こんにちは。

カウンセラーの中越です。



天職・やりたいことを見つけるには、

自由に生きることがとても大切です。


ところが、

この自由という言葉の本当の意味を、

僕たちはよく理解していません。


なんと、自由という言葉は、

もとは仏教の専門用語なのです。



自由の本当の意味を知ったとき、

やりたいことは必ず見つかります。


というわけで今回は、

「自由の意味」の天職心理学です。



□自分の考えで生きろ!




天職・やりたいことを見つけるには、

自由に生きることがとても重要です。


本当に自由に生きている人は、

天職・やりたいことなんて、

すぐに見つかってしまうのです。



でも、僕たちは、

「自由」という言葉の本当の意味を、

勘違いしています。



自由に生きるというと、

「好き勝手に生きること」と、

思うかもしれません。



でも、自由という言葉は、

なんと元は仏教の専門用語。



自由の「自」は、自分のこと。

そして自由の「由」は、

「もとづく」という意味です。



つまり、

自由に生きるということは、

自らにもとづいて生きるということ。



世間の常識や他人の目にとらわれず、

自分の気持ちや考えを軸に生きる。


これが本当の意味で、

自由に生きるということなんです。




でも、

自分の気持ちや考えを軸に生きる。




そのためにはそれだけ、

自分の自身をしっかりと見つめ、

深く熟慮した考えが必要になります。




しっかり自分自身を見つめ直し、

深く熟慮した結果、



「お金や世間の目を気にして、

 嫌な仕事を何十年も続けるより、

 好きなことを仕事にして、

 充実した人生を送りたいと思う。」



そう思うのであれば、

それはあなたの生きる道標でしょう。




でも、僕たち人間は弱いもの。



自分を見つめ熟慮したつもりでも、

つい世間の常識や人の意見に流され、

他人の目を気にして生きてしまいます。



「好きなことを仕事になんて、

 バカにされるんじゃないだろうか…」


「自分はもういい歳なんだし、

 しっかりした収入がなければならない…」


「特別な才能でもなければ、

 好きなことなんて仕事にできない…」




人間は社会的な生き物ですから、

そういう弱さもあって当然なのです。


真に自由に生きるって難しい。

なかなか自由に生きられません。



だからといって、

世間の常識や他人の目に流されて、

自分の気持ちや考えが軸がないのでは、

いつまでたっても幸せになりません。



自分にとって本当に大切なこと、

生き方や働き方を決めるとき。


そんなときくらいは踏ん張って、

誰になんといわれようとも、

自分の気持ちや考えを軸にする。



世間の常識からずれてても、

人からバカにされてもいいのです。


自分自身の人生なんだから、

自分の気持ちや考えを中心に生きる。

世間の常識や他人の目に流されない。



そうやって真に自由に生きれば、

やりたいことも見えてくるはずですよ。




□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

自由に生きたいと思うけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!






今回のポイント

★本当の意味で自由に生きろ!!

★自分を見つめ深く熟慮しよう!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!






■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


5月の長期休暇、

いまから楽しみでなりません。


何をしようか考えてるけど、

とりあえず花粉症の手術しようかな。


後は自然がたくさんあるところに、

長期で旅行に行きたいな~。


ゆっくりゆったりした時間を過ごして、

心も体も充電したいですね。


===========================


コメント一覧
  1. yoko より:
    長文で失礼します。
    いつもブログ拝見させていただいています。

    最近思うのですが、
    「それを仕事にするのがはずかしい」
    「それを仕事にしたら周りから嫌われるかもしれない」
    「その業界の人と上手くやっていけそうに無い。」
    という問題でなかなか踏み出せずにいる方々もいるのでは無いでしょうか?
    (というか私の事なのですが。。。)

    「周りからバカにされる」「世間の目を気にする」というのと
    結構近いとは思いますが、上記の問題に当てはまりそうな職業は結構ありそうな気がしますね。

    例えば、「とび職」に憧れているけれども、
    完全に文系、草食系男子だったり・・・。
    (勝手な思い込みですが、「体育会系、肉食系」の感じがしますので。
    それでしり込みする方もいるのでは?)

    「なれるけれど、なるのが怖い」という事ですね。

    私の現職はゲームプログラマーですけど、(実際の身なりとは全然関係なく)オタクな人々の世界で、そこに完全にはなじめない私の価値観のズレがあってそれを無視せずにはいられません。

    だからといってゲームは好きですけどね・・・。

    まとめますと、
    「やりたいことはわかっている」
    けど、
    「なんだか腑に落ちない。納得できない。」
    というパターンの人もいっぱいいるはず・・・。
    と思うのです。

    まぁそうなると、自分でも考え付かない様な仕事が
    実はよかったりするのかもしれませんけど。
  2. nakagoshi より:
    yokoさん
    コメントありがとうございます。

    「なれるけれど、なるのが怖い」、
    これはすごく多いでしょうね。

    また、やりたいことを見つけるだけではなく、
    自分にあった働く環境を自分で作る。
    そういうことも大切なのかもしれませんね。
  3. yoko より:
    「自分にあった働く環境を自分で作る。」

    ですね。
    アドバイスありがとうございます。
コメントを残す

天職の見つけ方の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてくださいね。

最新情報をお届けします

おすすめの記事