こんにちは。

カウンセラーの中越です。



僕自身、20代前半の時、

やりたいことがわからなくて、

かなり悩んだ時期がありました。



でも、悩んでいたときに、

不思議なことを体験しました。



その不思議な体験が、

やりたいことがわからない理由の、

最も大きなものになるんです。



さて、

僕がした不思議な体験とは、

どんなものだったのでしょうか?



というわけで今回は、

「なぜ僕はやりたいことが

 わからなかったのか?」


スタートします!!





今考えればやりたいことはすぐわかる





僕が20代前半の、

やりたいことがわからず、

悩んでいた時代。



その時のことを振り返って、

不思議に思うことがあります。



それは、

自分が心理学を好きなことを、

全然わからなかったこと。




今、考えてみれば、

大学時代もたまに心理学の本を、

全く必要ないのに読んでいた。



サラリーマン時代も、

「営業マンのための心理学」、

みたいな本をたまに読んでいた。



落ち着いて冷静に考えれば、

心理学が好きなことなんて、

すぐにわかる簡単なこと。



少なくとも、

人の心とかの分野が好き。


それは本当に、

誰でもわかることです。




現状の自分を認めたくない





にもかかわらず僕は・・・!





「あなたは、

 どんなことをやりたいの?」




と聞かれると、

一言も発することができず、



「わかりません…。

 僕にはやりたいことなんて、

 全くないんですよ…」



といつも答えていました。




いま振り返って思えば、

当時の僕にとって、


「心理の仕事をしてみたい!」

「カウンセラーになりたい!」


ということは、

どうしても認められない。



そういう

心の状態だったからです。




だって、


「心理の仕事をしてみたい!」

「カウンセラーになりたい!」


その自分の気持ちを認めることは、



「カウンセラーになりたいのに、

 最初からあきらめて、

 何も行動していない自分…」



そんなかっこ悪い自分自身をも、

認めなければなりません。




やりたいことを頭からかき消していた





「本当はまだ…、

 心理職に憧れる気持ちがある。



 やっぱりいまでも、

 カウンセラーになれたら、

 それはうれしいに決まってる。



 でも、

 カウンセラーなんて、

 食べていけない仕事だ…。



 今さら資格を取ったり、

 大学に入りなおしたりなんて、

 自分なんかにはとても無理…。



 そもそも、

 一度、あきらめたのなら、

 本気で好きじゃないんだ…。



 その程度の気持ちなら、

 挑戦したところで、

 失敗する可能性が高い…」



そうやって最初から、

あきらめてしまっている自分。

自分に言い訳をしている自分。



そんな弱い自分、

かっこ悪い自分を認めるのは、

僕にはとても辛いことでした。




だから、「心理学が好き!」。

それが一瞬、心をよぎっても、

すぐにそれをかき消してました。




やりたいことがない方が楽





そして、


「やりたいことなんて、

 何も思い浮かばないんですよ…」


本気でそう思い込んでいました。




かっこ悪い自分自身という、

辛い事実から身を守るため、

自分の心がわからなくなる…。


こういうことを、

「適応的忘却」といいます。



正直なところ、

やりたいことが見つからない。



そういう状況の方が、

挑戦しなくて済むのだから、

気持ちは楽だったのです。




自分自身に向き合い、

失敗する可能性があっても、

やりたいことに挑戦をする。



これはとても、

精神的エネルギーがいること。



自分自身に向き合うって、

言葉はとてもキレイだけれど、

実際は大変な作業なのです。




とはいえずっと逃げてもいられない





でも、

最初からあきらめている自分。

自分に言い訳をしている自分。



そんな弱い自分も、

僕の中には存在している。



「いや…、

 いまの等身大の自分自身は、

 弱くかっこ悪い自分なんだ…」



それを少しずつ認めるにつれ、


「やっぱり心理学が好き。


 食べていけないだろうけど、

 趣味やボランティアでもいい。


 楽しく心理学を学んでみたい」


そう思えるようになりました。




まさに、

「良薬、口に苦し!」




弱くかっこ悪い自分を認める。



その苦しくて辛い経験から、

僕自身の本音を気づけました。




弱さを認めるとやりたいことは見つかる




人間なんて、

みんな弱い生き物です。



だから、

かっこ悪い自分。

情けない自分。



なかなか、

認められません。

認められなくて普通です。




でも、そんな弱い自分を、

ほんの少しでも受け入れたとき、

少し自分の本音が見えてくる。



そういう自分の本音の中にこそ、

やりたいことは隠されています。



だから、ちょっとだけ、

自分の弱さやかっこ悪いところ、

受け入れてみませんか?




自分の本音に気付けなければ、

天職・やりたいことなんて、

絶対に見つからないですもんね。







□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!




今回のやりたいことを見つけるポイント

★弱い自分を認めることが大事!!

★人間はやりたいことをごまかす!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
https://happy-career.com/stepup/



□このブログの姉妹サイト
□好きを仕事にするやる気管理術はこちら


やりたいことを見つけたら、
あとはどうやる気管理をするか?
それが人生の分かれ目です。

いまの3倍行動できるようになる!
それがモチベーションセラピー!

製本版は毎月10人限定!
知りたい方はこちらへどうぞ!









■カウンセラー中越の著書はamazonで!


『好きなことが天職になる心理学』

『やる気が出る心理学』

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学





■ 編集後記


ほぼ本の原稿はできあがり、

あとは再校を残すのみ。


表紙のデザインも、

基本、自分で考えるので、

とてもやりがいがあります。


自分で言うのもなんだけど、

良い本になったと思います。


重い気分で過ごしてる人に、

少しでも光が差し込む本。

そういう本になったはず。



とはいえ、

ここ半年ほどすごくがんばった。

今は少し休みが必要です。