仕事が辛くて辞めるか悩む




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「今の仕事があまりに辛くて、

 辞めようか迷っているんです。

 どうしたらいいですかね…?」



こういう相談者さん、

実際にとても多いです。



仕事を辞める、休職する。

それって悩んで当然ですよね。



意外なことに、

その判断の一つになる、

イスラム教の言葉があります。



「なるほど。

 たしかにそうだよな~」


と思ってしまう教えです。



さて、その教えとは?



というわけで今回は、

「仕事を辞めるかどうかは身体が教えてくれる」

スタートします!!





身体症状は身体のメッセージ





「今の仕事があまりに辛くて…。


 会社に行こうと思うと、

 頭痛がしたり腹痛がしたり…。


 ひどい腰痛になったけど、

 病院で原因不明と言われたり…。



 でも、それでも、

 本当に仕事を辞めていいのか、

 それで本当に後悔しないのか?



 頭の中が堂々めぐりで、

 自分で答えが出せないんです。

 どうしたらいいですかね…?」



こういう相談者さん、

実際にとても多いです。




そういう方に知って欲しい、

イスラム教の言葉があります。



それは予言者ムハンマドの、


「あなたの身体も、

 あなたに対して権利を持っている」


という言葉です。



カウンセリング心理学では、

頭痛や腹痛、筋肉の凝りなどを、

身体からのメッセージと考えます。




「会社に行こうとするとき、

 お腹が痛くなるんですよね。


 もしお腹に口があるとしたら、

 何といってると思いますか?」



「そうですね…。

 考えたことない質問で、

 正直よくわかんないです…。


 でも……。


 これ以上無理をしたら、

 本当に壊れてしまうって、

 そう言ってるかもしれません」



「なるほど。


 そう考えてみると、

 これ以上無理をすると、

 本当に身体を壊してしまう。


 その前兆のメッセージが、

 腹痛なのかもしれませんね」



こういうケースは、

本当にとても多いです。



強いストレスがあるとき。

あまりにも忙しすぎるとき。



身体の方が身体症状として、

メッセージを送ってきている。



「いい加減、無理させんなよ!


 こっちにだって、

 休む権利があるんだからな!


 このまま無理させるなら、

 本気でぶっ壊れてやるぞ!」


そんなふうに、

僕たちの頭痛や腹痛、肩こりが、

訴えているのかもしれません。




僕も心より先に身体に来た





実は僕自身も、

ブラック企業で働いていたとき。



非常に激しい胃痛になりました。

それが1ヶ月近く続きました。



これはおかしいなと思い、

高いお金を出して、

胃カメラを飲んで検査…。



「大丈夫。

 とてもきれいな胃ですよ」



つまりは神経性の胃痛です。


結局、その会社は、

たった半年ほどで辞めました。



でも、残念なことに、

次に入った会社もブラック企業。



今度は、

ストレスで極端に太りました。

結局、またすぐに辞めることに。




当時の僕は、


「こんなすぐに辞めちゃダメ!

 一つの仕事を長く続けないと、

 社会人失格になってしまう!」


ずっとそう思って、

我慢に我慢を重ねてました。



でも、身体の方は正直で、

しっかり赤信号を出してました。



今になって考えると、


「大きな病気になる前に、
 
 早く辞めてよかった…」


素直にそう思います。




その仕事、命をかける価値がありますか





もちろん、


「ストレスがかかってるなら、

 どんな仕事でも辞めればいい」


そんな極論ではありません。



長く働いていれば、

ある一定の期間だけ、

ストレスが強い時期もある。



一時の我慢という状況も、

働いていれば実際あります。




また、画家にとって、


「この作品を作るためなら、

 命を削っても惜しくない!」


そう思える仕事もあります。



災害が起きたときに、


「子供達を救えるなら、

 自分の身を削ってでも…!」


そう思える瞬間もあります。




ただ、大事なのは、


「その仕事は、

 身体を壊してまで、

 やるべき仕事なのか?」


というポイントです。



もし、


「いまの仕事に、

 やりがいを感じていない…」


「いまの仕事を、

 一生続けようと思えない…」


そう思っているのなら。



はたしてその仕事を、

身体を壊してまでやるべきか?



その答えは、

子供でもわかると思います。




不安でも身体の声をちゃんと聴くこと





ただ、僕たち人間は、

弱い生き物です。



不安や恐怖から、

仕事を辞められない。



そういうときこそ、

身体からのメッセージに、

ちゃんと耳を傾けて欲しい。



頭痛や腹痛、筋肉の凝りは、

なにを伝えようとしていますか?



ムハンマドの言うとおり。


「あなたの身体も、

 あなたに対して権利を持っている」



身体の声を無視し続けると、

深刻な病気になってしまうかも。



会社を辞めることは、

自分自身の身体や心を守ること。

それは自分の人生を守ること。



本当に仕事が辛いとき。

辞めるかどうか迷うとき。



ぜひ、身体の声に、

耳を傾けて下さいね。



仕事を辞めることは、

情けないことではないし、

悪いことでもないのですから。



自分が幸せになれる働き方に、

変えていくことが大事ですね。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★身体を壊してまで続ける仕事か?

★身体にだって辞める権利がある!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記


本当にあと少しで、

新しい本が完成!!


9月頃発売になりそう。

自分でいうのもなんだけど、

自信作。おもしろいです!