも、

全く同じこと。



安定志向に働こうとしても、


「やりたいこともないなんて、

 そんな覇気がなくはダメだ!」


と批判をされてしまう。



かといって、

やりたいこと、夢を語っても、


「なにをいい歳をして、

 甘い考えをいってるんだ!」


と批判をされてしまう。



それも、

他人からだけではなく、

自分自身の心の中から、

批判の声が聞こえてくる。



僕は自分自身を振り返ると、

他人の夢を批判する人を、

安易に責めることはできない。



だって、僕自身も、

反射的に自分の夢に対して、

批判的になっていたから。



そして僕だけじゃなく、

この世のほとんどの人が、

そこは同じなのだと思う。




今の役所広司を批判する人はいない





役所広司さんが、

公務員から役者になるとき、


「周りの人たちから、

 すごく反対されたんじゃ・・・」


とつい想像してしまいます。



でも、

今の役所広司さんを見て、


「公務員を辞めて、

 役者になるだなんて、

 バカなやつだな~」


と批判する人はいません。



むしろ、


「役所広司さんにとって、

 まさに役者は天職だな」


誰もがそう思います。



結局、

批判的な言葉など、

ただの結果論です。



ただ反射的に、

つい他人のやりたいことに、

批判的になっているだけ。



ただ反射的に、

つい自分のやりたいことに、

批判的になっているだけ。



だから、

他人の批判など無視をしよう。



自分の頭の中の批判なんて、

ただ不安からくる条件反射と、

理解してしまおう。



他人の評価なんて、

結局はすべて結果論。



うまくいったら、

すぐに手のひらを返す。

世間の声なんてそんなもの。



そんなことを気にしていたら、

僕たちは自分自身の人生を、

なにも選べなくなってしまう。



天職・やりたいことなんて、

永遠に一歩踏み出せなくなる。



仏教の教えにあるとおり。



批判を受けない人生なんて、

どこにも存在しないのです。



それならば、

天職・やりたいことへ、

勇気を持って一歩踏み出す。



そのほうがきっと、

後悔のない人生になりますよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★他人の批判などスルーしよう!

★条件反射で批判しているだけ!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記


本のタイトル、

発売日も決まりました~!


近日中に詳しく告知します!


『やりたいこと探し専門心理カウンセラーの

 日本一やさしい天職の見つけ方』


9月26日発売です!


マジですっごい面白い!


今まで書いた本で、

一番面白いです。


自分自身以外、

宣伝してくれないので、

思い切って自画自賛(笑)


でも、

本当に面白いです。

買う価値ありですよ。