こんにちは。

カウンセラーの中越です。




実際のカウンセリングで、

非常によく聴く言葉があります。



約8割方の相談者さんが、

この言葉をおっしゃいます。



それは何ともありふれた、

誰にでも思う言葉です。




ですが、その言葉は、

働くことの真髄をついています。



そして今の働く社会では、

その働くことの真髄が、

欠如しているのかもしれません。




そこで今回は、

そのほとんどの相談者さんが言う、

働くことの真髄を紹介します。



というわけで今回は、

「共同体」の天職心理学です。




□今の仕事、役に立ってますか?




実際のカウンセリングで、

非常によく聴く言葉。




「なにか、

 人の役に立つ仕事を、

 したいんです。」




約8割くらいの相談者さんが、

この言葉をおっしゃいます。



「人間はどんな人でも、

 世の中に役立つ存在でいたい。

 そういう気持ちを持っている。」



心理学者のアドラーは、

それを共同体感覚といいました。




「人の役に立つ仕事をしたい。」



それはなんとも、

ありふれた言葉です。



ですが、

仕事で悩み、苦しんでいる人の、

ほとんどがその言葉をいう。




それだけ今の社会に、

人の役に立つような仕事が、

少いのかもしれません。



また大きな会社や組織では、

人の役に立っている感覚を、

味わいにくいのかもしれません。




僕が営業マンだったときも、


「今の仕事は本当に、

 この世の中に、

 必要なんだろうか?」


とよく悩みました。




「ボランティアじゃないんだから、

 人の役に立つことよりも、

 売り上げや利益が大事なんだよ…!」




それも一つの、

正論だと思います。



実際、僕も、

お金をもらえなければ、

カウンセラーとして食べていけません。




ですが、

アドラーのいうとおり、


「人間はどんな人でも、

 世の中に役立つ存在でいたい。

 そういう気持ちを持っている。」



それも一つの真実です。




「この仕事は

 人の役に立っている。」



そう感じられなければ、

やる気は出ないし、

仕事も苦痛になってくる。



たくさんお給料をもらえても、

この世の役に立っていない仕事で、

人生の大半を費やすのは苦痛です。



いくらお金持ちになっても、

そんな人生にはどこか、

むなしさがあると思います。




人間は働く限り、

人の役に立ちたいと思う。



その気持ちは、

誰にも否定できません。




だから、

「人の役に立つ仕事をしたい」。



その気持ちを大事にして、

仕事を選ぶこと。



それも幸せな働き方の、

一つの基準になるんですよ。



□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★この世に役立つ存在でいたい!!

★人の役に立ちたくて当然!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


今週の3Goods


・絵本、裸の王様。今読むと深い。

・今からパンケーキ食べる。

・PS4が発売された!!!!!




===========================