□面接に受かるには…?


「新卒で就職した会社を、

 たった半年で辞めてしまいました…。


 新しい会社に就職したいのですが、

 いくら面接を受けても受かりません。

 志望動機もうまくこたえられないし、


 少しでも早く就職するために、

 やりたいことを見つけたいのですが…。」


こんな相談をいただくことが、

夏が近づいてくるとよくあります。



3年で若者が会社を辞めることが、

最近は珍しいことではなくなりました。


とはいえ自分自身が無職だと、

早く就職しなければと気持ちはあせります。


「このまま履歴書に空白期間ができて、

 余計に就職できなくなったらどうしよう…。」


このタイプの人の頭の中は、

早く就職したいという気持ちでいっぱい。



にもかかわらず、

なかなか面接に受からないと、


「自分が面接に受からないのは、

 やりたいことがわからないせいで、

 志望動機をはっきりいえないからだ。


 でも志望動機なんて思い浮かばないし、

 やっぱりやりたいことを見つけないと、

 就職もできないのかな…。」


なんて思ってしまいます。



「働く環境さえよければ、

 どんな仕事だってかまわない。

 とにかく早く就職したい。」


本音ではそう思っていても、

人材紹介会社の人には怒られそうで、

とてもそんなことは言えません。



でも、僕のカウンセリングでは、

相談者に本音で話してもらうことを、

一番大切なことと考えています。


だから、なるべく本音を話しやすいよう、

配慮してカウンセリングをしています。


すると相談者は言います。


「本当のことをいうと、

 好きを仕事にするというよりも、

 安定した働きやすい会社で、

 じっくりと長く勤めたいんです。」



やりたいことを見つけることは、

好きなことを仕事にすること。


それは正直なところ、

まだまだ社会の少数派です。


それは普通の人とは、

少し違った生き方をすること。



それが自分らしく生きる、

ということなのだと思います。



でも、みんながみんな、

「好きを仕事にせねばならない…!」、

というわけではありません。


「好きを仕事にするなんて、

 そんなしんどい働き方はイヤ。

 安定した働きやすい会社で、

 じっくりと長く勤めたい…。」


それが自分の正直な気持ちなら、

安定した働きやすい会社で働いたほうが、

ずっと自分らしい生き方なのだと思います。



カウンセリングの中でそこに気づくと、

頭の中のもやもやが消えたためか、

急にたくさん面接を受け始める人もいます。



就職が決まらない人の一番の問題は、

頭の中で考えてばっかりで、

面接を受けにいく回数が極端に少ないこと。


全部が全部ではありませんが、

たくさん面接を受けるようになれば、

問題が解決するケースもよくあります。



「志望動機のために、

 やりたいことを見つけないと…。」

その気持ちは、

とてもよくわかります。


僕も始めて会社を辞めたとき、

まったく同じように悩みましたから。



でも僕はいつも思います。



面接で志望動機を聞くなんて、

本当に意味があるのでしょうか?



企業の人事担当者や面接官も、

自分たちが就職活動をしたとき、

志望動機を無理やり考えたはず。



面接官だってそこまで真剣に、

志望動機の内容なんて、

気にしていないはずなんです。



だとしたらその面接官が見ているのは、

たとえ無理やり考えた志望動機であっても、

矛盾や無理のない話の内容や、

落ち着いて堂々と話をできるかどうかのはず。



僕たちはまったく知らない人のお葬式でも、

「まことにご愁傷さまでございます。

 心からお悔やみ申し上げます。」

と相手の気持ちを配慮していいます。



知らない人のお葬式だからって、

「僕は故人と面識ないのですが、

 上司に言われてやってきました。

 まあ亡くなったのは残念ですね。」

なんていう人はいません。


知らない人のお葬式だからって、

そんなことをいうマナーの悪い人には、

自分の会社にいて欲しくなくて当然。


まったく同じように志望動機も、

「いや~、安定した大企業で働きたいんで…。」、

それではあまりにも常識をわかっていない。


そんなことをいうマナーの悪い人には、

自分の会社にいて欲しくなくて当然。



正直すぎるのは、

マナーが悪いこともある。


それは大人としての、

マナーなのだと思います。



面接で本当に見られているのは、

もっともらしい志望動機をいえるかどうか。

だってそれも一つのマナーですから。


そしてそのことは、

社会でうまくやっていくための、

処世術を持ってるかを見ている。


そう考えるが自然だと思います。



「志望動機が見つからない…!」、

というタイプの人達の一番の問題は、

志望動機が見つからないからといって、

ほとんど面接を受けにいかないこと。



「やりたいことを見つけなければ、

 志望動機を答えられない…!」、

と部屋の中でもんもんと悩んでも、

絶対に答えは見つかりません。


だってあなたが見つけたいのは、

好きを仕事にすることではなく、

働きやすい仕事環境なのだから。



志望動機なんて無理やりでもいい。

一つでも多く面接を受けたほうが、

早く就職が決まるのではないでしょうか?



あなたの就職活動、応援しています。






今回のポイント

★本当は働きやすき環境なら何でもいい!

★志望動機よりも処世術を見られている!

★メルマガに登録していただくと、このブログの記事が無料でメール配信
されます。↓↓↓こちらをクリック↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0000181698.html

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらをクリック

http://happy-career.com/stepup.html


===========================
■7 編集後記

今日から母が入院することになりました。
たいした病気ではないらしいのですが、
やっぱりちょっと心配です…(ー_ー)

===========================